風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

盆過ぎて

愛猫「タキ」が虹の橋に行ってしまってから、もう5年半も経つのかとしみじみ思いながら迎え火を焚いた13日。


送り火焚き忘れてるんですけど、問題ないですかね・・・・?


夫に言わせれば、戻らなくていいから問題ない。んだそうですが、そうなのかな?どうなのかな・・・。
今からでもいいのかな、8月のお盆の終わりに焚けばいいかな。とか、いろいろ考えています。

本当に忙しかったんです(言い訳)


P1070555a.jpg



わたしは、猫が動物の中で一番好きですが、犬も魚も鳥もウサギもねずみも好きなので、よく動物系のブログとかを見に行きます。
動物たちの可愛い姿に、思わず微笑んだり、飼い主さんの溢れる愛情に涙したり暖かくなったり、強く頷いたり。
小さな動物が大切にされて幸せにしているのを見ると、あぁ、世の中捨てたもんじゃないと思えるので、愚かなニュースが街にあふれて怒りに満ちても、まだ救いがあると信じることが出来る。
それが無くならないようにしないとなぁと、同時に強く思うわけですが・・・。


そんな中、この半年から1、2年の間に、別れの時を目にすることが増えました。
と、言うのも、ブログを始めたり、見て回ったりを始めた時期から数年たっていて、動物たちのはかない時間を考えると、「その時期」が重なることが多いからなのかもしれません。

P1080919.jpg


わたしは本当にバカなので、そんな話を見たり聞いたりするだけで、その飼い主さんの気持ちにリンクしてしまい、うちの子たちとのいつかの別れを想像して、泣いてしまうんだけど。
まだまだ元気なのに、辛くて辛くてどうしようもなくて、猫たちを抱きしめてしくしく泣いてしまうんだけど。
うちのポロが、わたしが泣くことを嫌うので、それに救われている。


旅立つとき、それが突然のことでない限り、その旅立ちについてたくさんの想いがあると思います。
日本ではまだとても少ないですが、安楽死を選ぶこともあるだろうし、本当に最期の瞬間まで手を尽くし続けることもあるだろうし。
その時でも、どんな時でも、決めていたとしても、どれだけ覚悟したと思っても、迷いはやっぱりあるだろうし。
それについては、周りがとやかく言うことでは無くて、どれを選んだとしても、愛情からなんだと思うから。
同じ形のものは無いと思うし、相手によって一番良い形は違うかもしれないし。
あれで良かったのかと、後悔することも、愛情なわけだから。


わたしも、タキの最期に関しては、本当に後悔することばかりです。
もしもあのとき、と言う、もしもだけが独り歩きして、想像が駆け巡るけど、勝手な想像だから「もしも」を選ぶと良いことがあるように思えてしまうけど、現実って案外そうはいかないしね。
でも、増えた選択肢を次につなげることが出来るなら、・・・・・・・。
いや、たとえそうでも、また違う「もしも」がでるだけなんだろうな。



だけど、たったひとつだけ間違いないのは、すごく幸せだった時間があったと言うこと、そしてそれを一生忘れる事が無い。





ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。

5歳児


ついこの前2歳になったような気がしてるのに、いつの間にか5歳になったしおちゃん。

DSC_3095.jpg


性格は相変わらずで、何とも言えない不思議さを醸し出し、何とも言えない可愛さを兼ね備えている。

しおの可愛さの説明はすごく難しい(笑)


ぼーっとしているようで、いろんなことを考えているんじゃないかと思わせておいて、実はやっぱり何も考えていませんでした。的な臭いがプンプンするしおちゃん。

お腹がすくと、なぜかビニールをなめるしおちゃん。

ご飯をもらうと、にゃにゃにゃにゃにゃ!!!と鳴いてついて回って嬉しそうにするくせに、半分くらいしか食べないしおちゃん。

爪切りが嫌いで警戒して隠れるくせに、光るおもちゃを点けたら一発で釣れるしおちゃん。

なぜか足が大好きで、座ってる人の足の上でゴロゴロ転がるのが好きなしおちゃん。

靴も好きらしく、うちに来るお客さんの靴にゴロゴロ体をなすりつけるしおちゃん。(やめて欲しい・・)

手足が長いせいなのか、走ってくる姿が「欽ちゃん走り」に見えるしおちゃん。

通りすがりに他猫に襲い掛かるしおちゃん・・・。

そして負けるしおちゃん・・・。

DSC_2736.jpg


とにかくかわいいしおちゃん。


DSC_2867.jpg


5歳おめでとう!


とってもとってもとってもとっても大好きよ。

DSC_3083.jpg



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。

黒猫のニケ自慢


うちの黒猫のニケは、とっても頭の良い子です。


DSC_2437.jpg


ハハハ、また親ばかしてるよ、って思ったんじゃないですか?


いいえ。


事実なんです。 ←親ばか



でも、ニケを見ていると、わたしが話しかけた言葉の半分は理解しているような気がするし、想像したり、察したりする能力も結構高い。ような気がする。(当社比較)


わたしが怒っていたり、悲しんでいたりする感情ももちろんわかるから、怒っていれば身を隠すし、悲しんでいると傍によってきて体を擦り付けたり、顔や手や足をなめてきたりする。
いたずらをして叱られた後、身を固くしてじっとしているので、もう怒ってないよ、大丈夫だよと声をかけると、何度もアイコンタクトをしてきて、その場でゴロゴロと身体を擦り付けて、おいでというと駆け寄ってくる。

DSC_2612.jpg


そして何より可愛いのが、わたしが他の猫を可愛がっていると、「次は自分の番に違いない」と、期待を込めて待っているところ(笑)
眠っていても薄目を開けて、チラチラとわたしを見ながら手の先をクイクイと曲げる(招き猫!)

その様子が可愛くて可愛くて、フフと笑って「ニケ~~~」と覆いかぶさると、馬のようにぶほんっ!!と鼻息を荒くして、ゴロゴロと大音量でのどを鳴らして、体をくねくねとさせる。

物凄い甘えん坊。

DSC_2745.jpg

普段は面倒見のイイみんなのお兄ちゃんなんだけどね^-^




ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。