風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

ポロたんのおめめ②

とりあえず、家に帰ってすぐに夫とLINEで話をしました。

私「なんか、ポロの目、あんまり見えてないのかも」
夫「検査したの?」
私「検査してない。目は詳しいことは専門医じゃないとわからないって。目の相談をして、先生が手を近づけたり、ライトを当てたりしたんだけど、反応がないって。で、網膜を見てみたら、血管が細いって」
夫「まだ詳細わからないね。専門医、紹介してくれた?」
私「前々から、ごはんやおやつをあげるとき、時々場所がわからなくて探すことがあったから、猫って、目があんまりよくないんですか?って聞いてみたの。それで、あれ?ってなって。専門医は紹介できるって。初診料とかもかかるし少しお金はかかるって言ってた」
夫「でも診てもらおう」
私「うん。予約お願いしてもいい?」
夫「やるしかないでしょ!」

そうだよね。はっきりした方がいいもんね。というか、何かできることがあるなら。

翌朝、病院に電話をして、予約を取ってもらうようお願いしました(その眼科は病院からの紹介がないと診察してもらえないので)
翌日は、ポロを診てくれたH先生がお休みの日だったので、またその翌日に予約を入れてもらうという手はずになって、我が家の都合の悪い日をお伝えしておきました。

それまでの間。
いてもたってもいられない・・・。

インターネットで、猫、目、網膜、血管、そんなキーワードでいろいろ調べる毎日。
前の日記にも書きましたが、やっぱり、「進行性網膜萎縮症」なんじゃないかと疑いました。

P1240449.jpg


サイトによって、書いてあることがマチマチで、遺伝性の疾患も認められるが(アビシニアンやペルシャで症例が報告されている)、稀なことで、後天的な理由、例えばタウリン不足などが原因として考えられる。と書いてあるサイトもあれば、今のキャットフードにはタウリンが入っているので、ドッグフードなどをずっと与えたりしなければ、タウリン不足ということは考えにくいと書いてあるサイトも。
それに、先天性のものだと、4歳までにほぼ失明するとも書いてあるし・・。

だとしたら?
もし、この病気だとしたら?
いま、何ができる?

夫は、ともかく診断が下りてないのだから、あれこれ考えて心配してもしょうがないだろう。と、いうようなことを言って、それはもちろんわかる、わかるんだけど、それでも、愛する者のために何かできることはないのか、居ても立っても居られない気持ちってあるんじゃないの?無駄だとわかっていてもやらないと気が済まないこともあるんじゃないの?そうじゃなかったとしたら、心配しちゃったよーってほっとして泣けばいいんじゃないの??!と、夫と喧嘩をするくらいには、わたしもてんぱってて。

とにかく、タウリン大事。ってことは、フードを切り替える!ことくらいしか出来ないんじゃないかという結論に達し、いわゆるプレミアムフードを取り扱っている店に車を走らせたのでした(ネットのショップの方が品ぞろえはいいけど、数日待ってられなかったから・・)


そして数日後、ポロを連れて、眼科専門病院を訪れたのでした。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/558-26d3ff12