風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

ジェラシー

先日、めずらしくヒーター前を離れて、ぷーちゃんがわたしの部屋にやってきました。

P1160632.jpg

ぷーちゃん、ぷーちゃん♪かわいいねぇ~^-^

と、写真をパシャパシャ撮っていると、そこへニケ、やきもち焼きのニケ登場。

P1160635.jpg
かーちゃん、可愛いのはオレですよね?


ニケはねぇ、結構やきもち焼きなんですよ。

普段はそっけなく暮らしているくせに、他の猫たちと遊んでいたり、褒めていたりすると、必ず顔を出す。

それが、ポロちゃん相手だと、そっと近くに寄ってきて「オレもいますよ」アピールをするだけなんですが、しおちゃんやぷーちゃんを可愛がっていると、かならず割り込んでくる。

特にぷーちゃんに関しては「オマエ、可愛がられてるんじゃねーよ」とばかりに、んにゃあんにゃあ言って追い払う始末。

P1160636.jpg
にらみを利かせる男ニケ。

まったく、困ったもんです。


「こら、ニケ、ダメよ」と言ってはみるのですが「かーちゃん・・・・♪」と熱い視線で甘えてくるので、怒れません。


困ったもんです、わたしも。




そして関係ないですが、先日の夕日がとってもきれいでした。

P1160645.jpg

部屋もオレンジ色に染まって、静かなひとときでした。

P1160647.jpg


なんとなく、大好きな夫がいて、可愛い子どもたちがいて、最愛の猫たちがいて。

自分は幸せなんだなぁって思う瞬間でした。


昔ね、ネットのゲームなどに嵌っていた頃、夫がわたしに言ったんですよ。
「もっと日常を愛して」って。

そのときは、あまりピンとこなかった。


3月11日に、あの恐ろしい震災があって、その痛手は今もなお続いていて。

あの時からすっかり、わたしはいろんなことに興味を失って。
ネットのゲームもまったくやる気がなくなって。

そして日々を愛しく思うようになって。


家族と、猫たちと暮らすこの毎日が、かけがえの無いものになって。


やっと、日常を愛するという意味が分かって。


そして、本当の意味で幸せを実感したような気がする。


満たされない何か、ここではないどこかを求めて、一瞬の喜びを手にしたとしても、地に足のついていない安易な非日常の中では、充足感など得られるわけはなく、結局、乾くだけなのだと思う。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

Espero Lumo says...""
こんにちはー。
すごくすごく共感・・。
日常を愛するって素敵な言葉ですね。

まぁ、日常ほどいろいろな事が起こっていざこざや泣いたり怒ったりもあるんですけど、それさえも愛おしいです。

ニケちゃんはツンデレ・・・・・?
コネは孤高を愛するワイルドでツンデレな男子でしたが、トシを取ってあまえんぼうになりました。
2013.02.25 10:54 | URL | #VOgQF7NQ [edit]
mome says...">to Espero Lumoさま"
ひとも猫も、年をとると、やっぱりすこ~し丸くなるもんなんですかね~(笑
でもまぁ、中には、いわゆる「がんこじじぃ」とか「おにばば」っているからなぁ、うちのぷーちゃんは、そうなりそうだ・・(笑
ニケは、がっつり、ツンデレですねぇ(笑

おぉ~。
共感!!
すごいな、わたし、わりとなんていうか、考え方とか好みとかそういうの、少数派に属してることが多くて、共感を持ってもらえることって少ないんですよ!
嬉しいな~♪
日常を愛するって、平凡で退屈だと思うひとも多いと思うけど、大事なものやひとときちんと向き合うことだと思うんですよね。
あと、自分自身とも。
いざこざなんかがあっても、向き合ってるから、それが大事なことになるんですよね^-^
2013.02.25 23:22 | URL | #- [edit]
tomotan says...""
私もすごく共感!!! 私の場合は病気してからかな? 
なんでもない毎日が、突然終わるときもあると知って叫びたいほどの恐怖でした。 週末映画見て、美味しいねってご飯を食べて、猫と遊んで、、なんて幸福なの~!!って思います。 文句言う時もありますが(笑)

あ、ちなみにチャチャがやきもち焼きです。
「コタちゃん、かわいいね~~」と言うとどこにいても走ってきます(笑)
2013.02.26 10:28 | URL | #- [edit]
mome says...">to tomotanさま"
おおーまた共感うれしいー^-^

そうそう、何かきっかけみたいなものって、やっぱりありますよね。
普段気づかないことに気づかされる瞬間とか、事件とか。
決して向上心だとか、好奇心を捨てたわけじゃなくて、自分の手の届くところから、きちんと暮らしていこうっていうか、向き合うことですよね、やっぱり。
わたしの場合は、タキが死んでしまったことと、震災がおこったことが、とっても大きかったです。
きっとたくさんのひとが、そういう瞬間を持つと思うんだけど、時がたつにつれ、そういうのって薄れていくじゃないですか。
だから、その気持ちを忘れないように生きていきたいですねぇ。
2013.02.27 20:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/503-d4b0736a