風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

日本人なのにだのに

P1160449.jpg
しあわせそうなしおちゃん。


わけあって、今、折り紙で鶴を折っております。

夕霧さんのブログで知ったのですが、にゃんだーガードさんと言う、福島で活動されている猫ボラさんの団体さんの、隊長さんのとても親しいお友達が、すい臓がんを患い、余命宣告をされたそうです。

その方のために、何か出来ることはないだろうかと考えられた隊長さんが、祈るしか出来ないから、折鶴を10万羽おってやれ!と思ったらしく、そのプロジェクトにささやかながら参加させていただくことにしました。

わたし、超がつくほどの不器用な人間なんですけどね・・・。
器用器用といわれる日本人なのに・・。
やっぱり、どこか南の血が混ざってるんでしょうか・・・?


それで、こんなことをいうと、ひどい人間だと思われるかもしれませんが・・。

わたし、昔から、千羽鶴とかに対して、あまり良い感情を持ってなかったんですよ。

なんていうのかなぁ。

そんなことして、何になるの?みたいな感じで。

小学校の頃とか、「お友達の○○ちゃんが入院したので、みんなで千羽鶴を折りましょう!」とかセンセイや学級委員とかに言われると、「はぁ?」って思ってるクチだったんです。可愛くないですね。
そういうのが抜けきらないまま大人になってしまった。

でも。

自分にとても大切なものが出来て、守るものが出来て、息子の病気のことがあったり、息子の大事な友達を亡くしたり、タキが逝ってしまったり、大きな震災があったり、その中で失われた命のことや、残された動物たちのことを思うようになって、何も出来ない自分。と、言うものを深く考えるようになって・・。
とにかく、自分に出来ることは、惜しまずやるべきなんだってことに気づかされて。

祈ること、思いを伝えること、誰かの悲しみに寄り添うこと、笑顔が見れて嬉しいと思うこと。

そういうことをね、思うと、「ナンになるの?」じゃないんだよ。って、思いましたね。


そのひとのために祈るし、そのひとだけじゃなく、同じように苦しんでいるひとのために祈るし。

今、末期がんで闘っているうちの叔父のことや、同じ病に苦しむお友達のママちゃんのことだとか、そういう人たちへの祈りと思いも一緒に折っちゃおうと思って。

主旨とずれちゃってるかもしれないけど、わたしはわたしの想いをのせて。



それと、以前から、書こう書こうと思っていたのだけど、上手く書くことが出来ないでいたことがありました。

がんペプチドワクチンについてです。

また後日、きっちり勉強しなおして、考えをまとめて書くことと思いますが、今回は、少しご紹介を。


巷で話題になったりしているので、ご存知の方も多いと思いますが、それでもまだまだあまり知られていないかもしれないです。

この、がんペプチドワクチン。
次世代ワクチンと呼ばれ、副作用が従来のがんの治療薬と比べてとても少ないことが特徴的だと思います。

ペプチドと呼ばれるたんぱく質で免疫力をあげ、がんに対抗することを目的としていて、注射でペプチドを投与します。
見られる副作用としては、接種部分が赤く腫れたり、湿疹が出たり、発熱やだるさなどが起こることがあるようですが、現在のところ、抗がん剤のようなひどい副作用は無いようです。

がんの治療を体験された方には、たとえ再発しても、あの苦しい治療はもうしたくない。と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それほど、現在の治療法は過酷だと思われますので、その治療の苦しみが殆ど無いのならば、それだけでも試してみる価値は、個人的にあると思います。

現在まだ、治験の段階にあるので、すべての方がこの治療を受けることは出来ません。
治験を受けるためには、いくつかの条件があります。
抗がん剤などの現在ある治療法で手を尽くして、それでも良い結果が得られなかったことなども条件のひとつです。
それから、酷なことではありますが、治験ということもあり、その有効性の証明のため、偽薬が投与される場合があります。
これは、患者本人はもちろん、医師もその薬が本物か偽物か知るすべはありません。

現在、治験をおこなっている「がん」の種類はまだ少なく、すい臓がん、肺がん、悪性脳腫瘍、前立腺がん、胆道がん、ぼうこうがん、食道がん、大腸がん、肝臓がん、などのようです。
治験の進み方も様々で、すい臓がんと肺がんが、治験の第三相に入っているようで、この第三相が終了し有効性が認められれば、新薬として申請することができます。

がんペプチドワクチン。
世界中で注目され、研究が進んでいます。

このワクチンの有効性が証明され、ひとりでも多くの患者さんが救われることを願います。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

masumi says...""
momeさん こんにちは。

10万羽の鶴ってどんだけか想像がつきませんが
ご友人の危機に心のこもったプロジェクトですね。

momeさんお折鶴に対する感想、なんとなくわかります。
私も同じです。家族、友人が病気になったり亡くなったり・・・。
本当に、今回の震災では祈ることしか出来なことに色々と
考えさせられました。
祈りを込めて1羽1羽折る・・・。

今、時間がないのでプロジェクトの記事も後でゆっくり見させて頂きます。

癌の特効薬は本当に開発を望みます。
患者さん達が希望が持てますように・・。
2013.02.01 11:11 | URL | #- [edit]
夕霧 says...""
10万羽プロジェクトのご紹介、ありがとうございます!!
昨日ぶたまるさんのブログをのぞいたら、もう8000羽折れたんですって!!!
ど、どーやって!?
意外と時間かかりますよね!?
たぶん、もう送られている鶴も合わせてだと思うけど・・・。
でも、どんどん「私も折ります宣言」してくれる人が増えてるし、
宣言しなくても折ってくれてる人もいると思うし、
10万羽・・・、なんだかいけそうな気がするぅ~♪
奇跡が起きてくれるといいな、と思います。

がんペプチドワクチン、知りませんでした!!
「ペプチド」だけなら聞いたことがあるけど。。。
治験薬、早く新薬として登場してくれるといいですね。
がん治療って、相当辛いらしいですから。。。
2013.02.01 15:28 | URL | #KKhd1Ueo [edit]
mome says...">to masumiさま"
ホント!10万羽ってどのくらいになるんでしょうねぇ。
一部屋埋まっちゃうんじゃないでしょうか!

結局、何も出来ない状況って、本当につらいんですよね。
何かしたいのに・・って思っていても、神様にお任せするしか無いこともたくさんあって。
自己満足なんだと言ってしまえばそうかもしれないけど、もしかしたら、その気持ちが通じることによって、きっと相手の方の顔に笑みが浮かぶかもしれないって思うと、それを信じたいですもんね。
いてもたってもいられない気持ちは、行動にできたら少し救われる。

がんの治療薬、どんどん開発が進んでほしいですね!
きちんと保険適用になって、たくさんのひとが平等に治療を受けれるようになってほしいです。
2013.02.01 17:00 | URL | #- [edit]
mome says...">to 夕霧さま"
はっ、8000て!!!
すごいなぁぁぁ!

いやほんと、結構時間かかりますよ、わたしも昨日20羽折るのがせいぜいでしたよ。
まぁ、わたし、不器用すぎるんですが・・・。
本当にそのペースで行けば、10万いきそうですねぇ、想い、届くといいですね!

まだ治験の段階ですから、有効性が認められたわけではないんですけどね。
でも、幾人かの方々に、がんが小さくなったり、進行が止まったりという症状が見られているのも事実のようです。(ただ、これが薬のおかげだと言う証明をしないといけないのが難しいところ)
本当に、抗がん剤などのがん治療は、本人にももちろん、周囲の方をもつらくさせる治療ですからね・・。
その辛さが無いだけでも、期待できるワクチンだと思うんですよ。
現状ではたしか、通常の治療をして、効果が認められなかった場合というのが、治験への参加条件の一つになっているはずなので、参加されている方々は、殆ど末期と呼ばれる患者さんのようです。
だから、おせっかいと思いつつも、こういうのがありますよって、ぶたまるさんにはメールをさせていただきました。
本当に、そのときまで、諦めないでほしい。
がんばってほしいですね。
2013.02.01 17:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/483-b6b25f0d