風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

そしてポロも病院へ

昨日の夜、ポロの機嫌が悪かったんですよ。

P1150978.jpg

いつもなら、ぷーちゃんをいじめるのはニケで、ポロがぷーちゃんに絡む場合は、一番暖かい場所を奪いに行くくらいのことで、それも悪意が無いと言うか、ただ「その場所にいたいから」という理由でぎゅうぎゅう押し出すくらいのことで、ポロちゃんとしては、「別にボクがそこにいられればいいので、おばちゃんも居て良いですよ」って感じなんですよ。
まぁ、ぷーちゃんが、それはご免なので、フーシャー怒ってどこかに行っちゃうんですけどね。

でも昨夜は、ちょっと違ってて、嫌がるぷーちゃんに何度も飛び掛って、馬乗りになったりして、何度もわたしたちに怒られていたんですよ。
それで、「今日、ポロ、どうしたんだろう?機嫌悪いねぇ」と夫と話していたんです。

それから30分後くらいに、わたしたちがTVを観ていましたら、テレビの横にあるトイレにポロが入っていったんですね。
で、なんとなくその様子を眺めていたら、トイレから出てきたとたんに、その横にあるキャリーにもぐりこんで、キャリーに敷いてあるペットシーツを掻くしぐさをして、「あれ?なんだか、様子がおかしいな・・」と思ったんですよ。

そうしたら、その5分後くらいに、またポロちゃんがトイレに入っていったので「ん・・これは明らかにおかしい」と思い、ポロがトイレから出てくるのをじっと見ていたんです。

そうして出てきたポロちゃんのお尻の部分が、ちょっと汚れているのを見て、「これはもしかして!」と思って、慌ててティッシュを取りに行って、ポロのお尻に当てると、「やっぱり」血のようなものがついていました。

そのままトイレの蓋をあけて、ウンチを調べてみると、砂にまみれて良く分からなかったのですが、柔らかめであることだけは確認できたので、そのウンチを取り出してビニール袋に入れ、ふいたティッシュも袋に入れ「病院にいくーーーーー」と騒いだのでした。

ただ、時刻は深夜1時過ぎ。
もちろん、病院は開いていませんから、いくとすれば救急病院。
先日のニケの目の具合では「いくらなんでも大げさだろう」と思ったのですが、今回は血便。わたしの心配性の種がもりもり芽を出して、大木に育ちそうでした。

けれど、食欲もあるし、普段どおりに元気は元気。
夫にもなだめられ、結局翌朝病院に行くことに決めましたが、心配で心配でしょうがなくって、それから何時間もネットで「血便」キーワードでいろいろ調べていたりしました。

大抵は、大腸炎だとか、肛門がすこし切れたとか、寄生虫がいるとか、そんな感じのことらしいのですが、中には癌だとか深刻な場合もあるようで、「もしももしもポロちゃんが、深刻な病気だったらどうしよう・・わたし、もう生きていけない!」と、ひとりソファでメソメソ泣いて、思い出したようにポロに抱きつき、寝ていたポロちゃんをビクっとさせて「あーん、ごめんねポロ~~~」と、迷惑極まりない飼い主をやっていました。

P1150996.jpg

そして今朝、いつもの、こばやし動物病院に行き、うちの子たちの主治医であるH先生の診察を待ちました。

ついでに、「今、お話しが来ていて」と、うずとしまのポスターを剥がして下さいと願いをすると、受付の方がとても喜んでくださって、ポスターのところに行くと、外から通りすがりの方がうずとしまの里親募集のポスターを見て下さっていて、「決まるときって、いっぺんにお話しがくるのよね」と受付の方が笑って、わたしも笑って、嬉しく思ったのでした。

H先生は、「今回は・・あれ、ポロちゃん。ボク、診た事ありましたっけ?」と言うので、「診た事ないですー。いつもポロの具合が悪くなるときは、先生お休みでI先生に見てもらっていたんですよ」
そうなんです。いっつもタイミングがずれていたんですよねぇ。

そこでともかく、血便が心配だという話しとか、フードをこの2ヶ月違うものにしていたとか、昨日は機嫌が悪かった。などという話しをし、「機嫌が悪かったんです」と言うわたしに、先生がすこしおかしそうな顔をして小さく笑ったので、「もしかして、猫の機嫌が悪いって、おかしなことを言ったかな?」と思いましたが、同時に「たぶん、今回のことは、あまりたいしたことじゃないのかも」とも思い、すこしだけ安心したのでした。

先生のお話しによると、わりと猫の便に血がまじったりしていることは、良く見られることのひとつでもあるようです。
それから、もともとポロは胃が丈夫で無いのと、2ヶ月ほど前も下痢をした経緯があるし、やはり胃腸に良いフードにすると良いかもという話になり、前回よく効いたので同じお薬を処方され、フードも同じものを用意していただきました。

ウンチの検査をすると、多少柔らかい状態だけれど、寄生虫も無く、細菌も増えておらず、特別に悪いことは見当たらなくて、一安心でした。
ただ、H先生が「ちょっと毛が多いように思います」と仰るので、確かにポロはグルーミングが大好きで、他猫のこともペロペロしまくるので、そのケアをきちんとしてあげないとなぁ・・と思いました。

猫草は1ヶ月に1回くらい購入しているんですが、毛玉ケアのフードなんかも取り入れたほうが良いのかな。

まぁともかく、深刻なことでは無いようだったので、本当に安心しました~。

余談ですが、大事な事なので書いておきますと、ポロをキャリーから出したらH先生がすぐに「イケメンですね~!」と言うので、「そうなんですよ~(にやにや」否定とか謙遜のそぶりもなくにやけるわたしなのでした。
I先生には毎回「ぽっちゃりちゃんですね^-^」と言われていたので、まぁそれも否定できなく事実なのですが、ポロちゃんはこの世で一番可愛いですからね!(笑


それにしても相変わらず、わたしは、ちょっと大げさってことも、自覚しなおしましたが(笑

ポロにとっては、ちょっと災難だったかな。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/465-bcd6b534