風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

ニケ・初通院

P1160021.jpg

昨日、実家に顔を出して夜遅く帰宅し、猫たちにご飯を上げて、トイレに行こうとしたら、ニケがぷーちゃんにまとわりついていて。
「あらあら、また喧嘩にならなきゃいいけど」と思い、トイレから戻ると、ニケが涙目になっていた。

もしかして、ぷーちゃんに引っかかれた?と思って、ニケの目の様子を覗き込んだけど、通常の状態で確認できる傷は無かった。

しかし、左目から涙が溢れていて、目をシパシパさせているので、大変心配で、救急病院に駆け込もうかと思ったのだけど、救急病院はさすがに大げさかな・・とか、いろいろ迷って、ともかく朝一で病院に行こうと決めた。

で、かかりつけの、こばやし動物病院のHPを見ると、3日までお休みとあって、一瞬どうしようかと思ったけど、実はひとつ心当たりがあったのでした。


1日の夜、母から電話があって、「明日は、すき焼きがいいの?お寿司がいいの?」などと聞かれていたのだけど、その後に、また再び母から電話で「ジャムの様子がおかしいんだけど」と。

ジャムというのは実家の猫で、もう17歳くらいになる子なんだけど。
「なんだか、息が大きいっていうか、様子がいつもと違うのよ」と母。
「それで、動画を撮ったんだけど、見てくれないかと思って」と母。

いやいや。わたし獣医さんじゃないので、そんなの見てもわからないよっ。

「でも、あんたんちの子で、同じような症状があった子がいないかなと思って・・」と母。

あぁ、なるほど。
実は以前に、ジャムの「咳き込み」のことで相談をされていて、その症状が、タキの喘息とまったく一緒だったので「きっと猫喘息じゃないのかな?病院に行ったほうがいいよ」と言っていたことがあったのでした。

P1150995.jpg
実家のジャム。巨大おばーちゃん猫です。

ネットで、「猫、息が大きい」とかそんなキーワードでいくつか調べてあげたけど、やっぱり、喘息症状が悪化するとそうなることもあるし、あとは、心臓の問題もあるとかいろいろ出てきたので、「やっぱりすぐにでも、病院に行ったほうが良いと思うよ。かかりつけの獣医さんは、お正月お休みかな?」と電話をすると「休みだから、ちょっと様子をみてみるね」と。

でも結局、ジャムのことが心配で心配でしょうがなかった父と母は、ネットで検索しまくって、2日に開いている病院を調べて、すぐに診察に行って来たとのことでした。

「一応、かかりつけがあるって言ったら、応急処置に注射を3本打って、それをメモしてくれたから、かかりつけに行ったらそれを見せてくれって・・」と母が言うので
「何の注射を打ったの?」
母がメモを見ながら「プレドニンと、バイトリルと、ネオフィリン」と答える。

プレドニンはステロイドだし、バイトリルは抗菌剤、ネオフィリンはなんだっけ?聞いたことあるけど・・。
調べてみたら気管支拡張剤だった。

ってことは、やっぱり喘息症状の悪化を疑ったのかなぁ?と思うのだけど、説明が無かったようだったので、「ちゃんと聞いてこないとダメだよー」と言ったけど、まぁ、状態が良くなったというので、結果オーライと思っていいのかなぁ・・。年も年だし心配だよね。

で、話しがすっかり飛んでしまったけど、その、2日からやってた病院っていうのが、某ホームセンターの中にある動物病院だったんですよ。ペットショップも入ってるホームセンターね。

で、そのホームセンターはうちの近くにもあって、動物病院も入ってる。
なので、そこなら、3日もやってるだろうと思って調べてみたら、やっぱりやってたので、そこに連れて行くことにしたのでした。

でも実はわたしは、ペットショップと提携している動物病院を、あまり信用していない。
もちろん、良い獣医さんもいるのだと思うけど、イメージの問題というか、時々聞く悪い噂だとかが頭にインプットされてしまっているので、どうかな~?と思いながらも、かかりつけが休みなので仕方が無く動物病院のドアを叩いた。

結果、ニケの目には傷などが見当たらず、風邪かもしれないです。ということになって、目の塗り薬を処方されて帰ってきたのだけど、やっぱり、先入観からか、なんともモヤモヤしてしまう。
風邪とかで、突然、一瞬にして涙目になることってあるのかなぁ?
ちょっと最近、目がぐずぐずしてて・・とか、くしゃみをしてて・・とか、何の前兆も無かったのだけど・・。

一応出された薬は抗菌の薬だったので、まぁ、炎症はあるのだろうから、悪いことは無いだろうと思い、ぬりぬりしているけど、まだ涙もあるし、目もつぶりがちだし、やっぱり明日、かかりつけに行きなおそう・・と、思ったのでした。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/463-2ad16fde