風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

うずとしまのお引越し

昨日、12月29日。
うずとしまは、一時預かりさんであるS原さんのおうちにお引越しをしました。

P1150869.jpg

車で40分チョット。

通院に使っていたキャリーにいれ、車の後部座席に乗せ、使っていたケージやトイレ、ベッドやお皿なんかも一緒に積み込み、S原さんのお宅に向かいました。

移動のストレスがあると可哀想だなぁ・・と思っていたのですが、うずとしま、キャリーの中ですやすやと寝ているではありませんか。

「大物だなぁ・・(笑」と夫と笑い
「すこしは、不安がったりすればいいのに!」と、拗ねる?夫に
「そんなの可哀想だからダメ。これでいいの!」と言い返し。
安心しながらも、少々の寂しさを抱え車を走らせました。

S原さんご夫妻は、以前にも猫を2匹長い間育てていた方で、ご主人は夫の友人でもあり、とてもよい人だし、猫を本当に可愛がって育てていたことを知っていたので、安心してお預けすることができました。

うずとしまは、S原さんのお宅に入ると、すこし「ここはどこ?」と不安な様子も見せましたが、いつものケージに入れると安心を取り戻したのか、初めてのお宅だというのに、また、すやすやと眠る様子を見せてくれたのでした。
これからまた、里親募集をがんばって続けますので、どうか、暫くの間、うずとしまをよろしくお願い致します。


P1150910.jpg

P1150913.jpg


それから今日は、またひとつ、嬉しいニュースがありました。

朝、うずとしまがかかっていた、成城にある、こばやし動物病院のI医師から電話がありまして、先日受けた、コロナウイルスの抗体価検査の結果のお知らせがありました。

うずもしまも、コロナウイルス抗体価の数値が、100倍未満ということで、コロナウイルスに感染している可能性は低い(検査による最低値)であることがわかりました。

寄生虫も、ダニもいなかったし、つくづく健康な子たちなんだなぁと思うと、本当にとても嬉しい気持ちでした^-^

そこで、I医師から、里親さんが決まったかどうかたずねられ、まだだけれども、今、預かりさんのお宅に引越しをした。という話しをしましたら、本当に可愛い子たちだと病院でも評判で、スタッフも気にかけているので、力になれることがあったらいつでも言って下さいと仰って下さり、さっそく、伺ってきました。
病院はもうお休みだったのですが、看護師さんが出てきてくださって、ポスターを受け取って下さいました。
こちらのスタッフの方や、病院にかかっている方なら、身元もきちんと確認できていますし、HPの方では、飼育放棄と里親詐欺を防ぐために、かなり厳しい条件になっていますが、その限りではないのでご相談ください。と、お伝えしました。
良い、ご縁に繋がる可能性がまたひとつ増えて、こちらも本当に嬉しい気持ちです。


先日から、数件のお問い合わせがあり、とても嬉しく思っていましたが、わたしの失敗なども含むことで、今また、すこし暗礁に乗り上げています。

やはりこうして、インターネットなどで里親を募集することは、たくさんの方の目にとまるという意味で、とても画期的で素晴らしいことなのですが、お互いに顔見知りで無いことがネックで、やはり、こちらサイドとしては、「里親詐欺じゃないかどうか」を見極めなくてはならず、もしかしたら失礼にあたるようなこともお伺いしないといけなく、応募して来てくださった方からすれば、たとえば、知りもしない相手に住所とかを教えたくないと言う気持ちもあったりで、個人だととても難しいなと言う印象を受けました。

たとえば団体さんなどなら、団体さんの住所や電話番号が明らかになっていますし、応募する方も安心できると思うんですよね。
そこに気づくのが少々遅くて、相手側の個人情報だけを聞きだすような行為をしてしまって(アンケートですね)そこはとっても反省しています。
今後はそこも見直しながら、募集を続けたいと思っています。


うずとしま。
まだまだ募集を続けています。

どうか、良いご縁があることを願っていますので、宜しくお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/459-de16978f