風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

がんばるぞ

今日のうずとしま。

キャットタワーでくつろぐことを覚えたうず。
P01150627.jpg

だいぶ室内にも慣れてきたようで、人がいきなり入ってきても逃げなくなりました^-^

やっぱり甘えん坊で、名前もすこし覚えたのか、「うじゅちゃぁぁん」とデロデロに溶けながら呼ぶと、こちらを見て、トコトコ寄ってきたりもします♪

うちのほかの子を抱っこしてると、自分もして欲しいのか、足元にピタと寄り添ってきて、撫でて上げると、ゴロゴロと喉を鳴らします。


カワイイポーズに挑戦中?しま。
P01150622.jpg

怖がりさんのしまちゃんですが、少しずつ人に慣れてきています。
あの、野良時代の物怖じしなささはどこへ・・?とも思いますが(笑

最初は、ナデナデしてあげても、身をかたくしていましたが、このごろは、撫で始めると指にまとわりついてきて、小さなおててで捕まえようとしたりして。
うずもしまも、ふたりとも猫社会の掟とかがきちんと備わっていて、ちゃんと甘噛みなので痛くないんです^-^

やっぱり、お母さん猫にしっかり育てられ、兄弟二人で1ヶ月とすこしを乗り切ってきましたからね。



昨日、実は娘と一緒に、しまとうずが暮らしていたところを見にいってきました。

家からほんの3分ほどの場所なんですけどね。

しまとうず、それからお母さん猫だったえんちゃんが暮らしていたのは、あるマンションの一室のベランダでした。
たぶん、生まれたのは、その部屋のベランダに面した庭にある、大きな物置の下だったと思います。

そのマンションのお部屋は、こういう言い方は失礼かもしれないけど・・・ちょっとごみ屋敷ちっくなところがあって、家のベランダも、床が見えない状態でモノが溢れていて、お部屋の周りの敷地や、玄関のところなんかも、たくさんの粗大ごみのようなもので埋まっていました。

住んでいた方はとてもよい方で、うずとしまのお母さんである、えんちゃんや、他の野良猫たちにもご飯をあげたりしてくれていたのですけれどもね。

それで、うずとしまとえんちゃんの家族は、そのベランダのごみの奥のほう、どうやら、箱のようなものがあって、その中で雨風を凌いで暮らしていたようでした。

だから、すこし寒くても、雨が降っていても、なんとかなるかなぁ・・?と思っていたんですね。
けれど、その方が12月の半ばに引越しをすると聞いて、そのベランダが無くなったら・・どうなるんだろうって心配していたんです。

そして昨日、そのマンションを訪れて見ましたら、どうやらもうお引越しをされたようで、玄関のポストには、ガスだか電気だかわかりませんが、閉めた後に入れる封筒のようなものが見えました。

けれども・・・。
その家の周りは、ますますひどいことになっていて、粗大ごみやモノが散乱し、溢れ、カラスか何かがゴミ袋のようなものを食いちぎってボロボロに転がっていて、以前の方がまだマシ・・という状態になっていました。

もしも、うずとしまが、まだここにいたら。。。
そう思うと、背筋がぞっとしました。

きっと怪我などをしていたかもしれないとか、怖くて飛び出して、迷子になったり、車にひかれたりしたんじゃないかって。

保護をすることが出来て・・本当に本当に良かった・・。
一時預かりを買って出てくださったS原さんご夫婦に、また、本当に感謝しました。


以前、しおちゃんを下さった、わんにゃんネットワークのI田さんが、メールで
自分は、犬や猫を救っているとは思っていなくて、幸せになる運命の子が手元に来るんだと思っていて、そのために手下になって動かされているように思ってる。って書いてきてくださったことがあって。

なんとなく、きっと、そういうことなんだなぁって、しみじみ思いました。

しまとうずは、きっと。
幸せになる運命で、そのための手下に、わたしを選んだんだなぁって(笑

だから、手下はがんばりますよ!(笑

昨日は、「いつでも里親募集中」にも登録しましたし、今日は、ビラの作成もしました。

きっとどこかに、うずとしまとの出会いを待ってくれている運命のひとが居るんだね^-^

早く、会えるといいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/451-d8252a94