風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

うずとしまと黒い影

先日、「白黒猫」の情報を得たので、餌場の真裏にあるマンション付近で張り込みを続けたのですが、猫は現れず、家に帰ってからも、ベランダから覗く日々を続けていました。

実はうちのベランダから、道路を挟んで、その真裏のマンションが見えるんですよ。
なので、1日何度かベランダに出て、そのマンションのアタリを見渡し、猫の姿が動いていないか確認していたんですね。

そしたら土曜日の夕方、家族連れがマンションの前を通りかかって、小学校低学年くらいの女の子が「あ!猫だー!」と大声で叫ぶではありませんか!
ええ?猫?と見るも、街路樹に邪魔されて、姿が確認できない。
女の子は、自転車置き場の方に走って行って、「猫ーおーい、ねこー」と。

キターーーーーーーー!と、思い、すぐに家に入って、夫に「マンションの前に猫がいるらしい!すぐ行こう!」と伝えました。

夫も、「え?ホント?」って感じで、すぐに支度をしてくれて(ちょと意外だった 笑)
ふたりで、いつものエサ鞄を持って、その「真裏のマンション」に向かいました。

女の子の姿は、もう遠くにあって、猫は逃げちゃった模様。
マンションの前に差し掛かると、住人と思われるご夫婦がマンションのエントランス前に居ました。

「あ、マンションの人か・・怪しいと思われちゃうかなぁ・・」と、歩みを緩めて、ゆっくり歩いて見ると、そのご夫婦の奥さんが、鞄から小さい包みを取り出して、自転車置き場の方に歩いて行こうとしてるんですよ。

その袋には見覚えがある!

アレは・・・・・モンプチの袋!!(笑

「あのっ!すみませんっ!」と、すぐに声をかけて、「もしかして、猫ちゃんに餌をあげているんですか?」と聞くと「あ、はい、そうなのよ?」と、やや、怪訝そう。
慌てて「わたし、この裏のマンションで猫にエサをやってるんですけど、最近姿が見えない子がいて、こちらでご飯を貰っているんじゃないかと思って!」と言うと「あら!そうなの~~~」

そんな話をしていると、猫が自転車置き場に現れたんですよ!

あ!猫だ!白黒の猫だ!!
さっと視線を猫に移すと、猫がわたしを見て逃走しました・・・・。

はんちゃん?えんちゃん?どっち??

すごく一瞬の出来事で、しかも距離があったので、しっかり確認は出来なかったのですが、たぶん、たぶんだけど、えんちゃん。
あの顔は、たぶん、えんちゃん!
しかも、わたしを見て、逃げたし!

夫が「どっちだった?」と言うので、「たぶん、えんちゃんのような気がする・・」と言うと、夫も「俺もそんな気がする・・」と。

「大体、あなたを見て逃げたしね! あなたがいたら出てこないよね! あ、悪魔が来た!って思ってるよね!」と、こちらがグサッとくるようなことを、さらりと言ってのけました。
夫め・・・。

それからは、そのマンションのご夫婦の方とゆっくりお話しさせていただくことができました。

「黒い部分が多くて、白いところがある猫なんですけど」と、はんちゃんの話しをしてみると、「そうそう、すごく懐いてる子がいるのよ、あの電気ボックスの上に乗って、来るのを待ってたりしてね、はんちゃんって言うの?わたしたちは、みーちゃんって呼んでるんだけどね^-^」「勝手に呼んでるだけですよー。そうそう、すごく懐いてるんです!よかった、ここにいたんですね~」などと話し、不妊手術済みのえんちゃんの話しもして、「でも、どっちかよくわからなくて・・」という話しをしたら奥さんが、「あ、携帯に写真があるわ」と見せてくださったのですが・・。

えんちゃんでも、はんちゃんでもない白黒の猫でした・・(笑

「あー・・・この子じゃないです~~~。この子、いつもいるんですか?」
「それが、最近見ないのよ・・」

またしても、新たな猫が・・。

そして、そのご夫婦から他にもお話しを聞くと、どうやらこのマンションに、他にも猫の不妊手術をしてあげたいと言っていた方がいることや、反対に猫が大嫌いで、飼い犬をけしかけているような人がいることや、先日、他のお宅の車のラジエーターのところに猫が入り込んでしまって、JAFを呼んで車を解体するような騒ぎがあったことなど教えていただきました。
(その猫は、たぶんちょっと怪我をして、逃げてしまったそうです)

そしてご夫婦は、うちで飼おうって思ってるんだけど、なかなか捕まえるのも難しくてねぇ・・と仰るので、もしも、飼うつもりでいるのなら、捕獲のお手伝いはしますよ!と言いました。
でも、たぶん、ご夫婦が欲しいと思っている猫は「みーちゃん」なんだろうなぁ。

ご夫婦とは、とりあえず名刺の交換などをして、その、白黒の猫を見たら、知らせていただけることになりました。

いやーでも、本当に偶然にも、エサやりさんとこんなにスムーズに会うことが出来たなんて、本当に良かった!
しかし、たぶんえんちゃんであると言うことは・・はんちゃん、本当にどこに行っちゃったんだろう・・?

すごくどんくさい子だったから、事故にでもあったんじゃないかとか、すごく人懐っこい子だったから、誰かに飼われたのかな・・とか思って、後者ならいいなぁ・・・と、思うのですが・・・。

しかしえんちゃん。
すっごい近くに居たんだな!

やっぱり、近日中に、猫の不妊手術のお知らせと、今後予定の子みたいな感じで、写真つきのビラを作って、近所に配布しよう。そしたら、もっと情報が集まるかもしれないし。
ついでに、うずとしまの里親の募集もしてみようかなぁ・・。
もしも希望する方が現れたら、捕獲して、すこしの間うちで保護して人なれさせて、ワクチンも済ませて、譲渡できるんだけどなぁ・・。
そしたら、寒い冬を外で過ごさなくて済むんだよなぁ・・。

最近、本当に、めっきり寒くなってきたじゃないですか。
うずとしまが、冬を乗り越えられるか、本当に心配なんですよね・・。

うずとしま。
最初の時は、本当に警戒して、まったく近寄ってこない子たちでしたが、この2週間で、ぐっと距離が縮まりました。

うずとしまにエサをやり始めたころから、わたしは風邪をひいていて、今も結構咳が出るんですけど、その咳を覚えているようで、うずとしまのねぐらの近くを通りかかったとき、咳をすると、ぴょーん!!と飛び出してくるんですよ(笑

昨日も「咳だけで来るんだよ」と娘に言って、コホコホっと咳をしてみたら、えさやりさんの家のベランダのねぐらから、ぴょーーーん!!と飛び出してきて、わたしのところに駆け寄ってきました^-^
娘はケラケラ笑いながら「ホントだ~~~」

うずとしま。仲良しきょうだいです。
うずとしま


このところ本当に寒いので、少しでも、暖が取れれば良いな・・と思って、暖かいミルクを持参することにしました。
ちょっとの間でも、お腹に暖かいものを入れれば、本当にすこしだけど良いかなぁって思って。

しかしこれは結構アタリだったみたいで、うずとしまは、特にうずは、ミルクが大好きなようで、うずのほうが警戒心が強いんですけど、ミルクをあげてからは、率先して近づいてくるようになりました^-^


うず。警戒心がちょっと強い子。顔がはんちゃんと良く似てる(笑
うず

しま。すぐに人なれしそうな子。うずよりやや小柄だけど、元気いっぱい^-^
しま

昨夜は、ご飯を食べている間なら、背中とか頭をなでなでしても逃げませんでした^-^
もうチョットで、抱っこできるかも~~~?

そしたら、里子にも安心して出せるんだけどなぁ。
懐いてくれるといいなぁ。

今のところは、風邪などもひいていないようだし、活発で健康そうに見えるから、ちょっと安心かな。
ぷくぷくしてるしね(笑

せっかく生まれて、こうして生き残った命なんだから、幸せになって欲しいよなぁ・・・。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/429-9de114f5