風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

野良猫ず

うーん、日増しに寒くなってきましたね。
今日も、相変わらず、野良猫S’のお話しです。

わたしが、お世話をしようと心に決めた、えんちゃんファミリーの居る餌場の猫模様。

まず、今は餌場を去ってしまった、「えんちゃん」
えんちゃん
お目目が愛くるしい、超プリティーなおかあさん猫で、そこで生まれた3代目くらいとのこと。
1歳くらいらしく、出産済み。
11月1日に避妊手術、駆虫、ワクチン、耳カット済み。
白血病、エイズともにマイナス。



そして、えんちゃんそっくりの「はんちゃん」
はんちゃん
模様がそっくり、えんちゃんよりも白い部分がすこし多いのと、えんちゃんよりも、目がすこし小さいです。
たぶん、半年から1年未満のサイズ。
えんちゃんの兄弟なのか、子どもなのかは不明だけど、血縁はありそう。
エサをくれるひとに懐いていて、ナデナデもさせてくれる。
女の子なので、今年中には避妊手術をしたいと思っている子。


えんちゃんの子「うず」
うず
ソックス遺伝の模様。
お父さんに似た柄が出たのか、アメショーのような、うずまき猫。
これは、キジ白って模様になるのかなぁ?
警戒心が強く、ごはんを貰うときも、おっかなびっくりやってくる。
小さいカワイイ声をしていて、ミルクが好物。
たぶん、3ヶ月くらい。女の子なら春になる頃手術かなぁ?


えんちゃんの子「しま」
しま
こちらもうずまき模様。
白い部分はどうやら無さそう、キジ猫?
うずよりは警戒心が無く、エサやりさんやわたしを見ると、ミャーミャー大きな声で鳴いて、ご飯を催促する。
うずよりも、すこし小柄。
たぶん、3ヶ月くらい。やはり女の子なら春になる頃手術かな?
男の子だと、もう少し待った方がいいのかしら。


そして「おおきいひと」
おおきいひと
白黒ぶち模様。
顔は、はんちゃんとそっくりなので、血縁にあるのかも?
餌場には、2、3週間に1回くらい顔を出す程度なので、他にメインの餌場がありそう。
結構大柄なので、食べ物には困ってないんだと思う。
性別不明。えんちゃんのお父さんか、お母さんの可能性も?
たまにしか遭遇できないので、捕獲は難しそう。


謎の黒猫
黒猫
9月からこっち、1度見たきりの子。
餌場ではなく、近くの公園を横切っていたのを目撃。
えんちゃんが、その黒猫を追いかけていったので、知り合いではある模様。
たぶん、他の近くの餌場に居るんだと思う。
1度しか見ていないので、捕獲は無理と思われる。


おとうさん
おとうさん
うずとしまのお父さんと思われる渦巻き猫。
わたしは見たことが無く、エサやりさんから聞いた話しでは、一時期このアタリをうろついていたが、最近は見ないとのこと。
繁殖シーズンの時に、えんちゃんのフェロモンに誘われて流れてきた子なのかな?
たぶん、他地域に生息していると思われるので、(もしくは、脱走家猫とか)捕獲対象ではなし。


そんなわけで、わたしが、これから捕獲し、手術対象となっているのは、「はんちゃん」「うず」「しま」の3匹かな。

はんちゃんは、抱っこも出来そうだし、捕獲器など使わずにキャリーで運べそう。
寒い冬に、リターンさせるのは、忍びないけどね・・。

あとは、うずとしまが、無事に冬を乗り切ってくれることを祈りつつ、乗り越えたら、暖かくなる頃捕獲かなぁ。

でも、本当に寒くなってきたので、うずとしまが、無事に過ごせるかどうかが、今、わたしの頭を悩ませている。
ネットでいろいろ検索すると、子猫は冬を乗り越えるのが難しいって、書いてあるし・・。

里親さんを見つけてあげたいけど、見つからなかったとき、うちで飼う事ができるかといえば、それは無理だから、保護することも出来ないし・・。
夫に、「冬場だけ保護できない?それで、里親さんを春までに探すからっ!!」と言って見たものの、「春までに見つからなかったら、リターンできるの?」といわれ、そりゃ無理だわ。
だって、それじゃぁ、捨て猫するのと一緒じゃん・・。

「俺だって可哀想だと思うよ。しおとかを抱いていると、こんな風に幸せに暮らせる子も居るのにって思うよ。でも仕方が無いじゃない。野良なんだから」と、夫は言うのよね。
それは・・・・そうなんだよね・・・。

わたしに出来ることは、すこしのご飯をあげることと、不妊手術をして、これ以上増やさないようにすることだけ。
糞尿の被害は、とりあえず近所の方とお話ししたけど、「別に大丈夫よ」って言ってもらえた。
柔らかい土(階段の下のところとか)をトイレにしているのを目撃したから、そこのお掃除を買って出ればいいかなぁ。って思ってる。
でもこれも、数が少ないから、許してもらえてるんだよねぇ。
きっと、もっと野良猫がたくさん居ついたら、今まで気にしなかったひとも、気にするようになっちゃうだろうしね・・・。

冬の間の「お外ハウス」を、発泡スチロールとかで作ってあげたいけど・・
それの設置までは、許可してもらえないだろうなぁ。
なんたって、野良猫の寿命は3年から5年って言われてるから、そういう寿命が短いことも、「許容する」ことの一部になってるしさ。
「何年か我慢すれば、いつかいなくなる」って、猫が好きじゃないひとたちはそう思ってるわけじゃない?
だから、寿命を延ばそうとする行為は、やっぱり、あんまり歓迎されないわけだよね。
エサやりは、ごみを荒らすことが減ることと、手術の捕獲のため必要って思ってもらえたから、ニコニコ見守ってくれてるひともいるけど。

エサやりさんの家のベランダに、どうやら子猫がもぐりこめる箱のようなものがあるみたいで、そこで暖をとってるみたいなんだけど。
エサやりさんが、どうやら今年中に引越ししてしまうかもしれないの。
だから、その後が心配んだよねぇ・・。

引越し、春までまってくれないかしら?(笑

あ、そうだ。
あと大事なことを忘れてた。

こうやって、不妊手術をしている猫がいますよってことを、ご近所の方たちにお知らせしないといけないんだった。
町内会長さんなんかにも、お知らせするのがいいみたいで、それは保健所の方がとりもってくれるらしいから、お願いにいって、その後、テリトリー内くらいの範囲にビラを配らないとなんだ。
今は、本当に近所の方数人としかお話ししてないし、その方たちはみんな、わたしの言うことを理解してくださって好意的なんだけど、範囲が広がれば、きっと文句を言ってくるひとたちも出てくるよねぇ。

それに、わたしのあずかり知らない猫たちの存在も明らかになる可能性も・・。

これが一番怖いわ。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.21 10:31 | | # [edit]
mome says..."非公開コメントさま"
こんばんは~。コメントありがとうございます^-^

まず、6年!!という事に、本当に驚いて、そして頭が下がりました。
いや、その6年が無くても、本当にすごいなぁと思っていたのですが。

毎日、毎日、通い続けるのって、結構大変なことですよねぇ。
わたしなんて、たった2ヶ月ですからね(笑
スキでやってることとは言え、猫たちが食べ終わるまで待ってないといけないし、これから寒い日もあるだろうと思うと、エサやり用のコートを買おうかなぁとか思ったりしていますよ(笑

でも、野良の子たちは、もっともっと寒い思いをして、ご飯を待っているんですもんね。
くじけたり出来ないですね^-^

非公開コメントさんも、本当に大変なことと思いますが、無理せず頑張って下さい。
応援、し続けます^-^
2012.11.21 22:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/423-5145b484