風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

ニケたん病院へ行く②

続きです。

翌日、また検査をしなくてはいけないので、ニケを連れて病院へ行ってきました。

昨夜は補液が効いたのか、ニケは良く食べてくれました。
ただ、いつものような元気はない。

病院では血液検査の結果が出るのに1時間ほどかかるということで、わたしは時間を潰しに、ひとりカフェへ。
「いい結果がでていますように・・」とひっそりとお祈りをしていました。

1時間後、病院に戻ると、担当医の女性の先生が検査結果を見ながら、「昨日よりも数値はすこし下がってますね。ご飯も食べているというし、下痢も嘔吐もないようなので、調子は良くなっていると思います」と言い、その後、「でもですね」と続けました。

「膵炎の検査結果がちょうど届いたんですよ」と。

それは、「猫膵特異的リパーゼ」という数値の検査で、日本では、IDEXXと言う会社だけが行っている検査だそうで、この検査が行われるようになって、今までエコーでしか判断できなかった膵炎がわかるようになったとのことでした。

それで、その、猫膵特異的リパーゼと言うのは、参考基準値が3.6なのですが、ニケの場合は、21.0と言う大変高い数値で、明らかに膵炎であるという結果でした。

そこで、いつも担当してくださっていた女性の先生から、内科専門の副院長に担当が替わることを告げられ、その内科の先生から、詳しく説明を受けることになりました。

まず、猫の膵炎は、とても多い病気であること。
しかし、数年前まで、この猫膵特異的リパーゼの検査が無かったため、確定診断が難しかったことなどの説明があり、膵炎の原因は不明であり、これといった治療法も無く対処療法になり、完治しない病気であることが告げられました。

はい。はい。と、わたしは神妙に聞きながらも、頭の中はパニック寸前でした。

治らない病気なの?
それで、どうしたらいいの?
ニケは大丈夫なの?
どうやって過ごしたらいいの?
予後は、どうなるの??


とりあえず、先生の提案では、膵臓の炎症を抑えることを最初の目的とすることにして、猫の膵炎に有効であると言われている、ステロイドを試すことになりました。

これも、ステロイドと聞くと、とても不安だったのですが、猫とステロイドは比較的相性が良く、副作用が出にくいことと、長期に渡った使用はしないと言うことで、納得せざるを得ませんでした。
このステロイドによる、血糖値の心配も伺いましたが、1週間程度の服用では、影響は無いと考えますと。

それで、ステロイドを、まず1週間試してみることになりました。

病院を出た後、車を運転しながら、そういえば、とか、でも、とか、いろんな疑問や、聞きそびれたことなどが頭に浮かび、またしても不安になり、家に帰ってから、ネットで猫の膵炎について、いろいろと調べまくりました。

わたしが、一番気になっていたことは、やはり、予後のことでした。

膵炎で検索すると、本当に恐ろしいことばかり書いてあり、急性膵炎の死亡率は人間でも20%を超えるとか、ひどい痛みに襲われるとか・・。

ニケに何かあったらどうしようと。そればかり考えていました。

夫が帰宅してから、自分の疑問や、聞き損ねたこと、気になることを伝え、もう一度、先生とお話しをする時間を頂こうということになり、週明けに予約を入れました。

そして週があけて、月曜日、夫とふたりで病院に向かいました。

先生への質問と答え(内容を思い出しながら書いているので、言葉はそのままではありません。もしかしたら間違っていたりするかも。そしたらごめんなさい)

A.慢性膵炎という診断でしたが、慢性膵炎で、あの高数値が出ることは珍しいと先生は仰いましたが、急性ではなく、慢性という診断をしたのはどのような理由によるものなのでしょうか?
Q.そもそも、慢性と急性の差を明確に診断することができないのだけれど、数値よりも、症状を診て判断しています。ニケちゃんの場合、嘔吐がひどくなかったこと、下痢も無いことや、ひどく衰弱した様子も無かったので、慢性膵炎と診断しました。

A.慢性膵炎は完治しないということでしたが、急性膵炎だったら完治することもあるのでしょうか?
Q.急性と言っても症状の出方なので、膵炎の素因のある子の症状が増悪すると言うように捕らえています。症状や数値が落ち着いているときもあれば、急に悪くなったりすることもある。そのような感じです。

A.膵炎の原因は不明とのことですが、何を気をつけるようにしたら良いのでしょうか?環境や食べ物のことなどお聞かせ下さい。
Q.猫の膵炎は、まだ解明されていないことが多く、原因はやはり分かっていません。ただ、今回のニケちゃんの場合、膵炎の素因があった上、引越しなどのストレスで体調を崩したものと考えられるかもしれません。
引越しなどをした場合、多くの子が、1ヵ月半から3ヶ月の間に体調を崩すことが良く見られるからです。
ですから、なるべくストレスを軽減してあげることも良いかも知れません。
食べ物に関しては、データなどは無いのですが、脂肪をすこし抑え目にした食事が良いと言っている獣医も居ます。
僕個人の考えでは、やはり膵臓に負担がかかりにくいものが、良いのではないかなと思いますが(つまり低脂肪のもの)はっきりとした臨床データがあるわけではありません。

A.猫の膵炎に絶食は禁忌だとネットで読んだのですが。
Q.ひとや犬の場合は、膵臓の負担を軽くしてやる目的で、絶食を勧める場合がありますが(嘔吐などがひどい場合は特に)猫の場合は、3,4日食事を抜くだけで、すぐに脂肪肝になってしまう恐れがあります。
そして肝リピドーシスを起こす危険性があるので、猫にはなるべく食べさせるよう指導します。

A.慢性膵炎を患っている猫の予後はどうなんでしょうか?きちんと注意していけば、元気に長生きすることができますか?
Q.もちろんです。

ここで、夫が「一病息災」と考えれば良いんだよ。と、わたしに言うと、先生も「ご主人の仰るとおりで、考えようですが、膵炎は見つかりにくい病気と言うこともあるので、ここで見つかったことを良いように捕らえると言う考えもあると思います。普段から体調や様子を気にかけるようになりますし、早めに対処することも出来るようになります」

A.なるほど・・・。じゃぁ・・。心の準備をしておくとか、そういう必要は無いんですね?
Q.そうです(笑)

よかった・・・・・。

その後も、膵炎の遺伝的要因と言うのはあるのかとか、具合が悪くなって病院へ連れてきて、膵炎を疑って処置をしたけど、実は他の病気だったら?とか、いろいろ先生が困るような質問を続けたわけですが、ひとつひとつ丁寧に答えて下さいました。

本当にもう、お話しが終わった後は、すっかり安堵して、やたらとお腹が空きました(笑


それと、今回出されたお薬は、プレドニン5ミリグラムと言うステロイドなのですが、とてもとても苦いお薬だそうです。
先生に、お薬、飲ませることは出来ますか?すごく苦いので、そのままでは飲めないと思いますし、フードに混ぜたりするのは無理だと思うんですが。と聞かれ、「うちはミルク団子を作って飲ませています」と説明をすると、「それはいいです!」と褒められたので、そのお薬の作り方をご紹介しますね。


【お薬のミルク団子】

①子猫用粉ミルクを買ってくる。
②スプーン1杯のミルクをお皿に入れ、濡らした指2本でこねくり回す。
このとき、水分が多すぎるとベトベトになってしまいます。ミルクは溶けやすいのでね。
③水分が足りなくまとまらないようなら、また指を濡らしてこね回す。
④まだ、ボロボロの状態でも、皿の縁に押し付けるようにしていけば固まるので、ある程度固まったら、取り出して手のひらで転がすと、ミルクボールが出来上がる。(パンやクッキーを作る要領で)
⑤小さく丸めたミルクボールを押しつぶして平たくし、中に薬を入れて、ミルクの皮で包む
⑥猫が飲み込み安いように、すこし平べったくして出来上がり。(ドライフードくらいの大きさにする)

うちの、お薬大嫌いなぷーちゃんでも、これなら飲むことが出来ましたよ。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

34 Comments

ローズキャット says...""
こんばんは。
ニケちゃんの病気の原因・・・
引っ越しのストレスが考えられるのですか。

私事ですが、16歳で天国に行った前の子は、
2回の引っ越しを経験したのですが、
多少のストレスはあったかもしれないけど、
無事に過ごすことができていました。

ミルクボールの作り方、参考になりました。
カイ君、仔猫の時は苦くても甘くても薬を
美味しそうに食べてくれたのですが、
今は全く食べようとしません。
猫缶でボールを作っても、微妙な顔をされてしまいます。
このミルクボールを口元に入れるのですか?
それとも、お皿に置いて、自ら食べてもらうようにするのですか?

ニケちゃんが投薬治療を無事に終えて、
数値が安定し健やかに過ごせますように。
2012.08.23 19:34 | URL | #- [edit]
mome says...">to ローズキャットさま"
環境の変化って、結構ストレス要因になる子が多いみたいで、先生のお話しでは、引越しとかをすると、大体1ヵ月半から3ヶ月の間くらいに、徐々に体調を崩す子が、すごく多いんだそうですよ。

うちも、ぷーちゃんを連れて、3回目の引越しなんですけど、ぷーちゃんは、まーったく問題なさそうですねぇ。
あぁ、見えて?ニケは結構繊細だったのかもしれないです。


ミルク団子は、お薬を飲ませるのと同じように、口に放り込むんです。
口の横から開いて、喉の方に放り込む感じですね。
で、お口を押さえて、ごっくんしてもらう(笑
お皿においておくと、やっぱり齧っちゃう可能性があるんで、齧ると苦いですからね^-^

それと、ローズキャットさんのブログ、コメントを随分前から閉じているので、コメントできずにいたんですが、カイくんと首輪のショット見させてもらいましたよ~^-^
太郎ちゃんが、あんまりにも小さいことにびっくりしました!
カイくんと並んで見たことしかないから、もっと大きいかと思ってましたよ~。

あと、うちもね、鈴は取り外して、紐にくくりつけておもちゃにしてるんですよ。
あのお魚の鈴は、すごく音色が優しくて気に入ってます(わたしが 笑)

カイくん、ゆっくりでいいから、首輪に慣れてくれるといいですねぇ~。


それと、リンク、ありがとうございました!!
もー、感謝感謝です!
2012.08.23 20:45 | URL | #- [edit]
yokoblueplanet says..."まだまだ心配ですね。"
こんにちは。
まだまだ心配が続きそうですが、原因が判って一安心でしょうか。
ステロイドの効果がうまく出ますように!
お大事に。
2012.08.24 14:03 | URL | #- [edit]
アビmama says...""
ニケちゃんまずは一安心でしょうか
お薬が効いて体調が戻りますように
2012.08.24 14:49 | URL | #0ej1hy.w [edit]
さとさと says...""
あ~ん(T_T)
お気に入りのニケちゃん…心配したよう(^_^;)
そうだね、ずっと分からないでいるより
今、知る事ができて良かったと思いましょう。
少しずつでも食欲がでて、元気になりますように。
2012.08.25 02:05 | URL | #- [edit]
tomotan says...""
ニケちゃん、、良かった、、。 一安心なんだよね? 食欲は出てきた?
引越しがストレスになることもあるんですね。 ホテルを連れまわして、飛行機に乗せて、、大反省。
うちの2にゃんずはケロッとしてましたけど、飛行機の中でしたうん〇は抗議だったのかも(笑)
2012.08.25 08:30 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
本当にご心配おかけしました!

ようやく、この2,3日、ニケが、ポロとじゃれて遊ぶようになりました^-^
具合が悪いときは、まったく観られなかった光景なので、嬉しくて可愛くて~。

ステロイドが、ものすごく良く効いたようで、検査結果もバッチリでした~。

お気持ち、本当にありがとうございました!
2012.08.30 17:03 | URL | #- [edit]
mome says...">to アビmamaさま"
はい^-^

ようやく体調も元に戻ったようで、本当に安心しました!
動物って人間語が話せないから、本当に、やきもきしちゃいますねぇ><

今は、ポロと一緒にまぁるくなって眠っています♪

お気持ち、本当にありがとうございました^-^
2012.08.30 17:05 | URL | #- [edit]
mome says...">to さとさとさま"
そうそうそう。
わたしも最初は、本当に心配で心配で仕方が無かったけど、ちゃんとケアしていけば大丈夫って知って、一病息災で元気でいてもらおうって思ってます~^-^

今はもう、すっかり食欲は戻ったんですが、水分を多目にに摂った方がいいだろうと思って、ウエットとドライを半分ずつであげてたんですけど、どうやらニケはドライの方が好きらしく、気に入らないと食べてくれなく一苦労中です。グルメちゃんめ!(笑

お気持ち、本当にありがとうございました~!
2012.08.30 17:08 | URL | #- [edit]
mome says...">to tomotanさま"
うちの中で、一番、いろんな意味で「丈夫」だろうと思っていたニケが、すごく繊細だったという新事実!
猫って、ほんと、わかんないですねぇ。

チャチャちゃんも、コタちゃんも、長旅、お疲れだったと思うけど、体調を崩さなくて良かったです~。
う○こは、抗議というより。。大物の証?(笑

今はもう、すっかり食欲も戻って、ポロとじゃれて遊ぶようになって、本当に安心しました。

お気持ち、本当にありがとうございました~。
2012.08.30 17:11 | URL | #- [edit]
クママ says..."はじめまして"
通りすがりのコメント失礼しますm(__)m
ニケちゃんの体調はいかがでしょうか?

実は我が家の2歳になる黒猫のクマ黒が、ニケちゃんと同じ症状により膵炎の疑いがあると診断されました。
数値が14.0で、他の肝臓の数値なども高く、嘔吐が止まらず食欲、元気共にない日々が続いております。

明日、病院へ行きクマ黒の様子によって入院か通院かを決めましょうと言われているのですが、ニケちゃんは通院なのでしょうか?
はじめての病気で軽いパニックとショックが大きく不安で仕方ありません。。。

うちには小さい子供がいるので騒がしい環境である事を考えると入院して集中した治療がいいのかなと思いますが、離れる事の不安で涙が止まりません。勝手ですが…。
もちろん入院ともなれば費用もそれなりになるでしょうから、そのような準備も必要となります。
分からないだらけでついコメントを残してしまいましたが、良ければアドバイスなんか頂けたら嬉しいです。

図々しいお願いではありますがよろしくお願いします。
2012.11.21 04:42 | URL | #- [edit]
mome says...">to クママさま"
おはようございます。
はじめまして、コメントありがとうございます^-^

クマ黒ちゃん、心配ですね。
同じ経験をしましたから、お気持ち、本当にお察しいたします。

うちのニケですが、嘔吐があまり無かったため、入院もストレス要因になる可能性を考慮して、通院で過ごしました。
ステロイドのお薬を飲み続け、4,5日で効果がはっきりと出て、食欲も戻り元気になりました。
今はすっかり元気で、いつもと変わらない毎日を過ごしていますよ^-^

先日、ちょっと元気の無い日がありましたので、すぐに病院に連れていって、ステロイドの注射をしてきました。
そのときも、リパーゼの数値を測ったのですが、そのときは平常の数値だったので、結果が出てからは、投薬も中止しました。


クマ黒ちゃんの場合は、嘔吐がひどいということのようなので、入院か通院か悩みますよね・・。
肝臓の数値に関しては、脱水などによる一過性のものとも考えられるし、肝臓自体が、自己修復可能な臓器なので、強く心配されることは無いかもしれません(もちろん、数値にもよるのでしょうけれども・・)

やはり問題は嘔吐と食欲不振ですよねぇ。
食事が取れなく、吐いていれば、脱水を起こすため、補液も必要になりますから、入院だと、安心できるかもしれないです。
もちろん、お金のかかることですから、そこも先生とご相談されて、1日、2日で様子を見てもらって、症状が緩和されたら通院に切り替えたいというのも、良いかもしれないです。

膵炎には、ステロイドがかなり有効なようです。(たぶん、おかかりになっている獣医さんも、その処方ではないでしょうか?)
ステロイドと聞くと身構えてしまいますが、猫とステロイドの相性は、結構良いようです。
つまり、人間のような副反応が出にくいと聞きました。

ニケの場合は、病院に行った時、ステロイドの注射と捕液をしてもらい、家ではステロイドの錠剤を飲んでいました。
ブログにも書きましたが、にがーいお薬のようなので、お薬を飲ませることが出来ない場合は、やっぱり入院の方がいいかもしれないですよね・・。
(ご紹介した、ミルク団子でお薬を包む方法は、なかなか良かったですよ)

本当に、心配な病気ですが、症状が治まれば、普通に過ごすことが出来ますから、あとちょっと黒クマちゃんとお母さんにも頑張っていただいて、早く良くなるようお祈りしていますね。

あ、それと。
最近、ストレスの強い子のために、サプリメントが開発されたようで、それも試そうかなとうちでは思っています。
ミルクで出来たサプリメントで、ちょっと名前を忘れてしまったのですが;
次に病院に行った時、名前聞いておきますね。

早く良くなりますように!
2012.11.21 09:28 | URL | #- [edit]
一休 says...""
突然のコメント、失礼します。
たった今、膵臓の値が18と告げられました。
もしすごくショックです。
文章もおかしいかもしれませんが、お許しください。

3月半ば、最初におかしいなと思い、病院へ
膵炎の疑いあり…。
点滴をして、薬を頂いて様子見。
食欲や便が出て、「よかった」となった。
4月半ば 再発か…。また調子が悪い。
点滴をしつつ、膵臓の値の検査。4だった。
仕事の関係で通院できず、入院をすることになった。1週間入院。元気になり、退院。通院に切り替え。3日おき位。仕事を調整して集中的に。
5月の半ば 数値を見てみようとなり、検査。18だった。
家ではご飯を食べるようになり、元気になりつつあったが、ここ最近、また低空な感じに。
そんな時に告げられました。
これ以上、何をしてあげられるだろうか…。
正直、お金も今のようにずっとずっとはかけてあげられない。
通院で、仕事の調整も長くは付けられない。

でも、僕の芯が痛むように、どうしてあげたらよいのか…戸惑う。

ずっと二人で来た。いつも隣にいてくれた。
元気になってほしい。長生きしてほしい。
助けてあげたい。

どうしたら、数値を下げてあげられるのか…。

僕の職場が遠いため、近くに引っ越しをしようと考えていた。通院を続けるのにもやるしかないと。(別の事情もある)

今年はいろいろな困難があり、二回も引っ越しをしている。辛かったのだろう。。。わかってあげられなかった。でも、引っ越しをしなければならなかった。

すいません。

何かアドバイスをいただけますか?





2013.05.22 14:42 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さま"
こんばんは。
しばらくブログをお休みしていて、閲覧もしていなかったのですが、今、たまたま覗いて見ましたら一休さんのコメントがあり、きっと今頃苦しい思いをされていると思い、少しでもお手伝いできることがあればとお返事させていただきます。

まず、わたしは獣医師ではありませんし、それほど病気などに詳しいわけでもないので、アドバイスなどということは出来ないのですが・・。
ただ、わたしが感じたことや、獣医さんからお話しを伺った範囲でお話させていただきますね。

一休さんのおっしゃる、猫ちゃんの、膵臓の数値と言うのは、猫膵特異的リパーゼの数値ということでよろしいでしょうか?
18という数値は高いですよね、うちの子も21という数値で、かなり高い数値、ここまで高く出るのは珍しいとも言われました。

うちが処方されたのは、プレドニンというステロイドで、まず、補液とステロイドを最初に注射して、そのあとは自宅での投薬(飲み薬)になりました。
うちの子には効果がとてもあって、すぐに数値は下がってくれましたが、一休さんの猫ちゃんのかかられている獣医さんも、その処方でしょうか?

獣医さんによって考え方などあるかとは思いますが、もしも、違う処方で、効果が出にくいと感じていらっしゃるのなら、ステロイドの処方の提案をしてみても良いかと思います。

それと、もしも引越しなどが原因で、ストレスを感じていて、それが膵炎の原因だとしたら、ストレスを軽減してあげることも大事かもしれません。
ちょっと名前を失念してしまったのですが、そのとき勧められたのは、ミルクで出来たサプリメントでした。
気分をリラックスさせるものだそうです。(ステロイドで状態が改善したため、サプリは結局飲みませんでした)

それと、今現在、我が家の他の子の食欲が落ちていて、膵炎ではないのですが、やはり同じく気分をリラックスさせるアロマを処方していただいて、それを試しています。
名前は、フェリウェイというアロマスプレーで、猫の頬の部分から出るフェロモンに似た成分の化合物です。

この頬から出るフェロモンは、親愛を示すフェロモンで、猫の気分をリラックスさせる効果があるようです。
引越しをした後や、発情期のスプレー行為があるときなどに、良く使われるようで、先ほどのミルクのサプリも、このアロマも、もちろん効く子と効かない子がいるらしいのですが、我が家の子には効果がありました。(アロマです。サプリは試していません)
食欲の無かった子に食欲が少し戻り、他の子が発情期でひどく鳴いていたのですが、フェリウェイを使ったその日から鳴かなくなりました。

フェリウェイに限らずとも、なにかしらのサプリやアロマで、気分をリラックスさせてあげると良いかもしれないですよね。かかりつけの獣医さんに、そのようなものの相談をされてみてはいかがでしょうか。

あと、ブログにも書いてありますが、臨床データなどはありませんが、なるべく脂肪を控えめにした食事が良いと言っている獣医さんもおられますので、そのような食事に切り替えてみるのも良いかもしれないです。
膵臓の負担を軽くしてあげると言うことです。

それから、少し様子がおかしいなと思ったら、わたしはすぐに病院に連れて行くことにしています。
猫ちゃんによっては、それがまたストレスになることも考えられるので、これは飼い主さんがどうするか決めることだと思うので、お勧めしているわけではありません。
わたしの場合は、何かあったとき、処置が早い方が良いと考えているので、そうしていますが・・。


心配で心配でたまらないお気持ち、本当に良く分かります・・。
いろいろと悔やむこともあるようですが、あまりご自分を責めないで下さいね。
わたしに出来ることはないのですが、猫ちゃんが少しでも早く元気になってくれることを心からお祈りさせていただきますね。
2013.05.23 04:08 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.05.29 21:42 | | # [edit]
mome says..."非公開コメントさま"
少し、落ち着かれたでしょうか?
わたしも、最初ニケの病気を知ったときは、もうパニックでメソメソないていました。
大事な、大事な、かけがえのない存在ですもんね。
お気持ちは本当に良く分かります。

先生の仰ること、とてもよくわかります。
いいこと仰る先生ですね~!
安心してお任せできそうですね^-^

気持ちが苦しくなったとき、いつでも言ってきて下さいね。
聞くだけしか出来ませんが、それでも心が軽くなれば・・。
大事な子ちゃんと、仲良く過ごしてください^-^
2013.06.10 14:54 | URL | #- [edit]
一休 says..."ありがとうございます"
ありがとうございます。

あれから数値ははかっていませんが、いちよご飯を食べてくれて、便は出て、お水を飲んでくれています。そして、そしてじゃれてくれます。うれしかったです。

かけがえのない存在です。間違いありません。

あの時はショックでショックで、いてもたってもいられず…。本当に落ち着かず、でした。
責任を感じて。。。
僕は一人しかいないから。

職場が遠かったので、病院に連れて行くのに、周りを気にしながらも必死に休みを取っていました。早く帰ってやらないと…など。

歩いて30分のところに、思い切って引っ越しました。
いつでも病院に連れて行ってあげられるように、そして、猫が日向ぼっこができるようにと。

引っ越しがストレスになるとは思いながら、一人の時間が長くて寂しいだろうし、僕の仕事もギリギリで休み続ける事は出来ず…。
引っ越して3日はなるべく家にいてあげました。

病み上がりで、食欲低下が気になり、おいしいものでもいいから食べてくれ…とやっていたら、少し贅沢になってしまったようです。治療食に戻すのに、我慢比べです。

ベットの枕元で寝ています。
僕がベットで小さくなって、猫が落ちないように。

聞いてくれて、ありがとうございます。
周りに、こんなに猫の話を話せる人がいなく、助かりました。

ありがとうございました。








2013.06.10 21:53 | URL | #- [edit]
一休 says...""
少し落ち着いてから約一か月が過ぎました。

約3日前から、何やら変です。
最初に気が付いたのは「ぷっ」とゲップのようなものを一回しました。気のせいか…、急いで食べたのか…。
「?」便が2日に一回か??毎日出ていたのに…。
2日続けて「ウォー」と深い声で鳴きました。暗い玄関で。
朝いつも起こしに来てくるのに、来ない…。
今朝はとうとうベットの下の奥、位場所にいます。
あっっっっっっっっっっ

以前の症状だ。

薬もなくなり、飲まなくなり、一か月。
遊んでくれ、食べてくれ、便も快適、調子がよさそうでした。このままでいてくれと毎日祈っていました。

今日、速効に帰って、病院に連れて行きます。

・・・



2013.07.17 12:40 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さま"
その後、どうですか?

また、暑くなってきましたからねぇ、猫たち、普通に元気でも食欲落ちますしね。
ちょっと心配しちゃいますねぇ・・。

でも、一度経験して、すぐに病院に駆けつけることができて、それは良かったですよね。
前にも書いたかもしれないですが、うちの夫と主治医は、一病息災だと言っていました。
もちろん、何事もないのが一番なんですが、気をつけてあげることが出来るし、早め早めの処置で、軽く済むかもしれないですしね。

今頃、元気に遊び始めてくれていると思っています。
2013.08.01 14:09 | URL | #- [edit]
一休 says...""
ありがとうございます。

おかげさまですい臓の数値は4→18→5でした。以前、ここに相談させて頂いた時には最高値18でしたが、先日連れて行ったときは何と5でした。まだ標準値までは行きませんが、下がったようです。
どのくらいが彼の標準なのかがわかりませんが、現在は便もほぼ毎日出てくれて、ご飯もいちよ食べてくれます。時々遊んでもくれます。胃薬のようなものは飲ませています。また消火にいい治療食を食べてもらっています。他のがほしいような顔をしますが。

便と薬はカレンダーにつけるようにしました。

助けて頂いて、本当にありがとうございました。

また一か月後に病院に行ってみます。

こまののでいてくれたら…。

2013.08.12 20:29 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さま"
返事遅くなってすみません。
だいぶ落ち着きましたか?

治療食は、やっぱり普通の食事よりも美味しくないんでしょうね、でも、がんばって食べてくれているなら安心ですね^-^
このまま、良い状態が続くといいですね、心配な気持ちはすっっっごくわかりますけど、一休さんもストレスを感じないようにして下さいね。

2013.08.23 07:43 | URL | #- [edit]
一休 says...""
ありがとうございます。

最近はほほ毎日便が出て、食事も仕方なくでしょうが治療食を食べてくれています。ほぼ毎日遊んでくれます。元気な様子です。獣医から頂いた薬も週に2回くらいに勝手にしてしまいました。それでも変わりません。
どうしたらいいと思いますか?
やっぱり薬は毎日飲ませておいた方がいいですかね。
2013.09.03 12:20 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さま"
元気になって良かったですね~!!
わたしも嬉しいです。

お薬の件は、先生に一度ご相談された方が良いと思いますよ。
大事なデータですから、次に同じことがあった場合、処方量の目安などがつきやすくなると思いますしね^-^

なんにせよ、いっぱい食べて、出して、遊んでくれればもう、ほんと、一安心ですねぇ。
2013.09.03 14:47 | URL | #- [edit]
一休 says...""
ハイ(大きな声で)

本当にうれしいです。

ありがとうございます。

内臓で、言葉が無いので、実際はわかりませんが、様子からは、何とか乗り越えてくれた感じがしています。

支援して頂いて、本当にありがとうございました。
2013.09.03 20:36 | URL | #- [edit]
一休 says...""
薬もすっかりなくなり、あれから3か月が過ぎました。元気に遊んでいます。しかしご飯は消化によい治療食です。
先日、久々に検査に連れて行きました。
そしたら、数値は5でした。あまり変わらずでした。一番最初の4の時より元気な感じを見せてくれています。ストレスの関係カモしれません。
数値だけではないと思いますが、気になります。
3.6の正常値まで戻ってくれたら・・・。

ひとまず、進行はしていないかもしれません。

またまた、ありがとうございます。

ニケたんのその後の様子はいかがですか?

自分の猫ばかりで、すいまぜん。
2013.12.08 13:24 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さん"
順調そうでなによりです~^-^

うちのニケは元気ですよ、なんか、膵炎を患ったことなんか無かったかのように。
夏に少し食欲が落ちて、気にしていましたが、それも暑さのせいだったようで、涼しくなったら食欲も戻って、最近はかなりガツガツ食べますねぇ。
食事はやっぱり多少消化の良いものをあげています。

こうやって、うそみたいに好転する子もいますから、気をつけてあげながらも、あまり神経質にはならないようにしてくださいね。猫に伝わらない程度に^-^
2014.02.01 12:10 | URL | #- [edit]
一休 says..."そこそこ "
やっぱり元気が一番ですね。

そこそこそこなんですよ。僕の場合。結構、猫って伝わりますよね。
食べるには食べているので、うんちを気にしています。出た日は、カレンダーに「うん」と書いています。
3月になったら、また病院に試しに行ってみようと思っています。

ありがとうございます。

見抜かれていましたね・・・(笑)

お互いに大事に
2014.02.23 19:57 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さん"
まぁ、仕方が無いですけどね~。
どうしても、心配はしちゃうんだもの。わたしもそうです(笑

もう少ししたら、暖かくなりますから、猫ちゃんも元気になる季節ですね。
無理しないように、ゆっくりすごしてくださいね^-^
2014.02.24 21:08 | URL | #- [edit]
一休 says...""
うちの猫が再検査しました。3.5まで数値が戻りました。まだまだダイエットとうんち管理は続けていきますが、ホッとしました。
ありがとうございます。
支えて頂いたみなさんに感謝です。
2014.04.07 12:37 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さん"
順調ですね!
やっぱり、ダイエットと言うか、食の管理は大事なんだと思います。
まぁ、猫は、ちょっとぷっくりしている方が可愛い・・・って思っちゃうし、おねだりされると、ついつい・・って言うのもあるんですけど、そこは、体のためと思って、ぐっとこらえる感じですよねぇ。
でもホント良かった~^-^
2014.05.26 10:26 | URL | #- [edit]
ふさお says..."はじめまして。"
はじめまして、こんばんは。
現在、うちの猫も膵炎を患っており
こちらのブログを見つけて
復活したニケちゃんにあやかろうと
コメントさせていただきました!?
なんだか神頼み見たいですみません。
うちは診断から1ヶ月半経ちますが
まだ症状が安定せず毎日、もしくは2日に1回は点滴に通っています。
ステロイドは使用していません。
ニケちゃんのように、家でも一番元気で
活発な子なので慢性膵炎と聞いたときはまさか!!と思い、病気について調べると絶望的な気持ちになりました。

今週、もう一度膵炎などの検査をして
改善が見られなければステロイドを
試す予定です。

ニケちゃんのように元気に回復出来るように頑張っていこうと思います。

聞いていただいてありがとうございました!!
なかなか相談出来るひとがおらず
2014.06.23 20:57 | URL | #1upZPkVI [edit]
一休 says..."わかります"
横は入りを失礼します。

ふさおさん、僕もなかなか相談できる人がおらず困りました。自分だけで持ちきれず・・・。
やっぱり誰かに話しくなりました。

うちのも一度よくなりました。
ここで励ましてもらって助かりました。何とか数値が下がるまで1年かかりました。
先日も急に怠そうになり、また心配になってしまいました。病院に連れて行きましたが、一般検査はクリヤーでしたが、膵炎検査の結果は一週間かかります。いちよ点滴をしてもらいました。少し元気になった気もしています。
しかし、気になるところです。
昼間は一人にするしかないので、心配心ばかり膨らんでしまいます。
話してくれるといいですよね~。
失礼しました。
2014.07.22 17:24 | URL | #- [edit]
mome says...">to 一休さん"
お久しぶりです。
一休さん、横コメントありがとうございました!
ずっとお休みブログでしたので、助かりました。
やっぱり大事な愛猫のこと、心配で心配で仕方が無いですもんね・・。

一休さんのお宅の猫ちゃんは、元気になられましたか?
2015.06.14 19:35 | URL | #- [edit]
mome says...">to ふさおさま"
本当にお返事遅くなり申し訳ないです。
体調不良でブログをお休みしていました。

その後、猫ちゃんの様子はいかがですか?
うちのニケの場合は、ステロイドの効きが良くて、1週間ほど錠剤を飲んで元気になってくれました。
その後も1回ダウンしましたが、やはりステロイドで回復しました。
それから2年以上たちますが、再発はありません。元気です^-^
心配で心配でたまらず書き込みしてくださったのに、本当にごめんなさい。
猫ちゃんが、元気になっていることを心から願っています!
2015.06.14 19:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/393-d523861b