風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

銀座DE映画

今日は夫くんと銀座で映画デートしてきました^-^

タイトルは「ル・アーブルの靴みがき」監督は、わたしも夫も大好きな、<アキ・カウリスマキ>です。

結論から言うと、とてもとても素敵ないい映画でした。
アキの作品は、殆ど観ましたが、わたしはこの新作の「ル・アーブルの靴みがき」が一番好きかもしれません。

移民の問題を取り扱っていますが、独自のソフトさとユーモアで、素敵な御伽噺に仕上がっていると思います。
とても優しくて、ハッピーエンドで、最後の台詞に「桜が満開だわ」とあるのですが、その台詞を聞いたとき、あぁ、これが夢でないことを祈りたいと思ったのでした。

それと、かなり個人的な想いですが、この作品の主人公の男性が、うちの父に似てるんですよ(笑
顔とかじゃなくて、なんだろう?しぐさというか、ニュアンスというか。
だからついつい、父のことも思い浮かべてしまって、ファザコンのわたしは、なんともいえない想いを抱きました。

それから登場した犬も可愛くてね。
ライカちゃん。
監督の愛犬だそうですが、カウリスマキの映画には、たびたび、監督の愛犬が登場するんですよ。


観終わった後、夫くんと「とても良かったね!いい映画だったね!」「やっぱりカウリスマキはいいね!」とふたりで褒め称え、このところ、テレビドラマばかり観続けていることをちょこっと反省して、「またいい映画を観ないとね」という結論に達しました(笑

映画の後、夫くんと食事に、近くの中華料理の店に行きました。
ジョーズシャンハイ ニューヨーク 銀座店。
ショウロンポウがとっても美味しいと聞いたので行ってみましたが、本当に美味しくて、他のランチもとっても美味しかったですよ。

そこで、夫くんと、結婚前は、たくさん一緒に映画を観に行ったよねぇ。と、昔話に花が咲き、あれを観たのはどこだった?いつだった?なんてことをずっと話していました。

あの頃は、たくさんたくさん観たい映画があって、たくさんたくさん観に行っていたんだけどなぁ。
子どもが生まれてからは、なかなか映画館などには行けなかったし、そうこうしている間に、どんどん観たい映画も少なくなってしまったよなぁ。
これは、わたしの感性とかアンテナが、鈍くなってしまったからだと思うけど。

でもまた、少しずつ、磨いていきたいなぁ。

「ル・アーブルの靴みがき」
公開シーズンは、ちょっと終わりかけなので、観ることが出来ない地域の方もいらっしゃるかと思いますが、とても良い映画なので、是非、DVDになったら、ご覧下さい。
おすすめです。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/385-c1747495