風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

想像力

これがまた、諸刃の刃で。


最近、想像力というか、なんだろう、それに近いものに対して思うことが多々あって。

ちょうど、1ヶ月くらい前?いや、2ヶ月くらい前?
夫くんが、某グループと仕事の話を進めていたんですよね。
それで、最初、とても相手方が乗り気で、「これは、うまく行くかも」って感じだったんですが、あるときから突然、担当者と連絡が取れなくなったりして、「あれ?」って感じになったんです。

電話をかけても出ないし、折り返しも来ない。
メールの返事ももちろん来ないし、会うと約束してあったアポイントメントもそんな調子で結局会えず。
で、夫くんは思ったわけですよ、これはどうやら暗礁にのりあげたぞと。

実は、その担当者と連絡が取れなくなる2日ほど前、その担当者の上司がある人物と面談していたんですよね。
で、そのある人物っていうのが、現在、夫くんのいる会社と良くない関係にありましてね。
その情報をキャッチしていたもんですから、夫くんとボスは「もしかしたら、そのある人物から横槍が入ったんじゃないか」と想像したわけですよ。

まぁ、この流れから言えば、そのような想像に至るのは、当たり前かな?と、思うのです。

が。

想像は、想像でしかないわけですよ。

どれだけ状況証拠のようなものがあったとしても、推察することは出来ても、それが事実であるとは限らない。
99%黒でも1%は分からないもんじゃないですか。

事実は小説より奇なり。って言葉があるように、どんな事実が潜んでいるかは、分からないわけですよね。

だからわたしはそのとき、「んーでも、もしかしたら・・」と、自分が「想像」することを、いくつか言ってみたりしたのですが、夫くんは、自分が想像していることの方が、「より正しい」と確信していて、あまり聞く耳をもってくれませんでした。
でもまぁ、もちろん、それが事実である可能性もあるわけで、そのときは、それ以上のことは言いませんでしたが。

で、結局、また数日たって蓋を開けてみると、単純に、担当者が急な仕事で海外に行ってしまっていたというだけのことで、また仕事の話は進められたわけです。


その何日か後。

先日の、息子の一件があったときの話になるんですが、そのとき、実はちょっとだけ夫くんと険悪になったんですよね。

どう対応していくべきかの話を夫くんとしていたとき、なんだか夫くんのやり方が、ちょっと強引に見えたので、それはちょっとどうかと思う。と、言うようなことを、わたしが言ったんですね。
パワーだけじゃないんじゃない?もっと老獪にしてみたらどう?と。

それに対して、夫くんは、かなりカチンときたようで、そっから一気に険悪ムードになりまして、あなたの言ってる事は抽象的すぎて分からない。もっと具体例で示してくれとか、強めの口調で言い出したので、言葉どおりなんだけど。と、返しましてね。

そのときは、裁判がどうのって話しになっていましてね。
夫くんが、「裁判にすれば、相手の情報開示を求めることが出来るんだ」と言うので、「裁判にしないと、情報開示を求められないの?」と聞くと「相手になんのメリットがある?自分のデメリットにしかならないことを、開示すると思うか?」というので「それは分からないんじゃない?情に訴えるとか、誠意とか、いろいろあるんじゃない?聞いてもいないのに、なんで無理だと決め付けて物事を進めるの?」と言ったんですよ。

要するにこれも「想像」の問題なんですよね。

夫くんは、相手にメリットが無いので、しかもデメリットにしかならないことだから、相手はNOと言うと想像して決め付けているわけですよ。
でも、わかんないじゃん。

想像っていうのは、いくつも思うことが出来るわけだから、もしかしたらこうかも、もしかしたらそうかもと、いろんな道を想定して、それで、はじめて事実と合致したところで、解決策をまた考えていくものだと思うんですよね。
初めから、この道一本と決めてかかるもんじゃないと思うんですよ。

相手がこう出てきたら、こうする。でも、もしもこっちだったら、そっちで対応する。
そういうもんじゃないの?
そのための、想像力なんじゃないの?と。

ひとつの想像に捕らわれすぎてしまうと、そこで、必要の無い困惑や怒りや悲しみや、逆に、必要以上の喜びなんかに惑わされてしまって、時間と感情を無駄に使うことになるように思うんですよね。

だって、結果はひとつしかないんだから。
それがあたるとか外れるとか自体にはあんまり意味が無いと思うんですよ。
そうだったら、どうするかってことが大事なわけで。
想像があたってるとかそういうのにこだわりたかったり、いつも最悪のケースばかり想像したがるのは、結局、自分がバカを見たく無いとか、失敗したくないって感じの、プライドなのかもしれないですよね。

まぁ、そんな感じのことを言うと、夫くんは、また怒って、あなたみたいに合理的じゃないんで。とか、いくつも想像してそれに対応していくってやり方は、エネルギーをとても使うので、僕には無理なんで!とか、言ってましたけど。
挙句の果てに「じゃぁ、あなたが全部やればいい!」とか捨て台詞まで言ってましたけど。

とりあえず、その場は、ゆっくりまた説明をして、さらに、「わたしたちが一枚岩にならないといけないのに、こんな風に争っている場合じゃないんじゃなぁい?」と言うと、黙りましたけど・・(笑


なんていうか。

分かるんですけどねぇ。

転ばぬ先の杖っていうか、いつも最悪の場合のことを考えて動いていないと、男の人は大変なのかもしれないな~と、思うし、そうやって、危険を察知する能力が無いと、特に仕事上では成功するのが難しいのもね。
だけど、ネガティブに考えすぎーとも思うんですよねぇ。

真実はいつもひとつ!ってコナン君が言ってるじゃない~。
そしてそれは、そのひとにしか分からないんですよ。

だからひとは、想像するわけですよね。
自分の経験以上に物事を想像することは難しいから、いつも困難だけど。

もしかしたら。と、想像することの先には、自分が思いつかない事実があるかもしれないんですよ。
想像だけで、ものごとを決め付けちゃいけないと思うの。

まぁ。
確かに、物事のなかには、想像、推定、推察して、進めないと、どうしようもない場合もあるのは知ってるけど。


結局、その話の後に「あぁ、わかった」とわたしが言って
「つまりあれだ。一番信頼できている想像の方向が、わたしとあなたは違うんだねぇ」と。

夫くんは、最初、何の事だか分からず「はぁ?」って顔をしてたけど。

「あなたは最悪のケースを想像して、わたしは最良のケースを想像しているんだね。」と。

だって、ひとを信じたいじゃない?
善意とかを信じたいじゃない?

「わたしはお人よしすぎるのかしらねぇ」と言うと、夫くんは「それがアナタだからね」と言うので、「そうだよね。それがわたしのいいところなんだよね?」と笑うと「自分で言うなよ」と笑った。


なんだ、結局、ひとつの想像に捕らわれていたのは、わたしも同じか。


気をつけないとねぇ。



このブログを読んで、また夫が不機嫌にならないことを祈る・・。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

サ・エ・ラ says...""
なんだか最近、怒涛の更新ラッシュですね(笑)
すごい・・・でも嬉しい♪d(´▽`)b♪

想像力。人によってすごく差がありそうですね。
私は、裏を読むことの苦手な単細胞だから、
想像力も貧困なんでしょうね・・・・
でも、やっぱり、女は最良のケースを信じていたいっていうのは、わかるな。
いやだもん、最初っから最悪のケースを想定して手を打つのは。
相手が人間なら特に。
だけど、それだとリスク高いもんね。。。。
一家の主は、それでは駄目なのかな。
でも、結局悪くないほうに転んだんなら、良かったですよね(お仕事の件)

今日は三重もいいお天気!!
お昼からでも、桜を見に行けるかな?
桜、それほど好きではないけど、
行かないと損した気になるのはなぜだろう??(^_^)
2012.04.08 12:06 | URL | #DDJALrL2 [edit]
mome says...">to サ・エ・ラさま"
ちょっと勢いづいてます(笑
でも、もともと結構、つれづれ書くことが好きなので、もっと勢いづく可能性もアリで。
ここ数ヶ月、書きたいことはいっぱいあったんだけど、書く前に文章を組み立てていただけで疲れちゃって、結局書くまでに至ってなかったんですよね。
その反動かも?

結構女は、図太く出来てるから、案外悪いことは考えないですよねぇ。
いや、男女差なのかな?個人差なのかな?どうなのかな~。
わたしは基本ネガティブな人間で、悪いことばっかり想像するタイプのはずなんですが、生活面ではそれがどうも消えるみたいで、なんとかなるよーの方が大きいみたい。
まぁ、みんなモザイクで出来てますからね、ぐちゃぐちゃするんですけど。

桜って、やっぱり日本人のDNAに組み込まれてるんですよ、きっと(笑
桜の花がスキかと聞かれれば、どうかなぁ?ってわたしも思うんだけど、見れば心が躍るんですよね~。
どんな花よりも、春の到来を感じさせてくれますしね^-^

今日は東京あったかいですよー。
お花見日和かもしれないですね。
2012.04.08 15:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/353-439a3c55
まとめteみた.【想像力】
これがまた、諸刃の刃で。最近、想像力というか、なんだろう、それに近いものに対して思うことが多々あって。ちょうど、1ヶ月くらい前?いや、2ヶ月くらい前?夫くんが、某グループと仕事の話を進めていたんですよね。それで、最初、とても相手方が乗り気で、「これは、う...
まとめteみた.【想像力】
これがまた、諸刃の刃で。最近、想像力というか、なんだろう、それに近いものに対して思うことが多々あって。ちょうど、1ヶ月くらい前?いや、2ヶ月くらい前?夫くんが、某グループと仕事の話を進めていたんですよね。それで、最初、とても相手方が乗り気で、「これは、う...
まとめteみた.【想像力】
これがまた、諸刃の刃で。最近、想像力というか、なんだろう、それに近いものに対して思うことが多々あって。ちょうど、1ヶ月くらい前?いや、2ヶ月くらい前?夫くんが、某グループと仕事の話を進めていたんですよね。それで、最初、とても相手方が乗り気で、「これは、う...