風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

タイムワープ

久しぶりの友達、まみちゃんに会った。

まみちゃんとわたしが出会ったのは、もう、ずいぶん昔、わたしが高校生の頃だから、30年近く前か。

姉がアルバイトをしていた、和菓子と洋菓子を扱うお店があって、ちょうどわたしが高校に入ったとき、姉の就職が決まって、アルバイトを辞めることになったので、その後釜にわたしを雇ってもらったのだけど、すこししてから、その店に、まみちゃんがアルバイトとして入ってきて、それからとっても仲良くしてもらっていた。

やり手の女店長は、他にもいくつか店舗を持っていて、アルバイトが行ったりきたりすることもあり、その当時のアルバイトたちはみんな仲良しで、一緒に海に行ったり、ボーリングに行ったり。
後に、会社を辞めた姉も出戻ってきたりして、わたしは、姉をはじめ、すこしばっかり年上のアルバイト仲間たちに連れられて、楽しい学生時代を送っていた。

それぞれが学生生活を終えたりして、アルバイト仲間ではなくなったけど、それからも結構長くみんなとは付き合っていた。

まみちゃんは、その仲間の中で、一番最初に結婚をした。
そして、一番最初に赤ちゃんを産んだ。

わたしは、自分の友達の中で、初めて生まれたその赤ちゃんが、とってもとっても可愛くて、ヒマさえあれば、まみちゃんの家に入り浸っていた。
みーちゃんと言う、ちいさなちいさな特別なかわいい女の子だった。

その後、わたしも結婚して、子どもを産んで、それからも、小さな景をつれては、まみちゃんの家に通ったりしていた。
当時のアルバイト仲間で、しょっちゅう集まっては一緒にケーキを食べたり、お互いの子どもたちを連れて遊園地に出かけたりもしていた。

それから縁があって、姉が、まみちゃんの旦那さんの従兄弟と結婚することになって、まみちゃんと姉は親戚になった。(ってことは、わたしとも遠縁?)

そして今日、親戚の法事があって、わたしのうちの近くでそれがあるというので、帰りに姉たちとまみちゃんと、その子どもたちが家に寄ってくれるということになった。

お互いに転居などがあって、もう、15年くらい会っていなかったので、嬉しくて、朝から張り切って用意を整えた(笑

時間が来て、家のチャイムがなり、姉と義兄と一番下の子が顔を見せ、続いて、懐かしいまみちゃんの顔が目に飛び込んできた。
「ひさしぶりぃぃぃ!」とお互いに、照れたような顔で笑って挨拶をして、ふと、まみちゃんの隣を見ると、とってもきれいなお嬢さんがにっこり笑って立っていた。

「やだ!みーちゃん?!!!」
やだは無いだろうと思ったけど、まず、それが口に出た。

あの小さかったみーちゃんが、こんなにきれいなお姉さんになってるなんて!!!

会ったら、ハグしちゃうかも!とか、頭をなでなでしちゃうかも!とか思ってたけど、とてもそんなことができる小さい子じゃない。
当たり前なんだけど、本当に当たり前なんだけど、感動と戸惑いと嬉しさと、なんだかすごく不思議な感情が渦巻いて、すごくドキドキした。

あー。
子どもにとっての15年ってすごいんだなぁ~!!

そりゃ、自分の子の15年前とかを思えば、想像はつくんだけど、15年の月日を飛び越えて、目の前に入ってきた現実の衝撃は、何時間か経った今でも、浮遊するような感覚が残る。

まみちゃんのふたりの子は、本当にふたりとも良い子で、素直さが際立っていて、「あぁ、さすがまみちゃん。良い子を育てたなぁ」って感心するばかりで、あっと言う間の1時間とすこしは、喋り足りないような、充分分かったような、それも不思議な感覚だった。

なんにせよ、こうして本当に久しぶりに会うことができて嬉しくて、そして、またきっとご縁が繋がっていくのだと思うと、きっとまた今年から良いことが起こるような気がする。

もう、すでに同じくらいの長さで、交流が途絶えている当時のアルバイト仲間にも、これをきっかけに連絡を取ってみようか。
マメな姉が、年賀状のやりとりだけはしていると言っていたから、住所を今度教えてもらって、わたしも年賀状を出してみようか。

今年は、そんな年になるのかもしれないなぁ。


そういえば、昨日の日記に書いた、夢に出てきた友達。
どうやらメールアドレスは変わっていなかったようで、今日、返事が来ていた。

「久しぶりに連絡してきたと思ったらそれかよ・・・くっそ吹いたわwwwww」
「お前のことなんてもう忘れたよ(真顔」とか書いてあった(笑
そのくせ、息子のことを気にかけてくれる文面があったりして、相変わらずの調子で書かれた返事に大笑いしてしまった。

嬉しいねぇ。

懐かしい友達って言うのは、なんていうか、自分の鎧が厚くなる感じっていうか。
暖かいもので、守られていくような感覚があるね。

ほんと、この10年、15年の間に、いろんなことがあったけど、たくさんのものを失ったり、変わったりしたような気がするんだけど、また、ひとつひとつ集めていこう。
種を撒いていこう。

わたしの中にも、春が来たかな?




若かりし頃のぷーちゃん。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

おなかの白さが若さの証。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

サ・エ・ラ says...""
おはようさんどす♪

わー、うらやましい!!
旧友て、宝物ですよね。それも年々、価値が増す・・・・
再会後も、お互いに昔と違った意味で忙しいから、
交流を続けていくのは大変かもしれないけれど、
やってみる価値ありますよね。
今年、そんな年になりそうなmomeさんが、うらやましいです。
真似してみようかな。
まずは夢見から・・・・?i-179
2012.04.02 08:49 | URL | #DDJALrL2 [edit]
mome says...">to サ・エ・ラさま"
おばんどすー(笑

ホント、古い友達って、なんていうのかな~。
自分が過ごしてきた時間とか、積み重ねみたいなものを実感できる存在ですよねぇ。
あー無駄に生きてないなーみたいな(笑

それに、そのときそのときに、自分なりにちゃんと向き合って付き合っていれば、何年経っても、昨日の友達みたいに、また繋がるんだな~と思うと、やっぱり嬉しいです^-^

うん、是非、サエラさんも、誰かの夢を見てメールでもしてみてください!(笑
思いがけない復活交流があるかも?

まぁ、もちろん、中には、「あ・・コイツとは連絡とりたくない!」って思う人も、いるかもだけどね(笑
2012.04.02 22:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/346-ef7b13fe