風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

バランス

3月になりました。
いよいよ春も近し。
なのに、ここ数日寒い日が続いて、切らしていた灯油も買い足しましたが、余ることなく使い切りそうです。

それでも、水道の蛇口をひねると、出てくる水が、心なしか、冷たさが緩んでいるような気がして、あぁ、もう、冬は終わるのかもと思えるようになりました。


昨日は、息子の通所施設の親の会の会合に出かけてきました。

面談の方が押していたので、暫く、他のお母さんたちと廊下でおしゃべりしていたんですが、そこで、4月から「○○ちゃんが入所するよー、来年はたぶん××ちゃんでしょ?次は誰がいたっけ?」なんて話をしてたんですよね。

うちは、世田谷区の施設なので、入所するお子さんも世田谷区在住で、その殆どが、同じ特別支援学校に通っていた後輩ですから、お母さんたちの繋がりも強いんですよね。

それと、景が通っている施設は、医療ケアのある子が優先的に入る施設なので(区内に医療ケアのある子を受け入れる施設は2箇所くらいしかないため)特別支援学校から、医療ケアのある子たちの会がありましたので、特に仲が良いようです。

うちの場合は、現在の所、夜間のみの呼吸器とたまに吸引程度なので、医療ケアが無い施設にも入所することはできたのですが、将来のことを考え、医療ケアが必要になる可能性が高いため、施設を変えるよりは最初から同じところが良いだろうと思い、現在の施設を希望して入所しました。
だから、特別支援学校の、医療ケアがある子たちのための会には、所属していなかったんですよね。

そこで、4月から入所されるお子さんのお母様の話になって、「とにかく、週に4日も通わせてもらえるなんて、もう、それだけで嬉しくて!」と、言っていると。
「バスに乗せて、バイバイするのが夢だった。それが叶う!」ととても喜んでいるとのこと。

あれなんですよ。
医療ケアのあるお子さんたちは、たとえ特別支援学校だったとしても、親の付き添いを要請されるんですね。
なので、そのお母様含め、医療ケアのあるお子さんを持っているお母さん方は、毎日、毎日、何年も子どもと一緒に学校に通い続けてきたんです。

子どもと一緒に登校し、子どもを教室に預けた後、保護者控え室に行き、吸引などの呼び出しがあれば教室に向かい処置をして、また、保護者控え室に戻り、授業が終わると、子どもを連れて家に帰る。
そんな毎日を過ごされていたわけです。
吸引という、痰をひく機械は、医療従事者と保護者しか扱ってはいけないことになっているためです。

しかし、通所施設に通うようになれば、そこには看護士さんがいますから、吸引を行ってもらえるので、付き添いの必要がなくなるんです。

だから、子どもを通所のバスに乗せ、「バイバイ。いってらっしゃい」と送り出すことができるようになるのです。

「バイバイって送り出すのが夢だった」という言葉を聞いて、涙がポロっとこぼれました。

こうやって、もう何年も大変な思いをしてきたひとたちがいる。そう思うと、自分だけじゃない、むしろ、自分なんてそのひとたちに比べたら、大変でもなんでもない、なんて贅沢を言っていたんだろうと思えました。

そういえば、景のお友達のMSちゃん。
彼女のお母さんが言っていたっけ。
「毎朝、4時に寝て、5時に起きるのよ」と。

それを聞いていたクラスのみんなは、とっても驚いて「いつ寝てるの?!」と言ったのだけど、MSちゃんのお母さんは笑って、「15分とか、時々、机につっぷして寝るのよ」と。
MSちゃんのお母さんも、毎日、毎日、学校に通ってきていたひとりでした。

うちの場合も、夜中に何度も息子の寝返りがあるので、細切れにしか眠ることは出来ませんが、それでも合計時間にすれば、4,5時間は眠れているんだと思うんですよね。
まぁ、若い頃は、まったく気になりませんでしたが(もともと、睡眠時間が少ないほうなので)さすがにこのごろは堪えてきていますが、それでも、眠れている方だよなぁと。

そんなことを思いながら、親の会を終え、自宅に戻る車の中で、自分は情けないなぁ・・と感じていたんですが、ふと、「でも、誰かと比べることに意味ってあるんだろうか・・?」とも思ったんですよね。

誰かに比べて、自分は恵まれているのだからとか、逆に、誰かよりもずっと大変なんだからとか。

楽しい事も、辛いことも、幸、不幸も、他人と比べることではないんじゃないかなぁと。

それで、深夜に帰宅した夫に、その話をして、あなたはどう思う?と聞いてみると、「そんなの当たり前」って顔をしながら「上を見ても、下を見ても、キリが無いってことだろ?」と。

「絶対的でもあるし相対的でもある、そのどちらに傾きすぎてもダメで、そのバランスを自分で見つけてとっていくのが知性だろう?」と。

そうだねぇ・・。
良いとこ取りで、考えていこうかなぁ・・。

しかし、さすがに疲れているっぽいわたしを見かねてか、夫が「もうさ、本当に割り切って、2週間くらい景をどこかに預けて休むって言うのもありなんだよ?」と夫が言う。
でもなー。
やっぱりなー。
イヤなんだよなぁ・・。そういうのも。なんか、景がかわいそうで。

それに、「それは、一時的な解決にはなるかもしれないけど、根本的な解決にはならないよね?」というと
「根本的な解決なんてないだろ?」というので
「いやたとえば、何か、意識改革とか・・」
「なんだよ、洗脳でもされるつもりか(笑」

いや、そうじゃなくて、あれ?そうなのかな?(笑
なんかこう、劇的な変化をもたらすような考え方が欲しいと言うか、精神を鍛錬する方法を知りたいというか、うぅーん。

「でもね、根本的な解決にはならないかもしれないけど、句読点にはなるだろう?そういう句読点を繰り返しながら、乗り越えて、続けていくしかないんじゃないの?」と。

句読点かぁ。

まぁ、わたしにだけじゃなく、夫にもきっと、その句読点は必要なんだろうなと思う。

夫は、わたしより、ずーーーっと我慢強くて、睡眠中に騒がれる以外のことでは、殆ど怒ることもない。
さすがに、睡眠中に、ぐずられたり、いきなり大きな声を出されたりするのはしんどいみたいで、時々怒るけど。
でも、息子のケアは、本当によくするひとで、それに関しては、文句ひとつ言ったのを観たことも聞いたことも無い。
出来たひとだなぁ・・と思う。

ただ、甘やかしすぎが難点で、甘やかして、甘やかして、ベタベタなくせに、「甘やかし足りない」とか言う。
でも、あんまり甘やかすので、景がパパの言うことをちっとも聞かなくなったのも事実で、そんなときばっかり、「鬼母」に「ちょっと叱ってきてよ・・」と、頼るもんだから、わたしは、割が合わないけど・・。

でも、やっぱり、夫もそうとうなストレスを抱えていることも事実なんだと思う。
もちろん、タキをなくしてしまったことと、仕事のことがその殆どだけど、それで心の余裕が、少し足りなくなってきているんじゃないかなって、感じることがある。

実際、このごろ夫も体調が優れなくて、この2ヶ月くらい、頭が痛いと言っていて、先日MRIを撮ったのだけど、異常は無くて、結局、「頭皮神経痛」と診断された。
原因は、やっぱりストレスらしい。
それから、インフルエンザの後、よく、胸焼けから吐くようになった。
残っている咳も原因のひとつなんだと思うけど、もともと、咳喘息があるし。
あと、疑っているのは、逆流性胃腸炎。これもストレスが原因なんだよねぇ。

なんか・・。

夫もそんな状態なのに、わたしも一緒に沈んでる場合じゃないよなぁ。


毎日ね、一緒にソファに座って、TVを観ていると、夫がわたしの頭を、撫でてくれる。
布団に入っても、わたしがため息をつくと、頭をそっと撫でてくれる。

わたしも、夫の頭を撫でてあげないとね。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

tomotan says...""
Momeさん、やっぱり疲れてるみたいだけど、だいじょうぶ? 夫さんもストレス溜まってるんだね、心配です。
細切れ睡眠、胸が痛みます。
だって子育ての間だけでも大変じゃないですか?普通は2年くらいで、やっと「まとめて眠れる~」って。 それが20年。 本当に大変なことですよ。
プチ家出いいねえ~自分のために時間を使うって大事なことだと思う! リラックスしてね~!
2012.03.02 12:47 | URL | #- [edit]
mome says...">to tomotanさま"
心配かけてごめんね!
でも、大丈夫。
こうやって吐き出したりしながら、気持ちを整理していくことが出来ているし、疲れてるって自覚もできたしね^-^

そうなんだよねー!
子どもが赤ちゃんのころって、みんな同じに真夜中に何度も何度もおこされてね(笑
まさにあんな感じが、続いて20年か。たしかにそりゃ長いわ!
疲れて当たり前なんだ。って思えたから、じゃぁ、次は休む方法を考えないとね、ってシフトできる。

プチ家出も、すごく良いんだけど、家族&夫依存症だから、離れるのも寂しいのよ・・(笑
猫に会えないのもイヤだし!
ん・・・猫連れの家出なら、アリかも?(笑
2012.03.02 16:06 | URL | #- [edit]
さとさと says...""
えー、momeさんのご主人 頭なでてくれるの?
なんか、羨ましい…(^_^;)
私は多分、ファザコンだからそういう事
いいなぁと思っちゃう
momeさんの事をよく見てるんですね~
世の旦那達は妻の髪形の変化も気付かない人も
居るっていうじゃないですか!?
スキンシップが自然に出来るって素敵ですよ
ウチも見習わなきゃな~っていうか
旦那に聞かせたいわ。
2012.03.06 02:26 | URL | #- [edit]
mome says...">to さとさとさま"
わたしもファザコンです!(笑
ちっちゃい頃から、年上の男性が好きで、小学生の頃は、五木ひろしさんのファンでした・・・。
今でも、三国連太郎さんが大好きです。
わたし、渋すぎる。

うちは、夫が9歳も年上なんですよ。
だから、半分おとうさんみたいなものなのかなぁ?
何かほめてもらいたいことをしたり、元気が無いときは、自分から「よしよしして!」と、頭を差し出します。
これは、子どもたちにも受け継がれたようで、息子も「よしよしして!」とよく言います(笑
さとさとさんも、ご主人からしてくれないのなら、是非、自分から、「よしよしして!」と頭を差し出してみたらどうでしょう?(笑
そのうち、癖になって、ご主人からしてくれるかもですヨ^-^
2012.03.06 17:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/328-c44c6734