風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

苦手だったBGM

わたしは「音」に「弱い」。
この場合の「弱い」は、「苦手」の意味の弱い。

音楽は嫌いじゃないけど、疎い。
小さいころに、エレクトーンを習っていたにも関わらず、音符ひとつ読めないし、音の良さとかもわかんないし、楽器を見ても、それが何なのかもわかんないし(はっきり分かるのはピアノくらいか?)歌わせれば音痴だし。

そもそも、BGMというのが本当にダメで、何かをしている最中に音楽を聴くとか、音楽を聴いているときに、何かをするとか、(同じか!)そういうことが、まったく理解できなかった。

音楽を聴いているときは、きちんと?音楽を聴いていないとダメで、それは本を読むのと同じようなもので、本を読みながら掃除をしたり出来ないのと一緒というか。

しかし、うちの夫は、音楽がとても好きで、付き合い始めた頃から、彼の部屋に行くと、何かしらの「音」があって、わたしは、とてもそれが苦痛だった。
しかも、大きな音で聴くんだよ。
無理。ムリムリムリ。

だけど、夫と付き合うようになって、少しずつ「音」のある暮らしに慣れていって、たとえばドライブに行くときに、車の中で聴くミュージックを楽しみにチョイスしたりも出来るようになって、本当に少しずつだけど、BGMに何かあっても大丈夫になってきた。

今では、掃除の最中に何か好きな音楽を聴いたり、パソコンをしながらでも、好きな音楽を聴いていられるようになった。
でも、ボリュームはまだそんなに大きくないんだと思う。
だって、時々、夫の部屋から聞こえる「音」が、まだ、少し煩わしいもの。

あれだな。絶対無音感。みたいなものが、きっとわたしには備わっている。と、思う。
特に生活音が苦手で、ひとのたてる物音は、殆ど騒音に聞こえる。
これがもし、わたしに、絶対音感みたいなものがあったのなら、世の中きっと楽しい音にあふれているんじゃないかな~と想像したりする。

そんなわたしでも、この世で一番大好きな音がある。

それは、猫の喉を鳴らす音。

「幸せの音、聞かせて」と言って、ポロやニケやぷーちゃんのお腹に耳を当てると、大抵、心地よく、ゴロゴロと音を鳴らしてくれる。

幸せに包まれる。



さて、今日はテンションが異常に低い。

今日は、娘の大事な試験の日だったので、そして、雪が降ると聞いていたので、朝、起こしてあげようと思い、目覚ましのアラームを6時と、6時20分と、7時にセットしておいた。

でも、目が覚めたのは8時半。
息子の通う通所施設からの電話の音で目が覚めた。

しかし、電話が鳴っているけれど起き上がることが出来ず、結局夫が電話に出て、今日の通所の確認をしていた模様。
とにかく、今朝は目が開かなかった。

夫が「やばいよ、もう、8時半だよ」と言い、その後、カーテンを開けて「うわ、すごいよ!雪!」と言って、「雪が見たい」と思ったけれど、目は開かないし、体も動かなかった。
それで、「起きれない・・・」と言うと、夫が、「いいよ、寝てな」と言ってくれたので、そのまま布団の中で、どうにかして体を動かすことができないか、もぞもぞとしていた。

夫は息子を起こして、海苔の佃煮が食べたいという息子に従って、ご飯に海苔をのせて食べさせているようだった。
今朝は、カジキマグロを焼こうと思っていて、用意してあったのだけど、朝ごはんすら作れなかった。

それから少しして、やっとのことで起き上がることが出来て、リビングに出て行き、猫たちに朝ごはんをあげた。
「だいじょうぶ?」と夫。
「うん。たぶん。なんとか」と答え、とりあえず朝のコーヒーを淹れ、息子の支度を手伝った。

窓の外はすごい雪で、雪は大好きなので、いつもなら、もっとテンションがあがって、息子を送り出したら、ちょっとカメラを持って散歩にでも行こう!と思うのだけど、どうにもそんな気分になれず、とにかく出来ることだけして、あとは煙草をふかしていた。

実は、月曜日から2泊の予定で、息子はショートステイに行っていたのだけど、昨日の夕方、ショートステイの看護士さんから電話があって、月曜日から頭痛を訴えていることと、殆ど食事をしないということ、それから水分も摂取していなく、本人も体がだるいといっていると。
そりゃ、食べたり飲んだりしなければ、体もだるくなるわな・・と、思ったけれど、本当に体調が悪いのかもしれないし、夕飯の様子を見て、食べなければまた電話くださいと言って、電話を切ってあった。

そしてやっぱりの予想通り、夕飯も食べなかったと電話があって、お迎えに行くことになり、荷物が多いので娘に手伝ってもらうつもりで一緒にショートステイまでお迎えに行ってきたのが昨夜。

顔を見ると、こちらも予想通りで、元気な顔をしている(母にはわかる)。

つまりあれ。
息子は本当に「おうち」が大好きで、ショートステイは好きじゃない。
どうしようもない理由、たとえばパパの出張だとか、そういったときは、我慢してお泊りしてくれるのだけど、実は月曜日も夫の出張予定だったのだけど、急遽取りやめになって、「出張無くなった」という台詞を、息子は出かける前に聞いていたのだ。
「あ、息子の前で言うなよ・・」と思ったのだけど、遅かった。

やっぱり息子はそれを聞いていて、なんとかぐずれば、家に帰れる。と踏んでいたわけだ。
そして、それはまんまと成功して、昨夜のお迎えになった。

「景ちゃんは、ひとの様子を見るのが得意だもんねぇ。そのへんのスキル高いよね」とは娘の台詞。
そうなんだよねぇ。
何をどうすれば、相手が心配してくれるかとか、そういうことが、もう本能で分かっている。

結局、夫も早く帰ってくることになったし、息子も帰ってくることになったしで、娘の分の夕飯しか用意していなかったので、お弁当を買って帰ることにした。

息子は帰宅後、お弁当をペロリとたいらげて、紅茶も、ごくごくと800cc飲んだ。
お迎えに行くまで、「昨日から殆ど食べなくて、今日はまだ、紅茶を300ccしか摂取していないんです」と看護士さんが心配そうに電話をくれていたのだけどね、わかっていたよ。こうなるってことは。

息子のいわゆる「ズル休み」に翻弄されて、昨日はなんだか疲れて眠りについた。

あ、そうか。

わたし、疲れてるんだ。と、今朝、やっとはっきり自覚した。

先日からの、イライラするんだよね。と、気持ちがブルーなのは、なんだそうか、単純にお疲れのせいだったのか。

朝、夫に「疲れた」というと、「どうして欲しい?」と聞くので、「家出したい」と言った。

って言うかさ。
わたしの望みなんて、本当にささやかなものだよ。

帰宅時間を気にしないで買い物したり、お茶に出かけたり、眠いなと思ったときに眠ったり、寒いなと思ったときにお風呂に浸かったり。
そんなもんなんだよ。
そして、そんなことすら、自由に出来ないんだよ。
そう思うと、哀しくなってきた。

夫が、「いいよ、土日、オレが全部やるから、家出してきていいよ」と言ったので、半分気が済んだ。
そういうもんだ。
言えば、そして、それを許してもらえれば、それだけで半分は気が済むものなんだ。
実際わたしは、土日に家出しないだろう。
だって、土曜日はお雛様だから。
毎年作る、海鮮ちらしをつくらなくては。
息子も娘も大好きで楽しみにしていてくれてるからね。

毎日なんて、こんなふうにして、続いていくもんなんだよ。

今日は久しぶりにヘルパーさんが来るから、これから掃除をしなくては。
そう思って、今、少しテンションを戻しているところ。

音楽を聴いている。
苦手だったBGMを。
今は、テンションを高めるために、少し必要なものになった。

わたしは音楽の趣味の幅がすごく狭いので、好きなミュージシャンはすごく少ない。
だけど、いちど「良い」と思うと、とてもとても好きになる。
2,3年に1度、出会いみたいなもんがある。

去年、出会ったのは、<MAN WITH A MISSION>
深夜のTVでPVを観て、音楽を聴いて、すぐに好きになった。
CDをレンタルしてきて聴いてみると、とってもかっこよくて、もっと好きになった。

今も、MAN WITH A MISSIONを聴いている。
ヘビーローテーション。もう朝からファーストアルバムを3順目。
そろそろ掃除が出来るかな?

かっこいいよー。
一度、聴いてみて!



関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

yokoblueplanet says..."家出"
こんばんは。
そうなんですよね、何でも無いことがとっても大切で。。。
ご主人が「いいよ」って言ってくれたら、何回かに1回はプチ家出をさせて貰うのも精神衛生上有効かもです!
お大事に!
2012.03.01 00:02 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
そうなんですよ~。
毎日、本当に些細な予定だとか、約束だとか、そういったものたちに未練を感じる限り、続けていけるものなんだなぁって思います。

たまには、どこかで割り切るというか、思い切った処置をするのも必要だよなーと思うのですが、なんだかんだ寂しがりやなので、プチ家出がうまくいくか不安です(笑
2012.03.02 10:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/327-0cfffb5e