風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

脳内ニューヨーク

昨夜、夫くんと、J-comのオン・デマンドで<脳内ニューヨーク>を観た。

夫くんが、「これ、ちょっと観てみたいんだよね」というので「どんな映画?」と聞いてみると、映画の紹介を読み上げてくれた。

いわく。
「妻子に出て行かれた病を持つ舞台演出家が高名な賞を取って、その賞金を元に、脳内のニューヨークを作り上げていく映画」だとか。

で。
「なるほど。つまり、ちょっと不条理な奇想天外コメディ映画なのね」と思ったわけなのだけど。

ちょっと違った。

不条理で奇想天外なことは、確かなんだけど、そして、ところどころ、ハハハと笑えることも事実なんだけど、コメディ映画のジャンルには入らないなぁ。コレ。
どちらかというと、シリアスのほうに入れてもよさそうな。

観る人を選ぶ映画だと思う。
好みははっきりと分かれるんじゃないかなぁ。

正直、わたしには、やや理解することが難しくて、「え?なに?結局夢落ち?」と思ったのだけど、他の方のブログや映画評を見る限りでは、どうやら監督さんは「夢の話ではない」と夢落ちを否定しているっぽいし。
んじゃぁ、なんだ?(笑

現実(と、思われること)と、想像と、妄想と、演劇とがごちゃまぜになって、でもひとつで。
恐ろしいほどの速さで進む時間軸が、これがまたあいまいで、観ているこちらは、追いつくのが精一杯。

現実と妄想の境界線がなし崩しになるだけなら、いままでいくらでもあったし、それは理解しやすい映画のひとつだと思うんだけど。
そこに、時間が加わったのが、この映画の難点な気がする。

でも、でもね。
嫌いじゃないんだな。

かといって、好きとも違うんだな。

こっちもごちゃ混ぜになってきちゃったよ(笑

<脳内ニューヨーク>これは邦題だけど、うまいことつけたんじゃないかなぁ。
ひとの脳内って、そんな感じになってるものね。

ちなみに本タイトルは<Synecdoche, New York>だそうだ。
Synecdocheなんて単語、はじめて知ったよ(笑

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

カズペコ says..."はじめましてこんにちは"
はじめまして  訪問者リストあしあとを見て
こちらに来て見ました。
私は只今わけあって療養中ですが、
今は病状もよく普通に生活してます。
またちょくちょく訪問させていただきますので
こちらにも覗きにきてください。
よろしく
2010.10.25 09:21 | URL | #- [edit]
mome says...">to カズペコさま"
はじめまして。
ご来訪いただいて、ありがとうございます^^

日記、拝読させていただきました。
療養中とのことで、大変かと思いますが、ゆっくりやっていきましょう~。
毎日のお食事に、たいへん気を使われているのを見て、すごいなぁと感心いたしました。

わたしも、もうちょっと気を使わないと!
2010.10.25 09:49 | URL | #195Lvy4Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/27-4fe7351f