風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

掌蹠膿疱症

例の疾患。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)。
絶賛活動中です!

何ヶ月前でしたっけ、掌蹠膿疱症のことを記事にしたのは。
あれから、ビオチンを処方してもらったり、頂いたローションを塗ったりして過ごしていましたが、まったく良くならなくて、相変わらず、手足(特に足)は、ボロボロです。

掌蹠膿疱症って、こうやって、手足の「皮膚」に症状が出るので、皮膚疾患と思われがちなんですが、実は、ちょっと違うらしいです。

簡単に言えば、体のどこかに病気の原因となる物事があって、それが原因で、皮膚に症状が出てくる。ってことなので、たとえば、手湿疹とかみたいに、塗り薬を塗れば良くなる。と、いう病気ではないんですね。
もちろん、保湿したり、掌蹠膿疱症が出ている部分は炎症を起こしていますから、それを鎮めたりするために、塗り薬は効果があるんですけど。

しかし、掌蹠膿疱症のやっかいなところは、その「原因」がどこにあるのかが、まだよくわからない。と、いうことなんですね。

たとえば、金属アレルギー説。これは、歯科治療などで金属を使って、それが原因で掌蹠膿疱症になるというもの。
あと、ビオチン不足説。これは、腸内のビオチンが不足して、それが原因で掌蹠膿疱症になるというもの。
他にも、虫歯だとか、喫煙だとか、免疫機能だとか、いろんな説があるようです。

わたしが思うに。
きっと、そのどれもが正しいんじゃないのかなぁ?と。
きっと、アレルギー由来の掌蹠膿疱症のひともいるし、ビオチン不足由来の掌蹠膿疱症のひともいるし・・って感じで。
だから、自分の掌蹠膿疱症が、どれが原因なのか探る必要があるんじゃないのかな~と。
(もしかしたら、総合的なケースもあるだろうし)

でもまぁ、とりあえず、わたしの場合は、複合のような気がするし、前回、漢方で治療したときの効果が良かったのもあって、もう一回、ちゃんと、漢方を飲もうということになりました。

基本、漢方の考え方は、対処療法ではなくて、その人の体を「正常」に近づけるように体を治していくことだと思うので、外因(喫煙とかね)じゃないかぎり、良い結果が生まれるんじゃないかなと。


そんなわけで、昨日は、お昼に息子の病院へ行き、入院の予定を組んだ後、夫くんと吉祥寺の「東西薬局」に行ってきました。

久しぶりに訪れるので、なんだか、怒られるんじゃないかな・・と、ドキドキしながら・・(笑

まぁもちろん、先生はいつも優しくて、怒られるようなことはなかったのですが、前回までのカルテと、舌診などをしながら、漢方を処方してもらいました。

先生と話をしながら、ダイエットもしているんですと告げ、「先生、何かダイエットをサポートする漢方はないですか?あったら、試したいんですけど」と言うと、「うん、あるよ。じゃぁ、お茶がいいかな」と、脂肪を溶かすお茶も処方してもらってきました。

しかし、そのお茶が高かった!(笑
180包で、1万円(1回2包、毎食直前に飲むので、1か月分)
漢方が1万7千円くらいで、あと、UVケアのスプレーだとか、保湿クリームだとかを買って、結局お値段3万3千円ちょっと・・・。

支払い担当の夫くんを、おそるおそる見ると「やれやれ」と言った感じで苦笑い・・(笑

薬局を出た後、「ご・・ごめんね、もうお茶はこれっきりにするね!」というと、笑いながら「まぁ、効果があるならまた続ければいいじゃない」と。

で、そのお茶、「三爽茶」と言うんですが、とりあえず、夕飯前に飲んで見ることに(っていうか、毎食飲まないとダメ!笑)
まず、袋を開けて、においを嗅ぎます。

なんか、甘いような匂いがします。

う・・苦手系の匂い・・・。

わたしは、まず、粉薬がダメ。
それと、苦い味がダメ。
さらに、お茶があまり好きではない。


じゃぁ、なんで、ダイエットティーとか買っちゃうのかしら。


まぁ、それはおいといて・・・。
気づかない方向で・・。

お茶にして飲んでも良いし、そのまま、粉薬みたいに飲んでも良いよ、と、先生が言っていたので、まず、1包を、粉薬の要領で飲んでみました。


にがい・・にがいよーーーーーーー!


うおうおぅおぅお・・。

半泣きのわたしに、家族が「お湯で溶いてみたら?」と。
そうだね、苦味が薄れるかもね。そう思い、もう1包は、お茶にして飲んでみました。


あー・・・これなら・・なんとか・・・・。

普段から、ハーブティや、ウーロン茶を飲んでいる人なら、問題なく飲める味だと思います。
でも、普段から、お茶を飲まないわたしには、ちょっとにがまずかった・・。

おこちゃまでごめんなさい。

しかし、これ2杯飲むのはつらいなぁ・・・毎食だしなぁ・・うぅぅ。
でも、1万円したしなぁ・・飲まないとなぁ・・・・。うぅぅ。


これで、ダイエット効果が見られなかったら、本気で泣く!

とりあえず、この夏は、本気ダイエットと、掌蹠膿疱症の治療をがんばります!

まぁ、掌蹠膿疱症に関しては、3年くらいが目安といわれたので、地道にコツコツね。

吉祥寺東西薬局HP
http://www.tozai-yakkyoku.com/kichi.htm

猪越先生は、名医だと思いますよ。
昨日も、たくさんの相談の方が見えていました。
特に、女性が多かったですね、婦人系の漢方にも強いようです。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/251-5bc0432e