風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

良いニュースと悪いニュース【追記あり】

まずは、「とりあえず」の、良いニュースから。

【20キロ圏ペット救出へ 犬だけで5800匹、安否は…】

福島第一原発から半径20キロ以内の「警戒区域」への一時帰宅が10日から始まる。これを受け、環境省と福島県は区域内に残されたペットの救出に乗り出す。一時帰宅した際にペットを玄関先につないでおくなどしてもらい、11日以降に県職員らが連れ出しに行く。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105090621.html

環境省によると、原則として「犬と猫」を対象としているとのこと。
飼い主が避難所などで引き取れない場合の預かり先は、県のシェルターで、無料で預かってもらえるという。

とりあえず、置き去りにするという最悪のパターンは免れたようです。
しかしまだ、他のペットや家畜についての課題は残されたままです。
悠長なことは言っていられません。一刻も早く解決策を!

警戒区域に指定されてから2週間。
どうか命が繋がっていることを、心から祈ります。

しかしね。
動物の救済については、いろいろと賛否があるじゃないですか。

人間優先だとか、税金を使ってペットをなんてとんでもないとか。
わたしは、個人的に、このような意見に不快感を覚えますが、それでも、言う人が、思う人がいるのは事実。

だからね、やっぱり、NPOやボランティアの力を借りるのが良いと思うんですよ。
行政と協力する形でね。
その辺りも柔軟に対応してもらいたいなぁ。



さて、そして悪いニュース。

【航空機計測もとに「地表汚染マップ」 日米共同で製作】

文部科学省は6日、福島第一原発から80キロ圏内の地表の汚染マップを初めて公表した。米エネルギー省と協力し、航空機を使って、地表1~2キロ四方で放射性物質の蓄積量を測って作った。原発から北西方向を中心に避難区域外の一部でも、高レベルの汚染地域が見つかった。

http://www.asahi.com/national/update/0506/TKY201105060286.html

調査は4月の6日から29日の間に行われたそうです。

こちらのpdfを見ていただくと、より分かりますが、地表面への蓄積量が酷いことになっています。
pdf


昨日、この表を見て、あまりにもショックで、ブログを書くことすら出来ませんでした。

これも、アメリカのエネルギー省と合同で。と、言うことだったので、発表されましたが、たぶん、文部科学省だけなら、隠し通していたんじゃないかなぁ・・。
しかも、これだけのニュースなのに、TVでは、今のところ報じられていないように思います。

チェルノブイリを超えた。チェル最高148~370万、福島300~3,000万ベクレル。8日の共同会見で認める。(会見テキスト起こし付き)
http://www.monipo.net/blog/x/osenmap-110509/

これだけ汚染された土地に、ひとが、しかも子どもたちまでもが、残されている地区がある。
政府は、計画避難準備などと悠長なことを言っていないで、即時対応するべきです。

一部、わたしから見たら、「ちょっと頭がおかしいの?」と思われる、「学者」を名乗るひとたちが、公園の砂場で遊んでも大丈夫、妊婦さんもどんどん出かけてください、たくさん牛乳飲んでね!とか、裸で歩いても大丈夫!マスクなんてする必要なし!などと言っていますが、その方たちは、この表を見ても同じことが言えるのかなぁ・・。

「チェルノブイリとは違います」

そうですね。明らかに違いますね。

もっと酷い。

しかもまだ、放射能漏れは継続中です。


【追記】

先ほど、テレビで一時帰宅のニュースを取り上げていました。
保護された犬や猫も十数匹居たそうですが、家畜に関しては、やはり、現状、動きはありません。

そして、他の地区の一時帰宅が、「早ければ」今月中にでも。と言う報道でした。
早ければ・・・って・・・。

朝、夫に、「ペットの保護をすることが決まったって、環境省と福島県がシェルターに保護するんだって!」と喜んで伝えたとき、夫は不可解な顔をしながら、「場所、足りるの?」と言ったんですね。
なので、そのときは、きっと足りるだけの場所を用意しているんだろうな・・と思い、でも、「NPOやボランティアと協力してやれば、もっといいのにね。なんでやらないんだろうね」と答えたのでした。

しかし。
早ければ今月中にでも。というニュースを聞いて・・・。
つまり、警戒区域になってから、1ヶ月以上、動物たちは放置されるわけで・・。

きっと、その間にも、死んでしまう子たちがいるわけで・・・。

なんか。

シェルターの用意がどれくらいあるのだろうか・・と、恐い考えが頭をよぎりました・・・。


助けるつもりなんて、本当は、ほとんど無いのでは?と。


自分たちで出来ないなら、助けを求めて欲しい。
ペットの救出に、NPOやボランティアを入れて欲しい。
なぜ、それすら許されないのか・・・。


いつもいつも。
良いニュースと見せかけて、その実態がついてこない。

今、消えていく命があるというのに・・・。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

norori* says...""
良いニュース、、、
でも、置き去りにされてからだいぶ日が経っています。
もう、対応が遅過ぎる!!
受け入れ態勢とか色々あるかと思うけど、相手は命あるもの。
どうか、みんな無事でありますように・・・

悪いニュース、、、
チェルノブイリむっちゃ超えてますやん!!!
何もかもが遅過ぎる~~
本当、信じられないですね。
2011.05.10 16:30 | URL | #- [edit]
mome says..."Re: タイトルなし"
本当にね・・。
今日も、一時帰宅のニュースを読んでいて、自宅に残されたペットのために、ペットフードを持っていくという人がいて、「いてくれればいいけど・・」と言っていたのを読んで、どんな気持ちかと思うと、涙が出てきました。
もっと早く、もっと寛大に対処していたら、もしかしたら助かったかもしれない子が、もっともっと多かったはずなんですよね。

土壌の汚染はもう、ハンパ無いって感じですね。
これで、どのくらいの、内部被爆になるのか、研究者の方は、研究を急いで欲しい。
そして同時に、きちんとした危機管理の下、すぐにでも子どもたちを避難させて欲しい・・・。

癌になるとかならないとか、その確率がどうのとか、そういう問題ではないの。
そのひとの、これからの人生の問題なの。
明らかな症状が出なくても、不安を解消したいのなら、「安全です」とか「大丈夫です」とかじゃなく、遠ざけてあげないと。
もたもたしている政府と自治体に、本当にいらっとします。
2011.05.10 18:49 | URL | #- [edit]
Tomotan says..."ありゃ!!"
おはようございます。

あ~あ、やっぱりこんな(おち)がついてたあ。
昨日喜んでブログアップして、Momeさんからのコメントを読んであわててきました。

今月中って、、もう。 がっくし。 でもがっくりしてる時間はないかな、、こっちのメディアにも嘆願書送ります。 誰かYouTubeも作っていたと思うので、調べてみます。 はふ~ですね、、。
2011.05.11 01:20 | URL | #- [edit]
yokoblueplanet says..."今日になってやっと。。。"
おはようございます。
今日になってやっと妊婦や子どもを避難させると云うニュースになっていましたね。言葉がありません。
3号基の温度が300度を超えています。あの3月の爆発はやはり大変な爆発だったのです、推測通りの。
山田さんの原発暴走阻止のグループに、小出先生も入っています。情報公開、生のママを出すべきです。
今のままではいつまで経っても堂々巡りで、螺旋状に落ちるばかりです。何も知らない子どもや動植物まで犠牲にして。
私の方でも、この情報強調してアップするようにします。
2011.05.11 02:20 | URL | #- [edit]
mome says...">to tomotanさま"
うえーん。tomotanさん~~><
本当にひどい。
なんでこんなことばっかりするんだろう・・・。

朝、TVで、一時帰宅のことをやっていて、おうちに帰ったら猫ちゃんが生きていたんですけど、そのおうちのひとは、親戚のお宅にお世話になっているとかで、連れて帰れないって。
だから、たくさんごはんをあげて、「がんばってね」ってさよならしたんです。

ちゃんとさ、一時帰宅の際のペットの保護についての説明はされているのかな?
それは、どんな内容なのかな?
もしかして、いずれ引き取ることが出来るということを条件にしてるんじゃないのかな?
里親を探すとか、そういうケアまでしてないんじゃない??

自分で出来ないのなら、なんでひとに頼まないのかな?

もう、酷すぎて話にならない!

くそ政府。
地獄に落ちろ!!!
2011.05.11 15:30 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
避難のニュースは、読みはぐってました。
ちょっとニュースを検索してみますね。

しかし、これもう、先月のデータですからね。ほんと、今になってなんて対応が遅すぎる・・。
これだけ人間のことも考えない政府ですものね・・。動物なんてゆめのまた夢なのか。

小出先生の件は、ツイッターで知りました。
山田さんのプロジェクトも、まだまだ難しい問題はたくさんあるようですが、うまく運ぶことを祈っています。

しかし、本当に・・絶望的なデータですね・・。
福島第一原発からは、毎日毎日、白い煙がもうもうと上がっています。
工程表の見直しもきっとするのでしょうし、まだまだ全然事態は収束してないっていうのに、大勢の方がのんきすぎて、胸が痛いです。
2011.05.11 15:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/212-6d13b40a