風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

三原順先生の

三原順先生の作品「Die Energie 5.2☆11.8」(花とゆめCOMICS『夕暮れの旅』所収) の1ページ。

http://twitpic.com/4q0olh

今、ツイッターなどで話題になっているようです。

82年の掲載作品だそうです。
やはり、偉大すぎる漫画家さんでした。



三原順先生。
大好きでした。

「はみだしっ子」が特に好きな作品で、今でも時々読み返します。
中でも、グレアムが大好きでした。

はみだしっ子グレアム

グレアム。かっこよかったなぁ・・・。
そして、なんかもう、哀しくて、好きだったなぁ・・。
陰影礼賛っていうか・・(笑



たくさんの、三原順先生のお話を読んで来ましたが、この、【Die Energie 5.2☆11.8】という作品は知りませんでした。
今からでも入手できるかなぁ・・。
(現在は、三原順傑作集80’に収録されているとのこと。さっそくアマゾンで購入しました)



関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

10 Comments

norori* says...""
花とゆめ・・・少女マンガですよね?
ちゃおとかなかよしとかと一緒に店頭に並んでる、花とゆめ?

チェルノブイリ事故以前に掲載されたマンガ・・・
えぇぇぇ~?
この漫画家の三原順先生って、すごい方なのですね!!
2011.04.28 17:38 | URL | #- [edit]
mome says...">to norori*さま"
そうそう。花とゆめ。少女漫画雑誌ですよ~。

当時の「花とゆめ」や、「LaLa」、「ぶ~け」などの少女漫画雑誌は、ちょっと他の少女漫画にない作品が多かったですね。
あの頃の傑作は、今でも語り継がれていると思います。

三原順先生は、もうお亡くなりになられたのですが、非常に社会や人間の内部を深く掘り下げた作品が多く見られ、一般の少女漫画とは、一線を画していたと思います。

もーねー。
素晴らしいですよー(笑

あの頃の、「花とゆめ」や、「ぶ~け」などのファンだったら、今の少女漫画の、オタク路線や、ちょいエロラブストーリーなんて、「へっ!」って感じでしょうね(笑
っていうか、わたしがそうです(笑
2011.04.28 17:48 | URL | #195Lvy4Y [edit]
ローズキャット says...""
漫画(1P)、読みました。

これって、今起きてることでは・・・!?
テレビやニュースで見たことが
書かれてるんですけど・・・!!

私は山岸涼子先生の漫画が好きです。
特に「日出ずる~」(聖徳太子の話)が大好きです。

ギリシア神話をモチーフにした漫画
「パエトーン」は原発がテーマになっていて、
これも話題になってますよね。

昔の漫画って凄いですよね。
2011.04.28 22:54 | URL | #- [edit]
yokoblueplanet says..."私も。。。"
おはようございます。
私もこの作品、知りませんでした。小学校一年生、本を読むのが楽しくて授業中に机の下に隠して読んでいて夢中になり過ぎ、先生に捕まって親が呼び出される位マンガも含めて読んでましたが。。。
掲載部分の会話だけからして、かなり濃い正確な内容ですね。
2011.04.29 01:18 | URL | #- [edit]
Mitsuki says...""
http://usio.feliseed.net/paetone/

パエトーン、無料で読めるようになってました。
十年ぐらい前にコレを読んで、「制御できない暴れ馬」というイメージでいましたが、今回まったくその通りになってしまいました。

三原さんが亡くなったのは知りませんでした・・・
繊細なあの時期だけの瑞々しい感性を描いた、現代にはもう類似できないジャンルの漫画が多かったですね。RIP。
2011.04.29 01:43 | URL | #- [edit]
mome says...">to ローズキャットさま"
本当に、今、まさに起こっていることですよねぇ。
事故直後、まだまだ自体が悪化の一途をたどる中、東電は「値上げの検討」を早々に行いましたしね。
賠償金などを、どうやって、自分たちの懐を痛めずに回収できるか。しか、頭に無いんですね。
今回の夏のボーナスも出る予定だと聞きますし、役員報酬も50%しかカットしない。
それで税金を投入するとか言うことになったら、ホント、ふざけるなって話しですよ。

わたしも、山岸涼子先生、大好きです~。
日出処の天子は、不朽の名作ですね。これも、LaLaに掲載されていましたねぇ。
わたしは、山岸先生の作品では、アラベスクが特に大好きでした^-^

2011.04.29 10:44 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
漫画や音楽、小説や映画などの文化にしても、食べるものにしても、なんでもかんでも「簡単」流行ですよね。
インスタントで、内容が無く、分かりやすいものだけが、どんどん好まれていく。
本当につまらない世の中になったものです。

わたしが若い頃は、「今の若者には個性がない」と言われていましたが、そんなことすら言われなくなっている時代です。

わたしも、本も漫画も大好きです。
でも、最近は、読みたいものが減ってきました。
わたし自身の感性の問題もあるのでしょうが、与えられるものの質の低下もやっぱりあると思います。
2011.04.29 11:04 | URL | #- [edit]
mome says...">to Mitsukiさま"
パエトーン、わたしも久しぶりに読みました。
今、こちらもツイッターなどでも話題になっていますねぇ。

昔、リアルタイムで、パエトーンを読んだ頃の記憶が、わたしにはほとんどありません。
読んだことは覚えているんですが、内容をきちんと把握することができていませんでした。

原発って、自分にとっては、ものすごく遠い存在だったんですね。
電気に直結してるイメージをもてなかったんです。

そしてわたしは、今回の事故によって、やっと、原発の恐ろしさを知りました。
まさにパエトーンで、ひとが、ひとの力で制御できないものを扱っていることの恐ろしさを。
これは、どう考えても、異常なことなのだと思います。

三原先生が亡くなったのは、もう、15,6年前のことでしょうか。
本当に好きな作家さんのひとりだったので、大変ショックを受けました。
もっと、もっと、欲しかったのに。

何かを作るということは、わかりやすくたとえると、お料理と似ていると思います。
昔のひとたちは、何で出汁をとるのかを知っていましたし、料理を作ることは、調理することだけではないことを知っていました。
いろいろな物事の、経験、知識、センスから、成り立っていたのです。

でも、今は、インスタントで出汁をとることが主流。
それが悪いとは言いませんが、インスタントで育った子どもたちは、インスタントしか知らずに育つ。
それによって、ルーツを知らない子どもたちが増えているのです。

ルーツも知らず、ろくに学びもせず、手垢のついたものをご大層に「コピペ」してみたりする文化。
嘆かわしいと思うのは、わたしがトシをとったせいでしょうか。

本当に。いまさらながらに、心からのご冥福をお祈りいたします。
2011.04.29 11:29 | URL | #- [edit]
なお丸 says...""
はみだしっ子、、、懐かしい~。。
私はアンジーが好きでしたね(^-^)。。
まだ実家にコミック置いてたかなぁ?今度帰ったら探して久しぶりに読もうかな♪
2011.04.29 12:08 | URL | #- [edit]
mome says...">to なお丸さま"
懐かしいですよね。名作ですよねぇ~!

アンジーですか~。
アンジーもいいですよね。わたしは、番外編の、アンジーのパーティの話が大好きです。(近所のおばあちゃんに誕生日パーティをしてあげたお話し)

是非、もう一度読んでみてください。
若かった頃と、また別の感想があると思います^-^
2011.04.30 10:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/199-e2040ea8