風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

停滞

狙う。

狙う





超・狙う。

超狙う





そんなわけで、福島第一原発並みに、危機管理がなっていない、我が家の水槽です。

どげんかせんと~~。




ってことで、なんとなく、うっすらと、お分かりかもしれませんが、まだ@やさぐれ中のmomeです。


精神的ダメージが強すぎて、なんかちょっと、おかしくなってるみたいです。

今朝も泣きながら、夫くんにしがみついて「福島に行きたい」と、言ったりしてました。

あ、あれですよ。違いますよ。
誰かの「お役にたちたい」と思って、行きたいとか言ってるんじゃないです。
わたしが行っても、瓦礫処理ひとつできやしませんからね。邪魔なだけです。

ただ、自分の気持ちに折り合いがつかないだけなんです。
身勝手に「行きたい」と言ってるだけなんです。

わたしの心の罪悪感が、「何か自分もツライ目にあわないと、申し訳なさ過ぎてどうしようもない」って感じになっていまして、その心を軽くするために、つまりは自分のために、そうしたいと思ったんです。

だから夫くんが、「やめてよ・・」と言った後に、「別に福島じゃなくてもいいだろう?宮城だって、東京でだって、ボランティアはどこでもできるよ」と言ったんですが、別にそういうつもりじゃないんです。
自分のことしか考えてないんです。



なんかもう、いろいろこまか~~~~い「負」が重なって、何が原因なのかわかんなくなってる状況なんですが、とにかく気持ちがブルーです。

いくつもいくつも、心をブルーにした「負」があるんですけど、ちょっと大きめだったのが、「池田信夫」さんと言う人の言葉でした(経済学者らしいです)

わたしは、ツイッターで、「孫正義」さんをフォローしているのですが、別に以前までは、孫氏のことを好きとも嫌いとも思っていませんでした。
まったく興味が無かった。

けれど、今回、原発について、意見をしたり対談をしたりしているのを、リツイートで知って、見て、それからフォローして、言動を追っていました。
それでもまだ、「好き・嫌い」の判断は無かった。

でも、福島の自主避難地域の方々に対する思いなどを読むうちに、なんとなく好感が持てるようになり、その後、佐賀県の武雄市長の樋渡氏が、被災地のペット救済にも乗り出すということで、それを支援されると言う呟きを見て、やはり、ペットを愛するひとりとして、嬉しく思ったのでした。

が、その後。
そのペット救済について、「行方不明がまだ1万人以上いるのに、犬の心配してる場合じゃないでしょ」と、言った方がいました。その方が、「池田信夫」さん。

これは、確かに、難しい問題ではあるのだけど、救える命がそこにあるのなら、救えばいいんだと、わたしは単純に思うんですよね。
それと同時に、ペットを救うことで、救われるひとのこころもあるのだと思うのです。

いろんな考えのひとがいる。
それは当たり前のことですが、その呟きに、どんな反応があるのか、それを受けて、池田さんはどのように思うのか、それが、気になって、「池田信夫」さんのツイートを少し遡って読むことにしました。

そしてわたしは、とても、とても、暗く沈みました。

これはもう、感性の問題なので、そして、生理的な判断なので、池田さんが悪いとはいえませんが・・・。
わたしには、大きな「負」のエネルギーが押し寄せてきて、とても辛かった。

「これから日本は、犬どころじゃない多くのものを捨てるつらい選択をしなければならない。それを知らないで犬の心配をしているのは、「優先順位」という言葉を知らない幸福な人だ。」
「災害の現場を見ればわかるが、救援活動は「捨てる」こと。10人を助けるために1人を見捨てることもある。犬が野犬化して困るというなら、檻に入れるか殺すべき。1万人以上も行方不明というのは、まだ救援の方法で救える人命があるということ。」
「自治体が犬を収容するなんてとんでもない話だ。そんな税金があったら、一人でも多くの人間を収容すべき。ペットを連れて行くコストは被災者の自己負担にするのが優先順位。」

言っていることは、確かに、「正しい」ようにも見える。

だけど・・・。

「日本はこの20年、優先順位をつけて捨てるという決断ができず、全員を救おうとして全員が負け組になった。そのメンタリティはまったく変わっていないようだ。まぁ「やさしく衰退する」のも一つの国民的な意思決定だろう。これを変えることはあきらめたよ。」
「日本に欠けているのは、どこかの本のタイトルじゃないが「捨てる勇気」。それがわからないかぎり、日本はいつまでも負け続ける。犬まで守ろうとしたら、犬なみの生活まで落ちるだろう。」
「「人命も犬の命も同じだ」というコメントが多いのに驚いた。議論する気もないが、こういう連中がシー・シェパードを批判する資格はない。」

どんどん読み進めていくうちに・・・。

なんだか・・・恐くなりました・・・。

ひとは、どこにいってしまうんだろう。


もちろん、このひとに、先を決める力など無いし、ちいさな意見であることは変わらないけれども。
なんか、毒気にあてられたよう。

そんなこともあったり、どこからくるのか分からない罪悪感もあったり、いろんな不安や疲れもあったりで。
なんかもう、何もかも破壊してしまいたいような、どうでもいいような、逃げ出したいような。
複雑な感情が絡み合っています。

でも、どこにも逃げ出したりできない。

踏ん張るしか、ないんですよね。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

16 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.04.17 01:22 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.04.17 02:03 | | # [edit]
ミキ says...""
私は池田さん知らないんですけど、momeさんのおっしゃる通りこわいです。何がって、負けるとか勝つとか、生きていくのってそういうものじゃないと思う。自分たちが助かるために犬を殺して、それを見た子供たちはいったいどんな風に育っていくのか。命は命。なんだかこういう日本人がいるから野良ちゃんがどんどん殺されているのかなーと思っちゃいます。
2011.04.17 02:56 | URL | #- [edit]
ぷくぷく says...""
なんだか極端な考えの人ですね。
正論(理屈)と感情は相容れないものですよね。
感情ばかりでも理屈ばかりでもダメ。
折り合いを付けて生きてきたのが今の世の中なんじゃないですかね。

ただ、同種の生き物を優先してしまうのはやはり本能なのかなと思うし、そういう点では人間も動物なんですよね。
でも、目の前に助けられる命があれば、それが犬だろうと猫だろうと人間以外の生き物だって一生懸命助けてしまうのも人間だと思うのです。
生き物(人含む)でも物でも簡単に捨てられる人間ばかりでは、ちょっと嫌な世の中になりそうです。

シーシェパードに対してはそういう事じゃないような・・・。
日本人にとって命を大切にと言う事は「無駄にしない」って事も含まれていて、それが一見矛盾してるけど助けたり食糧にしたりする事につながるのではないのかなと思ってます。
それをただ自分達のルールを押しつけ、しかも力でねじ伏せようとしてきたから批判されてるというだけだと思うんだけど。
それに他にもイルカや鯨を食料にしている国はあるのに、攻撃してくるのは日本だけみたいですし。

momeさん、もうちょっと気楽にね(無理かもしれないけど)。
「被災してない人が普通にしてくれてるのがいい」って言ってる被災者の人もいるんだから。
どうしても辛い目に合わないと・・・と思うなら、東北や北関東の野菜なんか積極的に買ってみてはどうでしょう?
私はレタスが超安かったので買ってみました。
食べたよー、美味しかったよ(*´∀`)ノ

ああ、またたくさん書いてしまってすみません。
2011.04.17 03:49 | URL | #yKhnx/oE [edit]
norori* says...""
本当、色々な方がいらっしゃるのですね。
でもひとつ言える事は命は命。
人であろうとペットであろうと大切な尊い命には変わりない。
もしかして、この方はペットを飼った事がない、
もしくは昔噛みつかれたか?( ̄‥ ̄)
人命を救うのは当然、でも、やはり目の前に助けられる命が
あるなら迷わず助けるのが当然って私も思います。
生き物を粗末にしてはいけませんって習わなかったのかな?
確かにそれどころじゃない、優先順位と言われてしまうと
返す言葉がありませんが・・・。
だったら人と動物と同時に助ける事って無理なのかなぁ。。
2011.04.17 09:28 | URL | #- [edit]
mome says..."非公開コメントさま"
やさぐれる=拗ねたり、ふてくされたりして、投げやりな状態になること。と、わたしは理解していますが、お調べいただいた先も、そのように書いてありましたでしょうか?

がっかりさせてしまったのなら、申し訳ありませんが、間違いなく、今、わたしは、そんな状態です。
理由はいくつかありますが、その矛先は、おおむね政府だとか、大きな組織にあります。
情報を隠蔽したり、正しいことを伝えなかったり、やるべきことをやらなかったり、やるべきでないことをやったり。そういった物事に、ものすごく怒りを感じ続けてきました。

でも、それを長く維持し続けることには、パワーが必要です。
そして、情けないことに、わたしには、そのパワーが不足しています。

だから、あらゆることから逃げ出したくなったり、「なし」にしてしまいたかったりします。
明日の朝、目が覚めたら、全部夢だったら良いのに。って思ったりもします。

でも、これは現実で、たくさんのひとが苦しんだり、怒ったり、泣いたりしていて、それは大きすぎて、わたしの許容範囲なんかとっくに超えている。
でも、やらなくてはいけないことがある。

だから、わたしも、泣いたり怒ったりしながら、今みたいにふてくされたりしながら、結局、最後はまた踏ん張るしかないのです。
それは分かっています。
ですから、ブログもそう結びました。

もともと、強い精神力も体力も無いので、グダグダになりやすいんですよ。
だけど、時間はかかっても、ちゃんと戻ります。
これはもう、わたしペースで。しか、できませんが。

守るべきものに対しても、ちゃんと自覚しています。
ご心配ありがとう。
2011.04.17 12:24 | URL | #- [edit]
mome says..."非公開コメントさま"
あらら。最近FC2は、トラブルが多いみたいですねぇ。
いただいたコメントは、トラブルを伝える鍵コメひとつだけでしたよ~。
(たぶん、書き込み頂いた最後のものかしら?)

はっ!
もしかしたら、何か、禁止ワードを入れたりしてませんでしたかっ?
たとえば、超エロイ言葉とか!
きゃー!

なんてね。冗談です(笑
2011.04.17 12:29 | URL | #- [edit]
mome says...">to ミキさま"
わたしも、この方、そのツイートで初めてしりました。
そうなんですよ。なんか合理主義的過ぎて、わたしはちょっとついていけない感じ・・。
うちには、いわゆる「社会的弱者」と言われる子がいるじゃないですか。
だから、このひとの真意は分からないけれども、そういった弱者切捨てのような思想を見ると、どうしても、もやもやしてしまうし、気分が落ち込むんですね。
一面でしか、物事を見ることができないのかな~って。

人間が、どんなふうになることが望ましいと思っているんでしょうね?
2011.04.17 12:33 | URL | #- [edit]
mome says...">to ぷくぷくさま"
長文大好きですよ。書くのも読むのも(笑

そうなんですよね、ちょっと極端なんです。
いろいろとツイッターの方でも、異論反論があったりするのですが、そういう人をすぐに「ブロック」するんですね。
そういうのも個人の自由だけれども、なんだか狭量なひとだなぁと思います。
彼に言わせれば、それも「捨てる」ことのひとつなのでしょうね、つまんない生き方です。

ペットの受け入れを決めた武雄市も、きちんと、「人」も受け入れるとしているんですよ。
人を受け入れずにペットだけ!とか言ってるわけじゃなく。
その両方を助けたいと思って、何が悪いんでしょうね。
いろんな考えのひとがいる。と、思いながらも、理解できません。

シーシェパードなんかを持ち出して、比較しようとするところも、お勉強はできるのかもしれないけど、頭の悪いひとだなぁと思ったりします。
自分が一番正しいと思っているふしがあるので、人の意見をきちんと捕らえて読むことをしないんでしょうね。

東北の野菜かーーー(笑
一応、わたしは、自分で食べたりする分は、まったく構わないと思っているんですよね。
だから、食べても辛くない(笑
子どもと猫には、さすがに食べさせられませんけどねぇ。
まぁ、夫はいいかな・・・(笑

なんかね。
自分が何か「できること」をしようと思ってやっても、今はただ、虚しくて。
何の役にも立っていないのに、何かしている気分になってるんじゃないかって思うとねぇ。

わたし、なんだかんだ、今まで恵まれて幸せに生きてきたから、そんなわたしが、何かを心配したり悲しんだりすることが、もう、おこがましいんじゃないかって思ってきちゃったり。

でもねぇ、そんな中でもくじけずに、自分の信じるものに向かって活動している人をみると、あ、わたしも負けちゃダメだなーって思えてくるんで、ちょっとずつ、元気取り戻して、頑張っていこうと思っています。

できることしか、できないんだもんね!(笑
2011.04.17 12:55 | URL | #- [edit]
mome says...">to norori*さま"
すっごく、すっごく、すっごく、難しい問題なんですよね。
「優先順位を知らない幸福な人間」って、確かにそうなんだと思うんですよ。
もしも、自分の子と自分の猫のどちらかを助けないと、両方死んじゃうのなら、わたしは、子どもを助けるんです。だから、そういう状況にいれば、人間優先。

でも、もしも、わたしと猫のどちらかならば、猫を助けてもらいたい。
それが無理なら、猫と一緒に死にたいです。
バカですよね。でも、本心なんです。
人間じゃないけど、「家族」ではないかもしれないけど、とっても、とっても愛している存在です。

愛しているものが、人間でも、たとえ人間じゃなくても、いるのだとしたら、それを助けたい、守りたいと思うのは、自然なことですよね。

ぷくぷくさんへのお返事にも書きましたが、今回のことに限って言えば、武雄市は、ひとも、ペットも両方を救済したいと思って行動しているんです。
それが責められる理由がわかりませんね。

ペットにかかる負担を、全部人間にまわせってことなんでしょうかね。
でも実は、それは一見正しく見えるかもしれないけど、現場でそれが通用するとは思いませんね。
ひとりと一匹にかかるコストが違うのは当然ですし、ひとには意思がありますからね。
受け入れると言ってもらっても、みんながみんな行くわけじゃないんですよ。
ノートに書く統計や計算式とは違うんですよね。

2011.04.17 13:12 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.04.17 13:49 | | # [edit]
mome says..."非公開コメントさま"
あぁ、良いんですよ良いんですよ!!
自分がそのとき感じたことを、感じたままに書く。
そして、それを読んで、わたしも思ったことを書く。
わたしのブログにタブーはありません!(笑

言葉はいつも、思いを伝えきれるものではありません。
だから、もしかしたら多少の誤解を生じさせたり、間違った解釈をするときもあるでしょう。
今回、わたしは「行間」を読み違えたようでした。
なんだか申し訳ない気持ちにさせてしまって、本当にごめんなさい!

やっぱり、こうして一ヶ月、長丁場になってくると、みんな疲れてしまいますよね・・。
よい方向に向かってほしいと思う気持ちが、強ければ強いほど、それは積もっていくように思います。
@やさぐれ中のわたしですが、今、ちょっとだけ回復しつつあります。
できることが、みつかりそうだからです。
今すぐに動けないことがもどかしいけれど、長い長い復興への道のり、いつかきっと役に立てることがあると信じて頑張ります。
2011.04.17 14:29 | URL | #- [edit]
yokoblueplanet says..."「池田型」が多過ぎる"
こんばんは。
話題になっているこの方、私はまったく知りませんでしたが、断片から推測するに、この考え方は今の政権とまったく同じです、既に人間まで切り捨てています。
途方もない放射能汚染区域に女子供も含めて平気で屋内退避させておく、汚染された死体は長い事放置されたまま、更に情報統制をして正確な情報が出ないようにする、都合の悪い情報は消してしまう。。。御巣鷹山の時も、阪神神戸大震災の時も同様な対応でした。
日本はこれからどこへ向かうのか、この難関を乗り切れるのか、まったくこの政権の考えが見えません。ただ単に左旋回だけを考えているのであれば、阻止しなければなりません。利権の固まりの原発も同じです。それには我々国民が事態を正確に把握する事が不可欠です。
tomotanさんの所で紹介されていたサイトの一つ、動物救援バスの話ですが、まだ私のブログでは紹介していません。何か確実な事をご存知でしたら教えて下さい。訪問してみたのですが、何となく不確かな印象があるので、確認が取れてから、と思っています。
2011.04.18 16:43 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
本当に、この国はどうなってしまうんでしょうね・・。
でたらめなことがまかり通る、小さな声は届かない、これが民主主義なんでしょうか。
弱者の切捨て、使い捨て、一部の天下りたちによる人災。
コントロールしやすいおとなしい国民たち。
人を大切にしない国家に、未来などありません。

実は、レスキューについて、すごく分かりづらくて、何度も何度もリンク先のサイトを読み返したりしたんですが、どうやら、いくつかの団体によっていくつかのプロジェクトが同時進行しているんですね。
バスの件は、リーガルマインドさんという団体が、被災者のために運行されるのだということだと思います。
つまり、一般のボランティアは、そこに同乗することはできないんですね。
リンクを貼る以上、その前に少し調べてみましたが、救済の輪さんの方は、特に主立って不信な点は無かったように思います。
リーガルマインドさんの方は、検索にひっかからず、ちょっと調べきることが出来ませんでした。

動物愛護団体は難しいんですよね・・。
悪いうわさのあるところも多いけれど、それも確実ではないし。

わたしは、とても個人的な意見ですが、救済の輪さんの、「壮絶な」写真の掲載については、あまり快く思っていません。
が、それだけ必死の思いであったのだ。とも思えます。
自分自身が、どの団体さんの元で働かせていただくかは、まだ決まっていませんが、とりあえず、皆さん、「行動」されていることだけは事実ですからね。

2011.04.18 19:55 | URL | #- [edit]
yokoblueplanet says..."19日の件だけ"
おはようございます。
レスキューに関してのフィードバック、ありがとう!
こんなことが起こっているよ、だけでも判るように、19日のレスキュー中心に入れておきました。
リーガルマインドのサイトを見た時に、ちょっと考え込んでしまったので、この程度にしておきました。
本当に判りづらいですね。
CNNで紹介されていた汚染地区に入って動物救出に当たっているグループは、青木さんと云う日本の男性と結婚している外国出身の女性が中心のようでした。小さなグループのようですが、これは判り易かったです。
2011.04.19 02:12 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
そうですね。
19日の件は、一般の方の参加も受けているようですし、少しは分かりやすいかと思います。

他の団体さんを見て思ったんですが、わたしのように、今まで、TNRだとかの経験が無く、そういうボランティアのことをよくわかっていない人間には、説明が足りないのかなぁ。と思ったりもしましたね。問合せ先も不明瞭でしたし。

服装だとか、必要なものだとか、ちょっとした心得のようなものを、書いてくださると有難いですね。
忙しくて、反れどころじゃないのかもしれませんが。
2011.04.19 02:23 | URL | #195Lvy4Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/182-648f9aa9