風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

都知事選

明日は、わたしの住む東京都の知事選挙です。
立候補者は11名。
誰に投票するかは、もう、決めてあります。

わたしは、石原慎太郎が大嫌いです。
なんだか結構極端なことを言う人だなぁ。と、前々から感じていましたが、決定的になったのは、息子が中学2年のときでした。
今から、7年前ですか。

息子が中学2年の頃、息子の通う、都立の特別支援学校(当時は養護学校)に、卒業式についての通達がありました。
国旗掲揚と国歌斉唱の強制。
のみならず、式典に関しても細かい「指導」をつけてきました。
その内容の一部としては、卒業生、ひとりひとりが壇上に上がり、日の丸に礼をし、卒業証書を受け取る。と言った内容でした。

それは、ごくごく一般的な卒業式の風景ではありましたが、息子の通う「特別支援学校」には、そぐわないものでした。

息子の通う特別支援学校は、身体に障がいを持つ子がほとんどで、歩行できる子も少なく、ほとんどが車椅子の子どもたちでした。

年間行事では、運動会や秋の文化祭のようなものがあって、そこでは、いつも、「各自ができることをして、保護者やみなさんに見ていただく」と言うことをしていました。
車椅子で走行できる子は、その速さやテクニックを競って披露したり、車椅子で自走できない子は、寝転がって、マットの上を少しずつ移動してみたり、手が動かせる子は、録音されたスイッチを押してみたりと、それぞれの成長が伺える、暖かいものでした。

そして、卒業式も、そのように行われていました。

壇上にあがることは、危険も伴いますので、体育館のフロアで、教師と子どもたちが並び、それぞれができる形で証書を受け取る。それまでは、そんな式だったのです。
手作りの、それはそれは心温まる式でした。

が、そういった事情も考慮されぬまま、無理やりにすべての生徒を壇上に上げなくてはならなくなり、安全性が確保できないと思い、保護者たちは大反対をしました。
そのときは、壇上に上がるには、壇上の横にある、小さなボロい、斜面のきついスロープを上がらなくてはならなかったからです。
階段などは、もちろん使えませんからね。

卒業生の親だけでなく、ほとんどの保護者と教員がそれに反対を唱え、都と教育委員会に抗議しましたが、結局、ねじふせられる形に終わりました。
学校や、子どもたちへの、今後の締め付けを恐れた結果だと思います。

急遽、巨大なスロープが作られることになり、お金の無駄遣いだとも思いました。

卒業式は物々しく、石原の命令によって、たくさんの教育委員会のひとたちが、「監視」に訪れ、にこりともせずに、式の様子を見ていました。
子どもの晴れの日に、そのようなひとたちは必要ありませんでした。

ちなみに、わたしは、とても個人的なことを言えば、国旗掲揚も国歌斉唱も、反対していませんし、むしろ、した方が良いと考えています。
もちろん「強制」すべきことでは無いと感じていますが。

まぁ、そのような経緯があって以来、わたしは、石原慎太郎が大嫌いです。
ちなみに石原は、原発推進派でもあります。
ですから、彼に票を投じることは無いでしょう。

そして、巷のアンケートで、石原の対抗馬?と、されているのが、東国原英夫ですね。
前・宮崎知事でしたが。

わたしは、このひとのことも嫌いなので、一部に人気があることを、とても不思議に思っています。
彼は、宮崎でいったい何をしましたか?
たしかに盛んなピーアールで、宮崎の知名度は上がったかもしれません。
それによって、ブランド物が一時的に売れるようにもなったかもしれません。
でも、その後はどうするんですか?ほっぽらかしですか?
そして、宮崎が大変な状況にあるときに、尻尾を巻いて逃げ出しましたよね。
そんなひとを、信用することができますか?
本当に「どげんかせんといけん」と思っていたなら、今が、今こそが、その時じゃないんですか?

だいたい、都知事選も、最初、立候補の表明をして、「どうやら石原には勝てそうにない」と考えたのか、出馬しないかも~なんて見せておいて、石原の「天罰」発言で彼の支持率が下がったとみるや、はりきって「出馬」。
なんというか、品性が問われるというか。
はっきり言って、下衆な人間だと、わたしは思っています。

それと、公約に「年末、首都高を使ってマラソン大会」とか、バカかと思われることも言っていますね。
首都高は、アナタの私物じゃないですよ。
原発に関しては、あいまいな感じですね。
単純に、推進派とか賛成派だと、今、票が取れないと思っているだけじゃないでしょうかね。

ですから、彼に票を投じることも、ありません。

なので、11名のうち、2名を除いた9名の中で、誰かを選ぶことになります。

たぶん、除いた2名のうちのどちらかが、当選するようにも思います。
なぜか、両者とも、人気があるんですよね。不思議なことに。

わたしが票を投じるひとは、当選できないかもしれません。
たぶん、無理でしょう。
でも、選挙には行きます。
ちいさくとも、一票を投じることが大事だと思っていますから。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.04.09 16:15 | | # [edit]
norori* says...""
なるほどねぇ~
確かに石原さんか東国原さんのどちらかが
当選されるのでしょうねっ
首都高使ってマラソン大会って!Σ(-∀-;)
ありえん話ですね;;

こちらも明日選挙!
そうですよね!1票を投じる事がすごく大切!!
2011.04.09 22:04 | URL | #- [edit]
mome says..."非公開コメントさま"
ですよねぇ。
わたしも、基本的には、いわゆる「タレント候補」には票をいれたくありません。
中には、いろいろと勉強した方もいらっしゃるのかも知れませんが、ほとんどは、結局知名度だけでしょう?
知名度とイメージ。それだけに大事な票を渡すわけには行きません。

まぁ、多少、わたしは捻くれたところがあるので、たくさんのひとが、どうやら政治家に求めている「クリーンさ」だとか「さわやかさ」って求めてないんですよ(笑
だったら体操のお兄さんでいいじゃん。とか思う。
多少、金に汚くても、やることやってくれる人の方がいいです。
金に汚い上に、何もしないのは論外ですが。

石原さんはねぇ・・。
わたしは大嫌いですが、あれだけ支持があるということは、やはりいいところもきっとあるのでしょう。

ともかく、ひとりひとりが、声を上げることが大事なので、たくさんのひとに選挙に行ってもらいたいですよね~。
2011.04.10 00:33 | URL | #- [edit]
mome says...">to norori*さま"
そうなんです。
たぶん、あのふたりのどちらかに決まるのでしょう。
とっても残念ですが・・・。

ただ、やはり、投票することは大事ですよね。
それだけ、当選した候補に「NO」を言った人物がいるのだと言う事を分かってもらうためにも。

首都高マラソン、ありえないでしょ~~~?!(笑
しかも年末にって、何を考えているのやら。
マラソンがそんなに好きなら、マラソン選手になればいいのに。

nororiさん地方も明日、選挙ですね。
良い結果になるといいですねぇ。
2011.04.10 00:40 | URL | #195Lvy4Y [edit]
junko says...""
私のところは県議会議員の選挙です

大震災以来ひきこもり状態です
今回は7日の強烈な余震もあり、食料がなくなるまでは外にでたくない気分でした

いつ余震がくるかとおもうとお風呂もはいれません

選挙はいきたくないと思っていましたがmomeさんのコメントを読みいくことにしました。

考えさせてくれてありがとうございます

ちいさな1票でも意思表示をしなければ批判をする資格もなくなるとおもいいたりました。

どこにいても余震はあるときはあるわけだしね!
2011.04.10 13:41 | URL | #- [edit]
mome says...">to junkoさま"
もーーそんな大変なときに、本当にご苦労様でした!

先日の余震は、余震と言う言葉がふさわしくないほどの揺れでしたねぇ・・。
うちは、夫の実家が宮城で、義母が一人暮らしをしているので、な、すぐに安否確認の電話を入れました。
そのときは停電があったようですが、電気はすぐに回復したそうですが、水道はまた止まってしまったとのこと。

junkoさんも、いつまで続くのか・・と、毎日不安な気持ちでいっぱいでしょうね。
気持ちはなかなか休まらないでしょうが、少しでも休めることをお祈りしていますね。

小さな1票。
その方が当選してもしなくても、重い、重い、1票だったと思います。
良い未来が来ることを願いましょう。

本当にお疲れ様です!
2011.04.10 23:15 | URL | #195Lvy4Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/174-9b58ea24