風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

正直悩むところではありましたが

夫の知人から、あるメールが送られてきました。
内容は、福島原発の危険性についてです。

夫は、このメールを広めて欲しいと、わたしに言いました。

とりあえず、メールを読ませてください。と、お願いして、転送してもらいました。

読んだ感想として、正直、これを広めてよいのかどうか、悩みました。
なぜなら、TVなどのメディアで報道されている、原発についての内容と、大きく違うからです。
わたしは、専門家ではありませんし、原発についての知識も乏しく、正しさが、いったいどこにあるのか、判断することが出来ません。

むやみに、不安を駆り立てたりすることは、わたしの本意ではないので、そのようなスタンスで、今まで、情報は選んで発信してきたつもりです。

けれど、先の記事にも書いたように、どうにも見えてこない報道の姿があることも感じていて、自分なりに考え、「ひとつの意見」として、そのメールを転記させていただくことに決めました。

ですから、ここから先のメールの内容は、あくまでも「ひとつの意見」として捉えていただきたく思います。
そのような「見方」をする個人、メディアもある。と、言うことです。
何が正しいかは、自分自身で判断していただきたく思います。

もちろん、読む、読まないの自由もあります。


********************

メール送信人:難波紘二

※難波紘二氏(プロフィールを掲載させていただきます)

1941年広島市生まれ
広島大学医学部大学院博士課程修了
呉共済病院で臨床病理科初代科長として勤務
NIH国際奨学生に選ばれ米国NIHCancerCenterの病理部に2年間留学し、血液病理学を研鑽.広島大学総合科学部教授となり、倫理学、生命倫理学へも研究の幅を広げ、現在、広島大学名誉教授

********************

【3号機とプルトニウム】

諸兄姉へ:(転載自由です)(読みたくない方は削除して下さい)
MOX plutonium fuel used in Fukushima's Unit 3 reactor two million times more deadly than enriched uranium
濃縮ウランより200万倍も毒性の高いMOXプルトニウム燃料が福島第一原発3号炉で使われている
と「ナチュラル・ニュース」という英語ニュースが伝えています。原文は
Learn more:
http://www.naturalnews.com/031736_plutonium_enriched_uranium.html#ixzz1HDrKwFw4
ここでご覧下さい。冒頭部のみを引用します。

(NaturalNews) Largely absent from most mainstream media reports on the Fukushima Daiichi nuclear disaster is the fact that a highly-dangerous "mixed-oxide" (MOX) fuel in present in six percent of the fuel rods at the plant's Unit 3 reactor. Why is MOX a big deal? According to the Nuclear Information Resource Center (NIRS), this plutonium-uranium fuel mixture is far more dangerous than typical enriched uranium -- a single milligram (mg) of MOX is as deadly as 2,000,000 mg of normal enriched uranium.

On March 14, Unit 3 of the Fukushima reactor exploded, sending a huge smoke plume into the air. This particular reactor, of course, contains the rods fueled with MOX. You can watch a clip of that explosion here:
http://www.youtube.com/watch?v=T_N-wNFSGyQ&feature=player_embedded

If even a couple milligrams of MOX were released during this explosion -- or if other explosions at the plant inflict any damage on the MOX-filled rods -- then the consequences could be exponentially more devastating than the mere leakage of enriched uranium. And since nobody knows for sure exactly which rods have been damaged, and whether or not the situation can actually be contained, it is only a matter of time before the world finds out for sure.


Learn more:
http://www.naturalnews.com/031736_plutonium_enriched_uranium.html#ixzz1HDu9eZdk

 この記事は「燃料棒の6%がMOX燃料棒」と報じている点で私の理解と異なる点があります。
またプルトニウムが怖いのは放射線よりも化学毒性にある点も正しく報じられていない。
しかし「日本の大メディアは事実を報じていない」という指摘は正しいと思い、引用しました。

いま被災地では放射線量をカウントして「安全だ」と盛んにPRしていますが、放射能の危険性は
1)体外被曝=環境中の放射能量
2)体内被曝=取り込まれた放射性物質の蓄積と代謝による体外への排出
3)原子炉から放出された物質の種類とその化学毒性
この3種類の分けて評価しないと意味がありません。

例えば放射性ヨードの半減期は7日間ですが、甲状腺がヨード不足であれば、そのまま甲状腺に残り濾胞のコロイドの中に蓄積します。正常のヨードと放射性ヨードは同位体ですから、化学的ふるまいは同じです。
放射性ヨードは甲状腺ホルモン=チロキシンに取り込まれることにより初めて血中に分泌され、各種臓器を刺激後、分解され、ヨードは尿中に排出されます。某御用学者が言っているほど、単純かつ安全ではありません。

プルトニウムは20種の同位体があり、すべて放射性でアルファ線とガンマ線を放出します。すべて骨に蓄積する作用があります。

Pu238: 半減期86.4年、ペースメーカー用の電池に使用されている。
Pu239: 半減期2万4390年、核燃料、原爆として使用されている。
Pu244:半減期8200万年   (資料:メルック・マニュアル、「元素111の新知識」(講談社ブルーバックス))

 いずれも放射性ヨード、セシウム、テクネシウムに比べて半減期(寿命)が長い。
3号炉は何回か爆発している、その時にプルトニウムが放出されなかったと考える方が困難だと思います。

パニックを起こす必要はないが、メディアは3号炉とプルトニウムの関係をちゃんと報道すべきだ。
この問題を各国は知っているからこそ、自国民に国外退去命令を出したのだと思う。それ以外に理由は考えられない。

難波紘二


********************

【欠陥のあった原子炉】

諸兄姉へ:(読みたくない方は削除願います)

NYタイムズの日曜版に福島第一原発に欠陥があったという立体インターアクティブなグラフィック入りの科学記事が載っています。
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/19/world/asia/reactordesign.html?ref=weekinreview
GE(ジェネラルエレクトリック)が原発を請け負った時、内部の熱を放出するのに建物の壁を薄くするように勧告した。これで水素爆発が起きた時に、建物の天井も側壁も吹き飛んだので、スリーマイルの場合は爆発は起きたが壁は壊れなかった、と述べています。もう一つ「使用済み燃料をなぜあんな高いところに置いたのか?そのため注水が困難になったのだ」とも指摘しています。

この二つの原発の構造的欠陥については東電も保安院も御用学者も、ぜんぜん知らなかったと思われる。日本のメディアもしっかり読んで、もっとましな報道をしてほしい。今のメディアがダメなのは終身雇用制でサラリーマンかしているからだ。「勝ち組」意識など捨てて、契約社員になってまともな報道をしてほしい。NHKも民放も番組の大部分は「下請け」が作っている。ともかくこんな欠陥炉でMOX燃料を燃やしていたのだから、東電幹部の責任は大きい。

難波紘二


********************

【福島第一原発の現状まとめ】

諸兄姉へ:(転載自由)(読みたくない方は削除願います)
 ネットの時代になって既製メディアが報道しないことを報道するネット媒体が出現した。魚釣島での中国漁船の海上保安庁警備艇への体当たりビデオをアップしたユーチューブがそうだし、JCAST-NEWSもそうである。

 福島原発事故に関しては、IAEAの英語広報(あいにく今日は日曜日でUPDATEなし)とJCAST-NEWSがもっとも正確だと思う。2Chなんかの情報を見ると、流言飛語の洪水である。JCASTのこのURLを見ると、
http://www.j-cast.com/2011/03/20090912.html
 福島第一原発の6つの原子炉の状況が詳しく書いてある。別のページにはここはプルサーマルであることも書かれている。

 同じページに
 1)いわき市が国の指示を待たず「安定ヨウ素剤」の配布を開始したこと、
 2)東京都内でパニックが始まっており、スーパーで食料品、ティシュー、トイレットペーパーなどの売り切れが生じていること。米の販売に整理券を発行した店も出ていることが書いてあるページへの、見出しが載っている。
 まず上記URLからアプローチしてください。

 こうなるのは政府とメディアが本当のことを隠しているからです。
 似たような事件は1972年11月に、エクソン社などが対日石油供給を10%削減すると通告した事態に、政府もメディアも正確な説明をせず、豊橋市のある主婦の流言が飛語となり全国に波及して、トイレットペーパー、洗剤、砂糖の買いだめ騒ぎとなって「オイルショック」という言葉を残した。

 今度のような、地震・津波・原発災害というトリプルパンチは1000年に一度の出来事です。災害の全貌と復興の経費はいまだ明らかになっていないが、20兆円を超すのは間違いないでしょう。投機筋はいずれ日本は復興のために巨額の円資金を必要とするに違いない、と読んでいて、この災厄で経済は麻痺状態なのに、外為市場では対米ドル=80円を超す円高が進行しているのです。

 日本政府は未だに米政府に正式の救援依頼をしていない。だから第7艦隊は遊んでいる。(※ここで言う「遊ぶ」は、もちろん言葉どおりの意味ではなく、「遊ばせておく」という意味だと思います。もちろん、政府が依頼をしていないせいなので、米軍に非はありません。 今現在は、物資の援助や、医療援助の活動をしていると聞いています。)
米軍は高性能のロボット兵士をもっています。ロボット兵士にそれぞれの炉の調査やバルブの点検・開閉をやらせたらよいのです。
 日本は個々の技術(ガラパゴス化しつつあるが)は優れているが、それらを総合的に組み合わせて使うという知恵がない。今は戦争です。戦争には司令官が沢山いても、優れた軍師=参謀がいなければ、勝つことができません。ハワイ奇襲作戦を立案したのは黒島亀人参謀で、実施したのが山本五十六連合艦隊司令長官です。
(※ この引用は、わたしには理解しがたいものでした)
 ともかくメディア人に言いたい、会社のサーバーを使わずともGmailのアカウントは簡単に取得できます。それで本当の事実を発信してほしい。千年に一度のこの機会に、会社人間のままでいたら、きっと一生後悔するでしょう。

 ともかく3号炉は燃料棒が露出しており、ここに海水を注入してきた。(JCASTページより)

【3号機】

●新情報::3月20日、格納容器圧一時高まるも、気体放出せずに安定値。

●燃料棒::冷却装置作動せず、露出。

●原子炉格納容器・圧力容器::

●外側の建屋::3月14日、水素爆発で大きく損傷。
 ::3月16日、白煙を確認。

●炉心への冷却水::3月13日、海水注入開始。

●使用済核燃料プール::水位低下で使用済核燃料過熱。
 ::3月17日、自衛隊ヘリから冷却水投下。
 ::3月17日夜、自衛隊の特殊消防車が冷却水放水開始。
 ::3月18日昼、自衛隊の消防車が陸上から冷却水放水。
 ::3月19日、東京消防庁が連続放水。

●非常用電源::作動せず。

●地震発生時::稼働中、自動停止。


炉心の気圧が3気圧くらいで安定している、というのが廃棄バルブを開かない東電の説明だが、このまま放水ですむのか、はなはだ疑問である。

 「放射線は安全だ」という御用学者の意見を聞くと、なぜか広島に原爆が落とされた後の、「白いシャツを着ていれば原爆は怖くない」という大本営の指示を思い出してしまう。


難波紘二


********************

【3号機はプルサーマル原子炉です】

諸兄姉へ:(読みたくない方は削除願います)
上 昌宏教授から「3号機がプルサーマル」という、何を今更といいたい、メールが届いた。

このNHK記者も真相を隠していると思う。JCAST TVではすでに「外国人が国外退去したり、領事館を東京以西に移したりしているのは、3号機の燃料がプルトニウムとウラニウムの混合体だという情報を得ているからだ、と説明している。
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/18090779.html

プルトニウムは8種の同位体があるがPu244の半減期は8200万年である。
今3号機炉内の圧力が4気圧にも上昇し、爆発を回避するため排気弁を手動で開放しようとしている。
これが成功したら、蒸気と共に大量のプルトニウムを含む放射性物質が外に排出される。
失敗すれば炉の格納器が爆発して、より大量の放射性物質が広範囲にまき散らされる。

メディアは峠を越えたようなことを報道するが、今が最大の危機なのである。

難波紘二

---------- 転送メッセージ ----------
From: 上 昌広
件名: [jisin-iryo476] 3号機はプルサーマル原子炉です


 木戸寛孝さんからです。

NHK報道局科学文化部

(20日午後2時現在)福島第一原発3号機に対しておこなう容器の圧力上昇を防ぐ措置について最新の記事です。長文になりますが短くツイートするのは誤解が生じますので、最後までお読みください。

福島第原子力発電所3号機の原子炉の入った格納容器の圧力が上昇しているため、安全に万全を期すため容器内の気体を外に放出して圧力を下げることにな りました。
経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、この際に放射性物 質を含む空気がこれまでよりも外部に多く出ることが考えられ、放射線量が高くなる可能性があるということです。

格納容器は原子力発電所で事故が起きた際に放射性物質を外に漏れ出ないよう閉じ込める重要な役割を持つ施設で、容器の破損を防ぐため、圧力を下げる作業を行うということです。
原子力安全・保安院によりますと格納容器の中には、放射性物質を含む空気が入っていて、まずは格納容器の圧力を調節するサプレッションプール=「圧力抑制室」の中の水を通して、射性物質を減らしてから外に放出する方法を試みるということです。

しかし、この方法で圧力が下がらない場合は、直接、外に空気を放出するということで、その際は、外部に出る放射性物質の量が増え、放射線量が高くなる可能性があるということです。
原子力安全・保安院によりますと、空気を直接放出する措置を実際に行えば今回が初めてで、放射性ヨウ素の放出量がこれまでより増えると予想されるということです。

東京電力の福島事務所によりますと、この措置によって、放水と電源の復旧作業を行っている人たちをいったん退避させてから格納容器の圧力を下げる作業を行うということです。原子力安全・保安院は、「今回の作業で、外部に放出される放射性物質が増えることになるが、東京電でも議論した結果、やむを得ない判断だ、ということになった」としています。

東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム

上 昌広

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ミキ says...""
私も正直、原発や放射能のことは難しくてわからないことだらけなんですけど、テレビでは流していない?みたいですが、ネットで東電の会見をやっていて、それを見ていると東電側が事実隠蔽しているのが見えてきます。記者がアホで時々きちんとした答えが得られないんですが。。。こちらにサイトを貼っておきますね。http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi
2011.03.22 03:58 | URL | #- [edit]
mome says...">to ミキさま"
あまり勉強をしない記者が増えたことも、事実だと思います。
が、今回の、あまりにも報道の少ない事実を考えると、不勉強と言うよりは、自主規制があるような感じがして、どうにも不明瞭でいやですね。

わたしは、何もかも、すべての情報を開示していくことが正しいとは思っていません。
やはり、重大なことになればなるほど、より、リスクの高いことをあえて伏せる。と、言うことは、現実的にアリだと思ってもいます。

けれど、その、開示の仕方、内容の伝え方によって、良い方向に動くこともあるのですから、いまいちど、考えて欲しいな。と。

もしも、この記事のようにささやかれていることが事実なのだとしたら、最悪のケースを考え、近隣の避難住民をもっと遠くへ避難させることが重要であって、言われたとおりにするしかないひとたちが、更なる苦痛にさらされることは、回避しなくてはいけません。

もちろん、そのようなことにならないように、今、政府も頑張っているのだと、信じるしかないのですが・・・。

ユーストリームありがとうございます。
パソコンの上部に開けておきます^-^
2011.03.22 09:55 | URL | #195Lvy4Y [edit]
yokoblueplanet says..."藤波先生のメールも貼ります!"
momeさん、先生からのこのメールも貼ります。
先程の小出先生の毎日の分と河北新報は貼り終わりました。
放射線防護原子力安全研究所の動画に関して、広瀬隆さんが言及しておられました。この動画を貼ってから、風向きは関係ないと云う報道もあったりして、私は???、情報操作?と思ってきました。
ドイツの友人の中には、チェルノブイリの事故の時に妊娠していて、その後誕生した子はかわいい女の子ですが、耳が聞こえません。人間にも動物にもその後たくさんの奇形児が誕生し、確か講談社の週刊誌週刊現代が当時取り上げていたと記憶します。
2011.03.29 14:49 | URL | #- [edit]
mome says...">to yokoblueplanetさま"
ありがとうございます。
多くの方が知って、考えていただきたいと思っています。

風向きが関係ないと言うのは、ちょっと信じがたい報道ですね。
ヨウ素は、揮発性が高い物質じゃありませんでしたっけ?
そういうでたらめな報道をするから、ひとびとの不信が募るのです。

この原発のことがあっていらい、毎日毎日「ただちに」と言う言葉を何度も何度も聞きましたね。
コワイですね。
将来的に、何かが起こったとき、今度は、「原発事故との因果関係が認められない」と言うでしょうね。
2011.03.29 23:11 | URL | #195Lvy4Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/156-d6b98be0