風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

かわいいむすめ

今日、洗濯物を取り込んで、ついでにケージの掃除をーと思って、3にゃんずには娘の部屋に入っていてもらったのですが。

ちょうど、10分くらいしてから娘が帰宅したんですよね。
で、そのときわたしはケージの掃除機をかけていました。
すると、娘がリビングにやってきて、ちょっとふてくされたような顔で
「なんで、3匹ともアタシの部屋にいるの?」って聞いてきたんですよ。

なので
「ちょっと洗濯と掃除したかったから。っていうか、そんなに文句言わないでよ」と返したんですね。
そしたら
「いや、別に、文句なんていってないけど・・・」
「そう?なんか不機嫌じゃん」
それを聞いて、またふてくされた顔をして、娘は部屋に戻っていったんですね。

これが夕方のこと。

で、掃除も終わり、洗濯の取り込みも終わって、ニケとポロのごはんだからと、娘の部屋から、二匹をもらって、ケージにいれてごはん。

ごはんのあと、二匹とも眠くなったようで、ケージのベッドの中で丸くなって眠ってしまいました。

それでわたしは、晩御飯のシチューを煮込みながらパソコンをはじめていましたら、娘が、わたしの部屋にやってきて
「さっきは、ごめん・・」

へ?
なに?
すっかり忘れている母(笑

「いや、さっき、ちょっと不機嫌だった・・」

あぁ!

「いや、いいよ、何も気にしてないよ(笑」と笑うと、ほっとしたように笑って「うん」と、言って部屋に戻っていきました。

むすめ。かわいいなぁ(笑

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

クルー says...""
ふふふ、娘さんとの会話ですね^^
私も昔よく母親に当たったりしてました、何も悪い事されてないのに・・・
逆に気を許してるから本音を出せちゃうんですよねぇ。
素直に謝る娘さん、本当にいい子です^^
2011.01.22 18:26 | URL | #- [edit]
mome says...">to クルーさま"
親子、特に母と娘はどうしてもねぇ(笑
わたしも、本当にわがままで、よく母を困らせたものでした。

素直にごめんなさいと、自分から言えるようになって、おとなになったなぁって思って、なんだか可愛くてね^^
2011.01.23 18:58 | URL | #195Lvy4Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seekmome.blog76.fc2.com/tb.php/102-92567db6