風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

ぎゅうぎゅう


あきらかにはみ出している。


DSC_2228.jpg


カップが2個あるキャットタワーにすればよかったかな・・・。


いや、猫だもんな、思ったようにいくわけがない。



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

これもペットブームのおかげなのか

ここ何年か、猫ブームって言われてますね。

基本、そういうブームはとてもキライです。
ブームのおかげで「大量生産」された子たちが、どんどん病気になったり、たくさん捨てられたりしていくのを知ってからですかね。

だから苦々しく思ってはいるんですが、そういうブームが起こることによって、恩恵も少なからずあるのだと思います。
良いことも悪いこともある。
まぁ、その「悪いこと」が取り返しのつかないようなことだったりするので、問題なんですけども。


DSC_2208.jpg


で、何が言いたいのかと言いますと。
単純に猫のモチーフ雑貨なんかが増えて、ちょっと嬉しい。みたいなことを思わなかったと言えば嘘になりますが、それだけじゃなく、犬や猫に関連した便利グッズが増えたということでしょうか。


で、これですよ。
さっそくポチっとしたものは。

防水掛け布団カバーおねしょシーツ

まぁ、もちろん介護だとか子どものおねしょように開発されたことは間違いないですし、防水シーツはずっと以前からあった商品ですけども、ペットの粗相に!みたいなうたい文句を掲げてるショップは少なかったように記憶しています。
レビューとかでは、ペット用に買いました。なんてのは良く見かけてましたけどね。

でも子どもや高齢者用のものと、ペット用って、ほんの少しだけ使い勝手が違うじゃないですか。
猫は、とりあえずおしっこのあと、カリカリって砂をかくしぐさをしますでしょ?
だからうちの場合、寝室に入ってベッドを見た瞬間に、かけてあった防水シーツが丸められているから、「やられた!」とすぐわかるんですけど、他のお宅もそうじゃないでしょうか?

で、そうすると、おしっこがかかった部分が他の布団にくっついてたりして、それも被害に合うとかね、二次災害が起こるわけです。
(もしくは、最初に砂をかいて、防水シーツをめくってからされるといかね!)
だから、何か良い手段はないものか・・・と、思っていたら、上にリンクした、防水カバーなるものがあった!

これ、以前からあったんですかね?
わたしが防水シーツを購入した3,4年前には無かったような気がしてるんですけど。
と、いうか、そのころは、大きいサイズの防水シーツも少なくて、ベッドカバーとして使いたかったからクイーンサイズとか探してたんですけど、そういうのもほとんどなかった記憶なんですよ。
こういう需要が急激に増えたのって、介護シーンが進んだことと、ペットブームがあったからじゃないかなぁと、勝手に思ってるわけです。(子ども用のおねしょシーツは古くからありますけど、サイズが小さかったですからね)

で、このカバー。
すっぽり布団カバーなんですよ。
敷布団のカバーもありますし、ベッドとかのボックスタイプのもありました。

うちは、夫のベッドをわたしのベッドがくっついているんですけど、その真ん中でうちのおしっこマンにおしっこをされることが結構多くて、そうなるとカバーもすぐにずれて掛布団、敷布団、敷パット、シーツ、マットレスと、すべてに被害が及ぶことが多々あって、特にベッドのマットレスなんてどうしようもないんですよ!
熱いお湯で絞ったタオルで何度も拭いて、消臭スプレーをしたところで、なんとなく、いつまでも香る・・・。

それが解消できるのかと思ったら!
少し高いかなと思ったけど、でも、いい!
洗濯機を1日中回すことからも解放される!

なにより・・・。
ポロちゃんを怒らなくて済む・・・・・。

実は、こういう粗相などで猫を叱ったことが無かったんですけど、もしかして、叱られないからダメなことと認識できてなく、してしまう可能性もあるのでは?と、思って、昨日、洗濯が終わった後にさらに2回おしっこを追加された時点でポロちゃんに「ポロちゃん、めっ!!めーなのよっ!」とわざと強めに叱ったんです。

そしたら・・・。

その後、わたしが呼んでも、フイ・・・・・と身をひるがえして近寄ってこなくなって・・・・・。


こんなこと、ないんですよ!
ポロとわたしの間に、こんなことないんですよっ!!!!(涙)



もうわたし、平謝り。
ポロちゃん、ごめんね、ごめんね、もう怒ってないよ。
だいじょうぶ、だいじょうぶよ、ポロちゃん・・・・・。
(ポロは大丈夫と言う言葉がわかる)
おかーさんのとこおいで、ポロちゃん、怒ってごめんね、だいじょうぶよ・・・。
大丈夫だから・・・・。


するとポロ
「みゃっーん!!」と、抗議するように鳴いてから、わたしに駆け寄ってきました。

ホントの話です。

これもう、映画とかだったら、愛と青春の旅立ちとかが流れて、スローモーションかかってるくらいのシーンですよね。


もう、ポロにあんな思いをさせるくらいなら、おしっこなんて毎日すればいいとか思いました。



あ、そうそう。
メッセージで粗相の原因のひとつで泌尿器系のトラブルのご心配などをいただきまして、本当にありがとうございました。
ポロは小さいころから猫ベッドを全滅させるほどの布好きで、普段普通のトイレも使うんですが、布、特にわたしのベッドに好んでおしっこをするんです、次が夫のベッドで、本当にごくたまに娘のベッド。
でも、息子のベッドには絶対しないというね。

だから好きな順におしっこしてるんだと思います。うふ(ポジティブばか)
でも、今回かなり頻度が高かったので、わたしも泌尿器系のトラブルの心配をして出方などの様子は見ていました。
実は25年前に最初に飼っていた猫が泌尿器のトラブルのあった子だったので。
それで観察した感じでは、トラブルっぽくは無いなぁと言うところなんですが、まだまだ頻度が高く続くようなら、獣医さんに相談してみようと思っています^-^


ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。

近況報告・・・。

DSC_2216.jpg

どんっ

DSC_2217.jpg

どどんっ

DSC_2215.jpg

ずどどどんっ!


うちのかわいいキジ猫のポロたんは、布製品の上でおしっこをするのが大好きなんですが。


昨日は、なんかすごくはっちゃけてたっていうか。

突き抜けてたっていうか。




ナチュラルボーンおもらしっていうか。




すごい才能を感じます。




昨日から今日を振り返るとこんな感じでした。

【犯行時刻】23時~01時の間
【被害者(物)】夫の毛布1・夫の電気毛布1・敷布団1・敷布団カバー1
毛布、電気毛布、敷布団カバーは至急洗濯、敷布団は絞ったタオルで拭いた後消臭スプレー(しかしまだ臭い)

とりあえずこの時は、収納してあった掛布団と薄手の毛布と敷パットを取り出し、それを使用し就寝。

【犯行時刻】2時すぎ
【被害者(物)】出したばかりの夫の掛布団
今回の犯行は大胆にも就寝中の夫がかけている布団の上で行われた!

どんどん犯行の間隔が短くなっている!
先ほど洗っていた毛布や敷布団カバーなどの乾燥を取りやめ、部屋干しに以降。
空いた洗濯機で掛布団を洗うことに。
さらにもう一つ、わたしのしまってあった掛布団を出し、さらに普段ベッドカバーのように使っている防水シーツをかけて就寝。

【犯行時刻】7時少し前
【被害者(物)】新しく出したわたしの掛布団・薄手の毛布・夫のスウェット・敷パット・夫

今回も犯行は夫の上で行われた!
防水シーツが剥がれていた場所から侵入したと思われ、掛布団と夫の足が被害にあった。履いていたスウェットも濡れている。
夫は「急に足が寒くなってびっくりした」と証言。
エスカレートする犯行・・・まさに、シリアルキラー!
もう、止めることはできないのか!

そんなわけで、昨日洗っていた掛布団をお風呂場に干し直し、開いた洗濯機で毛布と敷パットとスウェットを洗い、洗い終わった後部屋干しにし、さらに掛布団を洗濯機に入れ、夫を風呂に放り込んだ。

もう、洗濯物を干すところが無い。
乾かないと、今夜眠る布団が無い!
寒いのに!
ジーザス!


IMG_20170112_010334.jpg


そんな思いを知ってか知らずか、とりあえず、その後犯行は落ち着いている・・。

しかし!

油断は禁物だ!














なにがあったのかなぁ・・・・・・(泣き笑い)



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。

該当の記事は見つかりませんでした。