風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

ぷーちゃんとサプリ

2ヶ月くらい前でしたっけか。

ある朝、夫くんがぷーちゃんの様子をみて「あれ?ぷーちゃんどうした?!」と大きな声で言ったので、何事かと慌ててリビングに向かい「どうしたの?」と聞くと、「足、引きずってる」と言うので、どれどれぷーちゃん見せてごらん?

と、声をかけたところで、「うん。ママわかったわ」と、ならないのがぷーちゃん。


歩いている様子を見たいのに、注目されたとたん、ピクリとも動かない。
じゃぁ、追いかけちゃうぞ!と詰め寄っても、2,3歩動いて止まって、また動いて、を繰り返すので、足の様子は見られない。

相変わらず、面倒臭い子なのである。

P1220586.jpg

「面倒くさいとは何よ!」

事実ジャン・・。


で、じゃぁ、と、いろいろな手段を用いてみたけど、一向に1メートルくらいまとめて歩いてくれないので、じゃぁ、また後で様子を見ようとしたら、ヒョコヒョコ歩いて部屋に戻っていくとかね。
本当にへそ曲がり。

で、歩いている様子を見たところ、確かに若干足を引きずるというか、ピコっと小さく跳ねるっていうか、痛いどこかをかばっているような歩き方をしてるんだよね。
でも、すごく微妙な感じなの。
確かにおかしいんだけど、はっきりとどこだかわからない。

だから触って見て痛がるかみてみたんだけど、痛がる様子はなかったので、本人も「なんとなくね~」って感じなのかもしれない。

それでも、何かの予兆だったらイヤだから、病院に連れて行くことにした。
もう高齢だからね、足に腫瘍とかが出来ててもイヤだし、それを見過ごしてたなんてことだと、もっとイヤだしさ。

それでいつもの成城こばやし動物病院に連れて行って、たまたまいつも診て頂いてる内科のH先生がお休み日で、外科のI先生になったのね、でもそれは正解だったみたいで、ぷーちゃんの足の様子は、今後も外科のI先生が診てくれることになりました。(主治医というよりもチーム医療なので、専門別で担当が分かれているよう)
診察では問診と触診をして、やはりあまり痛がる様子はなくって、レントゲンを撮ってみようかと言うことに。
まぁ、うちはそうして欲しかったので、是非是非とお願いし、夕方までお預けで、再び来院してレントゲンをみると、どうやら加齢による関節の磨り減りというか、少しの変形があったのでした。

あー、これ知ってる、うちのお父さんもこんな診断受けてたわ。
とか思いながら、どうしたらいいですかね~と言う話に。

いずれにしても加齢によるものなので、治療するとかそういうことは出来ないから、痛みがあるようなら薬で痛みを和らげるとか、そういう対処療法になるのと、あと、効果のほどは分からないけれど、サプリメントはあるとのことでした。

あー、それも知ってる、よくテレビで見るやつみたいな感じのかな?ひざがねーとか、こしがねーって言ってるアレ。

それで結論として、そのサプリメントを試してみることにしました。
やってみないと、どうなるかわからないもんね!

そのサプリがこちら。
「グリーンマッスルGL あすか」
P1230631.jpg

緑イ貝から抽出されたエキスが主成分で、グリコサミノグリカンやDHAやEPAなどが含まれているのだそうです。
90粒入りの袋で5キロの子に1,2粒の目安というので、ぷーちゃんは4キロないので1粒毎日あげています。

最初はお薬のように、抱えて口を開けさせて飲み込ませる。と、言うように与えてみたんですけど、他の猫が興味を持ってにおいを嗅ぎにくるので、もしかして?と、においを嗅いでみると魚のような香り。
じゃぁ、と、ためしに朝ごはんのとき、フードと一緒にお皿に入れたら、なんの問題もなく食べてくれました。
なので、与えるのも楽ちん!

で、効果のほどは・・・と、言うと。

何日か経ってから「あれ?ちょっとぷーちゃんの様子、良くない?」「そんな気もするよね?」と言う感じだったのですが、2ヶ月くらいすぎた今、足を引きずる様子が見られなくなりました。
軽度だったからか、ぷーちゃんには、結構効果があったようです。猫にプラセボは無いしね(笑)

よかったね。ぷーちゃん。

P1230319.jpg

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。