風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

猫の譲渡会(里親会)とフリーマーケットのお知らせ・世田谷

猫の譲渡会(里親会)と、活動のためのフリーマーケットが開催されます。
お近くの方は、是非お立ち寄り下さい^-^

**********

猫の譲渡会(里親会)と
 フリーマーケットを開催します!

★6月30日(日)11時~16時半
シーマシーマカフェにて開催
★最寄り駅は世田谷線・松原駅 徒歩1分
★駐車場はありませんm(__)m

現在保護している仔猫と成猫数匹の
譲渡会をやります。
資金調達のためのフリマも同時開催


主催:チームSLP

TINAの毎日が猫曜日
世田谷を中心に猫のボランティア活動をされている、チームSLP代表TINAさんのブログです。

わたしは、野良猫「えんちゃん」のTNRで悩みに悩んでいるとき、検索から偶然TINAさんのブログを拝読させていただき、本当にいろいろなことを考えさせられました。
その後心を決め、えんちゃんの捕獲をするべく区役所の方に相談に行った時に、ご紹介を頂いたのが、また偶然にもTINAさんで、たくさん相談に乗っていただいて、とても救われました。
しま&うずコンビの保護の際もたくさんのアドバイスをいただきました。

感謝感謝です。

わたしは譲渡会当日、猫ちゃんたちの運搬のお手伝いをさせていただきます。

かわいい子たちが待っています。
よろしくお願い致します。


**********

スポンサーサイト

ぷーちゃんその後

P1170462.jpg

さて、ぷーちゃんのその後です。

ぷーちゃんが食事を残すようになったのが、たしか3月下旬のこと。
それから2週間くらいして病院に行き診察をしてもらうが、血液検査(ホルモンとか、膵炎とか)も全く異常が無く、原因不明のまま、とりあえず処方されたのが、「ペリアクチン」というお薬。
抗ヒスタミン薬らしいのだけど、その副作用として、食欲の増進や気持ちをリラックスさせる効果があるとかで、それを試してみることになった。

ネットなどで調べてみると、まったく効かない子もいれば、すばらしく効く子もいるようで、ぷーちゃんはどうかなぁ?と思ったら、これがまた、ものすごい効果を発揮して、やたらとフレンドリーになるわ、気も大きくなるわ、ごはんはバクバク食べるわで、おお~~~と、喜んだ。

ちなみに、ぷーちゃんに処方されたペリアクチンは、1日1回1/2錠。
だけどあんまりにも効果テキメンだったので、(怖いくらいだった)1日1回1/2錠は必要ないだろうと、独自判断で2日に1回、1/4錠に切り替えていた。これでも充分効果があった。

だけど、薬の効果が切れると、また食欲は減退して、神経質そうにあたりを見回しながら、まるで野良猫のように周囲にびくつき、結局ごはんを半分近く残す日々。
もうね、ぷーちゃんの近くを通るだけで、物音がするだけで、食事をやめてパッと逃げ出す。これ、飼い猫じゃないよ・・。

とりあえず、他の3にゃんをケージに入れて、ぷーちゃんの食事中は出さないようにしたり、人間も近寄らないようにしてみたり。
それでも、薬の効果が無いときはダメだった。
4,2キロあった体重も3,7キロまで落ちていた。

P1170541.jpg

だけど、ともかく薬が効くということが分かったので、次に主治医である成城こばやし動物病院に行ったとき、H先生に、「これを長期投与するとして、体に悪いことはないか」と言うようなことを聞いて見た。
H先生は、ちょっと記憶がおぼろげだけど、それに対して明言はせずに、ただ、やはり薬だし、食欲を出すきっかけを作るようなものだから、あまり長期間与えるものでは無いと言うようなことを言って、アロマを試してみないかと言った。
気分をリラックスさせる効果のある、猫用のアロマということだった。
ついでに?腎臓をケアしつつカロリーの高い食事が無いか聞いてみて、それもあるとのことだったので(処方食よりは、若干肝臓ケアの効果は薄い)そのフードも試してみることになった。
とにかく、少しでも体重を戻したいと思って。

で、そのアロマがこちら。

P1170609.jpg

フェリウェイという商品で、猫の頬の部分から出る、フェイシャルフェロモン、俗に言う「親愛フェロモン」の化合物。
猫にはいくつかの部分から、臭いを出してマーキングなどをするらしいけど、この頬から出るフェロモンは親しいことを示すために出るフェロモンだそうで、このフェロモンを嗅ぐことで気分をリラックスさせるのらしい。

やはりネットで調べてみたら、未去勢の子のマーキングが減ったとか、いろんな効果があるようで、これも、効く子と効かない子がいるようだった。
引越しの後などに、このフェリウェイをスプレーすると、落ち着きが早くなるとも言われているようだ。

フェリウェイには、スプレータイプとリキッドタイプがあって、リキッドタイプはコンセントに差し込んで部屋の中に臭いを拡散するタイプ、スプレーは、部屋の四隅などに7,8回プッシュして臭いをつけるタイプらしい。
最初は、リビングで使用することを考えていたので、コンセントタイプを2個ほど欲しいなぁと言ったのだけど、隔離できるような小さ目のお部屋で試してみては?と言う提案があったので、寝室で試してみることにした。
手違いかどうか分からないのだけど、届いたのは、スプレータイプだった(でも結果オーライだった)

まず、説明書をよく読んで、寝室の四隅と、ぷーちゃんがいつももぐりこむベッドの足の部分に、8回ほどスプレーをプッシュして、ついでと思って、廊下だとか、ぷーちゃんのお気に入りのダイニングチェアの近くにもプッシュした。

アルコールで薄めてある商品なので、最初はアルコールの臭いがプンとしたけど、10分くらい換気していたら臭いは無くなった。
アルコールの臭いは猫が嫌うようなので、15分くらいするまで猫を近づけないようにと書いてあったけど、スプレー直後から、猫たちがわらわらと集まってきて、臭いをかいでいた。


そして、うちの子たちに、なんとなく変化があった。

ぷーちゃんを除く3にゃんが、やたらと寝室に入り浸る。
今までよりもハッキリと寝室に居たがる。
それまでは、猫用ベッドで3ニャン団子を作っていたのに、その日からベッドの上で団子を作るようになった。

P1170472.jpg

やっぱり、何か良い匂いがするのかなぁ?と夫と話していた。

それで、その日の夜のごはん、いつものようにぷーちゃんが残したので、ぷーちゃんと残りのフードを持って寝室に行き、そこに隔離して様子を見ることにした。
1時間後、寝室を覗いてみると、ぷーちゃんはごはんを全部たいらげていて、ベッドの上で寝転がっていた。
ぷーちゃんが、ベッドの上で寝転がるのは非常に珍しい。
「うーん、これはやっぱり、効果があるのかなぁ?」
最初は、「なんとなく、ありそうだよねぇ」と言う感じだったのだけど、2,3日してから、あることに気がついた。

しおちゃんが、今年に入ってから発情期を迎えたのか、異常に鳴くことがあって、このフェリウェイをスプレーする1週間くらい前から、もう、それがヒートアップしていて、すごい声でにゃぁおん!!にゃぁぁぁおん!!と1日中、何十回も鳴いていたのだけど、スプレーをしたその日から、ぴったりと鳴かなくなっていた。
1日に1回か2回鳴く程度。
これは思わぬ効果だった。


肝心のぷーちゃんへの効果はどうだったかというと、ペリアクチンのようにハッキリとした効果ではなかったのだけど、まぁ、アロマというものの性質から考えたら、結構効果はあるようだった。
まず、2,3日に1回ペリアクチンを飲ませないと食欲が持続しなかったのだけど、1週間から10日、食欲が持続するようになった。
1週間を過ぎたあたりから、また徐々に食事量が落ちてくるのだけど、食欲のあるときにたくさん食いだめさせる。と、言う方法で食べさせて、落ちてきたらまたお薬を飲ませながらスプレーしつつで、次の1週間から10日を持たせるようにしてみた。
薬の量も格段に減ったし、食べられる日が増えて、先日、結膜炎のような症状で病院に行ってきたのだけど、体重を測ると3,9キロに増えていた^-^

P1170523.jpg

このまま行けば、フェリウェイをスプレーした部屋に隔離するだけで、食事が摂れるようになるかもしれない、そしたらお薬卒業かなぁ。




余談だけど、フェリウェイをスプレーした翌日、人間用ベッドに、どこかの誰かが粗相をしていた。
しかも、おっきいほう・・。
人間用ベッドにおっきいほうをされるのは初めてのことだったのだけど、汚れた布団を高消臭モードで洗濯機で洗い、乾燥させベッドに戻すと翌日もされていた。
それが4回ほど続いたので、布団は処分したのだけど・・・。(結局夏用の上掛け2枚と冬用布団1枚を処分した)
フェリウェイと関連があるかは謎。


ちなみに犯猫はわかっていないが、「たぶんシマシマのアイツだろう」と、家族の意見は一致している。


P1170578.jpg
シマシマのアイツ。


該当の記事は見つかりませんでした。