風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

良い刑事と悪い刑事

日々、猫たちに癒されています。

P1160977.jpg

あぁ、なぜにこうも、猫というのは愛らしいのか。



なぜ、猫のすることなら、すべて許してしまえるのか。


人間の子と何が違うのか・・。




昨日から、まやもや「息子問題」の持ち上がっている我が家です。


昨日、息子を叱りましたが、今回「は」わたしは全く悪くない!!!!と思っています。



P1160963.jpg


今ですね、息子には恐竜ブームが来ているということをお話ししましたが、恐竜が大好きなんですよ。

それで、今月の31日に上野の博物館に行って、恐竜を見ようって決めてたんです。

息子は毎日毎日31日が来るのを楽しみにしていて、「ぼくはきょうりゅうはかせになるんだよ」とか、「はくぶつかんおわったら、レストランいこうね」とか言いながらにこにこしてて、わたしたちも嬉しかったんです。



で、昨日。

息子が通所から帰ってきて、ヘルパーさんがやってきて、オムツの交換をしていたときのことでした。

ソファベッドに寝かせて、オムツを交換しようとしていると、突然息子が「イタイイタイいたいいたいいたいいたい!!!!!!」と騒ぎ始めたんですね。

ちょうど、オムツの当たる部分に、小さなニキビが出来ていたのを昨夜から知っていたので「あぁ、ニキビがあるんですよ」とヘルパーさんに伝えたんです。

ヘルパーさんが「どれどれ?」と言う感じで、オムツに手を伸ばしたら、また、「いたいいたいいたいたい!!!!!」と大声で騒ぎはじめ、ヘルパーさんも「けいしくん、ぼく、どこもさわってないよ~」とお手上げのポーズをしたんですよね。
息子が「大げさ」なのは、もうわたしもヘルパーさんも知っていることなので、少しふたりとも笑いながら「まったくも~」って感じだったんですよ。


P1160901.jpg


それでわたしが、「けいし~。もう、お兄さんなんだから、あんまり大げさに言わないで、普通に言えばいいんだよ~」と声をかけると、突然ですね、息子がすごい形相でわたしをにらみつけ、意識した顔でわたしを見てからこういったのです。

「うっせーーーーー!!!!!!うっせーーーーーーー!!!ママ、しね!!!!!!」


息子の表情で、わざとこの言葉をチョイスしたのがわかりました。


ヘルパーさんも驚いて「あっ、けいしくん、口悪いよ」と言って、わたしも「そういう言葉を使っちゃいけないよ。」となだめるように言ったのです。

しかし息子の怒りの感情が収まらなかったので、「けーい。そういう言葉はダメだし、ママ、本当に怒るよ?」と言うと「きょうりゅうてん、いけなくなる?」と聞いてきたので、「そうだよ。あんまり悪いと、いけなくなっちゃうよ」と答えたのです。

そうしたら。

「ぼく、いかなくていいよ」って始まったんです。



実はこれ、「いつものやつ」と我が家で呼んでいる行為でして、息子は機嫌が悪かったり、うまく行かないことがあってイライラすると、「パソコンこわす!」とか「DSすてる!ゲームすてる!」とか言うんですよ。

ポケモンの映画に行く予定だったときは、何度「ポケモン行かない!!」という台詞を聞いたことか・・。

こういうのって、まぁ、感情としては分かるんですよ。
むしゃくしゃして、○○しない!みたいなことになるのはね。
わたしでも、まぁ、あることですよ。

だけど、これ、対処に困るんですよ。

「わかった、じゃぁ、パソコン捨てるのね」とか言って、パソコンを捨てるふりをしようとすれば、もちろん、またかんしゃく玉に火がつくわけですし、なだめても調子にのって捨てるこわすと騒ぐだけですし、結局「いい加減にしなさい!!」と怒られて、沈静化していくっていうのが、いつものパターンなんですね。

で、「またかよ、めんどくせぇなぁ・・・・」って思ったわけですよ。


「いい加減にしなさい!!」と怒らないと沈静化しないのは分かっていたんですが、それをするのもなんかイヤだったので、今回は、冷静に、何度も、自分が後悔することなんだよ。みたいな感じで話して聞かせたんですが、まぁ、収まらないよね~。


「本当に行かなくていいの?」
「いかない」
「けいし、行きたかったんじゃないの?」
「いかなくていい」
「あとでがっかりするのは、景なんだよ?」
「いかない!」

あ、そう。
わかった。
「最後にもう一度聞くよ?いかなくていいのね?」
「うん。いかない!」
「わかった。じゃぁ、恐竜展なしね。もうママも本当に怒ったので決めました。決定です。恐竜展には行きません。」


P1160910.jpg

しばらく黙っていた息子ですが、本当に行かないのかと不安になってきたわけですよ。
怒りも収まってきてますし。

「どうしよう・・S井さん・・・ママ、ほんとうに、おこっちゃったって」とヘルパーさんに助けを求めましたが、ヘルパーさんも「そういうのは、自業自得っていうんだよ」

意気消沈する息子。

しばらく、ヘルパーさんとお話しをして、「ちゃんと反省して元気だしてね」といわれ、たぶん頭の中で、ぐるぐるといろんなことを考えていた様子でした。


その後、その日はマッサージもあったので、ソファベッドで横になりながら、ひとり反省中。

わたしも、いろんなことを考えていました。


行かないのは可哀想だよなぁ。と、言う気持ちと、でも、一度いたい思いをしないと、これを何度も何度も繰り返すんだよな、今までそうだった。と、言う気持ちと。

とりあえず、夫に「景史が恐竜展に行かないと言うので、行きません。決定です」とメールをしました。


その30分後くらい、電話が鳴ったので出てみると、息子の通う施設の担当の方からで、いろいろ用件を伝えられ、その後、「日曜日、恐竜展に行くそうですね~」と話しが出たので「いやー、実は今まさに今、その話しでもめてまして~~」と答え、今あった出来事を聞いてもらったんですよ。

「うっせー、しねとか言うんですよ~~~」
「えーーー!!!!!想像できません・・・・」
「家では、そういうこと言うんですよーーーー」
「いや、通所では、怒ることとか無いですよ、やっぱり遠慮があるんですかねぇ・・」
「それで恐竜展に行かないって言うんで、わかりました。じゃぁ、そうしましょうと。言う感じになっていて」
「な・・なるほど。・・・」

息子がソファベッドから「いわないでーーーーー!!」「ママ、ごめんなさいぃぃぃぃぃぃぃ!!」と叫んで
「なんか、言ってますね(笑」
「はい、ごめんなさい、言わないでと叫んでます(笑」

そこからは、「ごめんなさい」攻撃が始まりまして
「ごめんなさい。恐竜いく、いく。いきたいの」を50回くらい繰り返していましたが
「ごめんなさいはわかりました。でも、恐竜展には行きません」を50回くらい返しました。


夫からも電話があり
「なに?どうしたの。喧嘩したの?」
「いや、いかないって、いつものやつ」←これで通じるほど頻繁
「あぁ、いつものか・・(苦笑」

まぁ、ともかく、夜に帰ったら、話しをしてみるよ。と、夫は言って電話を切りました。


P1160907.jpg


さすがに50回近くのやりとりで、「これは本当にいかないのかもしれない・・」と息子が感じ始めたようで、その後は、どうやら同情をひく作戦にでたようでした。

「あしたはー、つくしんぼ(息子の通う施設)にいってー、どようびはー、にゅうよくサービスがきてー、にちようびは、おうちです・・」とか
「ぼく、きょうりゅうはかせになれないから、あきらめるよ・・・」とか
「どにちは、いえで、ゆっくりすごすんだね・・」とか言っていたので
「そうだねー」とか
「恐竜展にいけなくても、ネットで勉強すればいいんじゃないの?」とか
「ゆっくりすごしてリフレッシュですね!」とか答えていました。


さて。

夫が深夜に帰宅。

ベッドにいる息子とちょろちょろっと話して、リビングにやってきたので「どうだった?」と聞くと
「まぁ、あれは、反省してないな(笑」

まぁねー。
わかってたけどねー。

「それで、どうするの?日曜日。」と言うと
「しょうがないんじゃない?悪い言葉を使っちゃダメなんだってことは、もう、分かるべきだし、今回は行かないってことにして、様子見て、来週にでも連れて行けばいいじゃん」


え・・・?



ちょ・・・ちょっとまって・・・・?




わたしの、想像と違うんですけどーーーーーーー!!!


P1170088.jpg


いやさ、わたしの思っていたストーリーっていうのはさ。

私「けいったら、これこれこうだったのよ!ぷんぷん!」
夫「まぁ、いつものことだし、困ったなぁ」
私「もう、今回は景に学んでもらうために、恐竜展には行かないわ!それでいいわよね?!ぷんぷん!」
夫「いや、ちょっとまってよ。それじゃぁ景が可哀想だろう、あんなに楽しみにしてたのに」
私「そうだけど、いい薬よ!ぷんぷん!」
夫「オレからちゃんと話して聞かせるからさ。。な・・」

とか夫が言いながら、息子の所にいって
夫「ちゃんと反省して、ママに謝りなさい。パパも話してあげるから」
息子「わかったよ。ママ、ごめんなさい(涙」
私「今度同じこと言ったら、本当にダメだからねっ!わかったの?!」
息子「わかったよ。ママ、ごめんなさい」
私「もう、しょうがないわね!」
夫「わかったよな。お兄さんなんだから、ちゃんとしような」
息子「うん。」



みたいなね?


そういうストーリーだったんですけどね?



え?なんで夫、わたしに賛同してるの??



思わず
「そ、それじゃぁ、け・・景が可哀想じゃない!!!(涙」
「え~?泣くくらいならなんで、そんなこと言うんだよーーーー」


だって!!
思惑と違うから!!



P1170027.jpg


あれじゃない?

昔の頑固オヤジとかがさ、子どもを散々叱って、「メシ抜きだ!反省するまでここに入ってろ!」とか言って、蔵とかに閉じ込めちゃってさ、お母さんがおにぎり作ってもってってさ「お父さんには内緒よ・・」とか言って、子どもに食べさせて「ちゃんとお父さんに謝りなさい。おかあさんも一緒に謝ってあげるから。ね・・」とかさ!

取調室で怖い刑事が「白状しろ!お前がやったんだろ!!」とか言って、優しい刑事が「まぁまぁ。。お前さん、国はどこだい?・・そうか・・今頃、雪で真っ白なんだろうなぁ・・国のおふくろさん、泣かせちゃダメだぞ・・」とかさ!

コンビってそういうもんじゃないの?

違うの?


一緒に怒ったらダメじゃん!


コンビの意味ないじゃん!


P1170115.jpg



もう!

どうすんのよ、日曜日!



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。