風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

嚥下判定

今日は息子の通院の日でした。

通院は今のところ、月に1回麻酔科にかかり、在宅医療の指導を受けます。
呼吸器を夜間に使っているので、そのチェックですね。

で、あとは3ヶ月に1回、神経内科と循環器科にかかります。
神経内科では、日常の様子など細かいことなどを相談したりして、循環器科の方では、心臓を定期的にチェックしてもらいます。

今、息子が飲んでいる薬は
ムコソルバン(痰を切りやすくする薬)
エナラート(心臓の負担を軽減する薬)
アーチスト(心臓の負担を軽減する薬)
この3種類です。

病気自体に関しては、治療薬などがありませんので、それぞれ問題が生じてくる部分の対処療法になります。
筋肉の病気ですから、心臓などを動かす筋肉も弱ってくるんですね。
それで、大事に心臓を使っていきましょうということです。

で、今日は、フルバージョン。

まず、神経内科のオーダーで、嚥下能力の判定をしました。

これは、レントゲンで、食べている様子を撮影し、きちんと飲み込めているか確認するんです。

その撮影をする機械はとーっても大きくて、お子さんの状態によっては、寝たまま撮影することもできる仕組みになっています。

うちの景の場合は、普段、食べている姿勢が、車椅子に坐ったまま、前傾姿勢をとるタイプなので、そのような形にしました。

P1160728.jpg

本当は、逆向きの方が、撮影上良いようなんですが、車椅子が大きいため、後部車輪がつっかえてしまい、このような形で撮影することになりました。

今回は、とってもスムーズだったんですが、以前使っていた車椅子は電動で、もっと横幅が大きかったため、このレントゲンのスペースに入ることが出来ず、先生が、椅子に坐って、息子を抱っこして(しかも、前傾姿勢をさせつつ)撮影するということもありました。(あの時はみんな汗だくだったなぁ;)

で、息子の前に夫が陣取り、いつものように食べさせるわけですが、小さいお弁当を持参したので、それをてべて貰いました。

まず、ごはん、そのあと、シュウマイ、そして肉と菜っ葉の炒め物。
食べやすい形状のものから徐々に試して行きました。

P1160736.jpg

食べるものには、造影剤をふりかけてまぶします。
これは、わりと甘い味のようで、息子も嫌がることなく食べることができました。

P1160735.jpg

こうして、造影剤をふりかけた食べ物を少し口に運んで食べてもらい

P1160730.jpg

モニターで様子を見ます。

子ども病院なので、レントゲン室も可愛いですね^-^


息子の喉をみんなでみつめながら「あ、落ちていった!」「いい感じにながれたね!」などと言いながら何度かためしました。

結果、ごはんもシュウマイも問題なく通過。
少々、食道の分岐のあたりに滞留する傾向が見られますが、1年半くらい前に検査したときとほぼ変わりない状態のようです。
肉と野菜炒めの方は、ほんとうに少量でしたが、誤嚥がみられたようです。
ただ、むせるほどでもなく、肺炎をおこすほどの量でもないようで、これも以前と同じ判定でした。

肉の欠片は、今までも何度か喉に詰まらせたことがあるので、やはり注意が必要だなぁと感じました。
食べにくそうなものは、フードプロセッサーにかけているのですが、「つい」「めんどう」なときもあって、そのまま食べさせることもあったので、反省しないとですね。
(通所施設や、ショートステイ先では、刻み食や後期食などで対応してもらっています。後期食というのは、離乳食みたいに、料理がペースト状になったものです)


嚥下判定のあとは、いつもの麻酔科により、がんばってるねと褒めてもらって、息子はとっても嬉しそうでした^-^(呼吸器大嫌いなんですよ)

そうそう、そういえば・・。

麻酔科のドクターのお名前が、K藤先生というのですが、麻酔科に寄って、呼吸器のカードを出したとき、看護師さんに「K藤科の麻酔先生に、これ、渡してください!」と言ってしまったわたし・・・。
「あっ、違う!!」と慌てるわたしに、看護師さんが「惜しい!」と言って笑いました(笑
もう、本当に頭がボケてる・・・(涙

で、最後は心臓のエコー検査をして、そのあと循環器。
心臓の方も、前回の検査と変わりないと言うことで一安心でした^-^


つまりは「現状維持」ってことなんですが、こういう身体能力が下がっていく病気の場合、現状維持って言うのは、すごく良いことだと思うんですよ。
良い方向に作用しているところがあるって、わたしは思っているんですけどね。

そんな感じで、ながーい通院でしたが、ひとまず終了。
お疲れ!わたし!(途中待合のソファで居眠りこいた 笑)


ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

スポンサーサイト

最近食べたもの

そういえば最近、料理の記事を書いてないなぁ。
手抜きが増えたからかしら・・・(笑

先日、夜中近くにお腹が空いて、娘に「ねぇ、アップルパイ食べたい?」と、聞くと
「食べたい!!あるの?」と、言うので
「ない。」と、答えると
「なら、なんで聞くのっ!」と、怒られました。

いや、りんごがあるから、作ろうかな~って思ったんだよー。

そんなわけで、夜中にアップルパイを作りました。

もちろん、パイはパイシートで。

最初にカスタードクリーム作り(我が家のアップルパイの定番は、カスタード入りのアップルカスタードパイだから)
カスタードクリームを作っている間に、娘にりんごを剥いてカットしてもらいました。

ちなみに、アップルカスタードパイのレシピはこちら

今回は、面倒だったので丸型にせず、パイシートを4つに切って、四角い一人サイズのものを4人分作りました。
(パイシート2枚使用)

P1160662.jpg

焼き時間は、210度で10分くらいプラス180度にして16,7分だったかな。

焼いたあと思ったけど、ほら、あれ、やだ、なんていうんだっけ・・・(まじ汗
お砂糖のさー、細かいツブツブしたやつ。
えーっと・・・。

とにかく、そういうのかけて焼いたらよかったかなーって!


察して下さい。


でもまぁ、無くても充分甘くて美味しかったですよー(と、言ってもうちのは甘さ控えめかも)


そんで、おつぎは、久しぶりに、ビーフストロガノフを作りました。

P1160650.jpg

うちのビーフストロガノフは、白いです。

っていうかー。
ビーフストロガノフは白いもんだと思うんですけどー。
時々、洋食屋さんとかで、赤茶色のを見かけますけど、それ、ハヤシライスですよね?って思うんですが。
世間的にはどうなんですか?

ちなみに、我が家では、ドライカレーもこだわりがあり、「ドライカレー」は、ひき肉で出来た、いわゆるキーマのような感じの出来上がりのもので、ごはんにカレー粉とかで味付けしてるのは、「カレーピラフ」と、区別して呼んでいます(笑

まぁ、ともかく。ビーフストロガノフですよ。
白いですよ。

これは、サワークリームで味付けをしてあるので、白いんですが、わたしが過去に食べた白いビーフストロガノフで、一番美味しい!!と思ったのは、高校時代に良く通っていた喫茶店のものでした。
やっぱり白くてねー。
でもたぶん、生クリームを使ってたんじゃないかなぁって思うんですよね。
わたしが作るものより、酸味が無かったし。
あの味、再現したいなぁ。。。

白いビーフストロガノフの作り方は、とっても簡単です。

まず、ニンニクを少々、バターを溶かしたフライパンで香りが出るまで炒めます。
そのあと、薄くスライスした玉ねぎを入れ、透明になるまで炒めて、お次は、小麦粉をまぶしておいた薄切りの牛肉を入れ、また炒め、半生くらいになったら、薄くスライスしたマッシュルームを入れ、また炒める。
材料ひたひたの水を入れ、固形ブイヨン2,3個入れて少し煮て、肉に火が通ったなーと思ったら、サワークリームをたっぷり入れてかき混ぜて、塩コショウで味を調え、ハイ終わり。
バターライスに添えて食べると美味しいですよー。

今度は、生クリームを足して、サワークリームを減らして作ってみようかな。


あとはー。

そうそう、皿うどんを作ったんですけど。

P1160652.jpg

ところで、このソース知ってます?

P1160591.jpg

金蝶ソースとか言うものらしく、皿うどんの本場長崎では、このソースをかけて食べるんだそうです。

今回、夫くんの会社のひとが、福岡のご出身の方なんですけど、お土産に買ってきてくださったんです。それで初めて知って、初めてかけて食べて見ましたよー。

なんていうか。

皿うどんが、焼きそばになった(笑

美味しかったですよ~オヤツみたいになる。でも、わたしはかけないで、そのまま食べる方が好きかな?
でも、夫と娘は、かけたほうが美味しいって言ってました~。

あのひとたち、味が濃い方が好きだしね(笑


それからさらに。

P1160655.jpg

おぎのやの峠の釜飯弁当も食べました♪

これは安定の美味しさ!

近所のスーパーで時々販売するんですよ。
すぐに売り切れちゃうので、並んで買うんですけどね、ちょっと高いかな~って思うけど、やっぱり美味しいんだよなぁ。

横浜シウマイ御弁当
横川峠の釜飯弁当
高崎だるま弁当

この3弁当は鉄板ですよね(笑


あとは~・・

そうそう、忘れちゃいけない!
毎日もぐもぐしているあれをね!


P1160663.jpg
黒猫の日干し


P1160664.jpg
キジと茶白の団子鍋


P1160665.jpg
いつもの三毛定食


どれもこれも美味しすぎて、ついつい、おかわり!



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

ジェラシー

先日、めずらしくヒーター前を離れて、ぷーちゃんがわたしの部屋にやってきました。

P1160632.jpg

ぷーちゃん、ぷーちゃん♪かわいいねぇ~^-^

と、写真をパシャパシャ撮っていると、そこへニケ、やきもち焼きのニケ登場。

P1160635.jpg
かーちゃん、可愛いのはオレですよね?


ニケはねぇ、結構やきもち焼きなんですよ。

普段はそっけなく暮らしているくせに、他の猫たちと遊んでいたり、褒めていたりすると、必ず顔を出す。

それが、ポロちゃん相手だと、そっと近くに寄ってきて「オレもいますよ」アピールをするだけなんですが、しおちゃんやぷーちゃんを可愛がっていると、かならず割り込んでくる。

特にぷーちゃんに関しては「オマエ、可愛がられてるんじゃねーよ」とばかりに、んにゃあんにゃあ言って追い払う始末。

P1160636.jpg
にらみを利かせる男ニケ。

まったく、困ったもんです。


「こら、ニケ、ダメよ」と言ってはみるのですが「かーちゃん・・・・♪」と熱い視線で甘えてくるので、怒れません。


困ったもんです、わたしも。




そして関係ないですが、先日の夕日がとってもきれいでした。

P1160645.jpg

部屋もオレンジ色に染まって、静かなひとときでした。

P1160647.jpg


なんとなく、大好きな夫がいて、可愛い子どもたちがいて、最愛の猫たちがいて。

自分は幸せなんだなぁって思う瞬間でした。


昔ね、ネットのゲームなどに嵌っていた頃、夫がわたしに言ったんですよ。
「もっと日常を愛して」って。

そのときは、あまりピンとこなかった。


3月11日に、あの恐ろしい震災があって、その痛手は今もなお続いていて。

あの時からすっかり、わたしはいろんなことに興味を失って。
ネットのゲームもまったくやる気がなくなって。

そして日々を愛しく思うようになって。


家族と、猫たちと暮らすこの毎日が、かけがえの無いものになって。


やっと、日常を愛するという意味が分かって。


そして、本当の意味で幸せを実感したような気がする。


満たされない何か、ここではないどこかを求めて、一瞬の喜びを手にしたとしても、地に足のついていない安易な非日常の中では、充足感など得られるわけはなく、結局、乾くだけなのだと思う。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。