風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

日本人なのにだのに

P1160449.jpg
しあわせそうなしおちゃん。


わけあって、今、折り紙で鶴を折っております。

夕霧さんのブログで知ったのですが、にゃんだーガードさんと言う、福島で活動されている猫ボラさんの団体さんの、隊長さんのとても親しいお友達が、すい臓がんを患い、余命宣告をされたそうです。

その方のために、何か出来ることはないだろうかと考えられた隊長さんが、祈るしか出来ないから、折鶴を10万羽おってやれ!と思ったらしく、そのプロジェクトにささやかながら参加させていただくことにしました。

わたし、超がつくほどの不器用な人間なんですけどね・・・。
器用器用といわれる日本人なのに・・。
やっぱり、どこか南の血が混ざってるんでしょうか・・・?


それで、こんなことをいうと、ひどい人間だと思われるかもしれませんが・・。

わたし、昔から、千羽鶴とかに対して、あまり良い感情を持ってなかったんですよ。

なんていうのかなぁ。

そんなことして、何になるの?みたいな感じで。

小学校の頃とか、「お友達の○○ちゃんが入院したので、みんなで千羽鶴を折りましょう!」とかセンセイや学級委員とかに言われると、「はぁ?」って思ってるクチだったんです。可愛くないですね。
そういうのが抜けきらないまま大人になってしまった。

でも。

自分にとても大切なものが出来て、守るものが出来て、息子の病気のことがあったり、息子の大事な友達を亡くしたり、タキが逝ってしまったり、大きな震災があったり、その中で失われた命のことや、残された動物たちのことを思うようになって、何も出来ない自分。と、言うものを深く考えるようになって・・。
とにかく、自分に出来ることは、惜しまずやるべきなんだってことに気づかされて。

祈ること、思いを伝えること、誰かの悲しみに寄り添うこと、笑顔が見れて嬉しいと思うこと。

そういうことをね、思うと、「ナンになるの?」じゃないんだよ。って、思いましたね。


そのひとのために祈るし、そのひとだけじゃなく、同じように苦しんでいるひとのために祈るし。

今、末期がんで闘っているうちの叔父のことや、同じ病に苦しむお友達のママちゃんのことだとか、そういう人たちへの祈りと思いも一緒に折っちゃおうと思って。

主旨とずれちゃってるかもしれないけど、わたしはわたしの想いをのせて。



それと、以前から、書こう書こうと思っていたのだけど、上手く書くことが出来ないでいたことがありました。

がんペプチドワクチンについてです。

また後日、きっちり勉強しなおして、考えをまとめて書くことと思いますが、今回は、少しご紹介を。


巷で話題になったりしているので、ご存知の方も多いと思いますが、それでもまだまだあまり知られていないかもしれないです。

この、がんペプチドワクチン。
次世代ワクチンと呼ばれ、副作用が従来のがんの治療薬と比べてとても少ないことが特徴的だと思います。

ペプチドと呼ばれるたんぱく質で免疫力をあげ、がんに対抗することを目的としていて、注射でペプチドを投与します。
見られる副作用としては、接種部分が赤く腫れたり、湿疹が出たり、発熱やだるさなどが起こることがあるようですが、現在のところ、抗がん剤のようなひどい副作用は無いようです。

がんの治療を体験された方には、たとえ再発しても、あの苦しい治療はもうしたくない。と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それほど、現在の治療法は過酷だと思われますので、その治療の苦しみが殆ど無いのならば、それだけでも試してみる価値は、個人的にあると思います。

現在まだ、治験の段階にあるので、すべての方がこの治療を受けることは出来ません。
治験を受けるためには、いくつかの条件があります。
抗がん剤などの現在ある治療法で手を尽くして、それでも良い結果が得られなかったことなども条件のひとつです。
それから、酷なことではありますが、治験ということもあり、その有効性の証明のため、偽薬が投与される場合があります。
これは、患者本人はもちろん、医師もその薬が本物か偽物か知るすべはありません。

現在、治験をおこなっている「がん」の種類はまだ少なく、すい臓がん、肺がん、悪性脳腫瘍、前立腺がん、胆道がん、ぼうこうがん、食道がん、大腸がん、肝臓がん、などのようです。
治験の進み方も様々で、すい臓がんと肺がんが、治験の第三相に入っているようで、この第三相が終了し有効性が認められれば、新薬として申請することができます。

がんペプチドワクチン。
世界中で注目され、研究が進んでいます。

このワクチンの有効性が証明され、ひとりでも多くの患者さんが救われることを願います。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

スポンサーサイト

あがる↑↑

先日夫が、高校時代の同窓会に出てきたんですよー。

30数年ぶりに会う顔もたくさんいたようで、本当に楽しい1日だったようです。

だけど、帰宅した夫が、なんか異臭を放ってるんですよ・・・。

うちの夫って、普段わりと体臭の無い方なので、臭いを気にしたことがなかったんですね。
でも、すごい臭いで帰ってきたんです・・。

「くさっ。何?なんの臭い??タバコ?お酒・・?いや、もっとなにか違う臭いが混ざってる!!」


あれですかね。
これが、加齢臭・・・・・?


もしかしてこれが、加齢臭?!



世の奥様方が、臭い臭いというわけですよ・・。ホント臭い・・。

「あぁ、みんなでもう、抱き合ったりしてたからなっ!」


恐るべし加齢臭・・。


まぁ、50過ぎのおっさんたちが集って、飲んで飲んで吸って吸っての中ですからねぇ。
仕方が無いと言えばそうですが、そばに寄れないくらい臭いのってどうよ。どうなのよ。



それで、夫の高校時代の親友が、今回参加していたようで、夫が会場に到着すると、そのK籐君が「夫くん!こっちこっち!隣の席取って置いたから!!」と夫を招き寄せたんだそうで、それから3次会までずーっと一緒に喋って笑って過ごしたんだそうですよ。

良かったね~^-^
なんてニコニコしながら、その話しを聞いていたんですけど、夫が「あ、写真あるよ、見る?」とスマホを取り出して見せてくれたんですよ。

まぁ、ぶっちゃけ、50男の写真とか見せられてもねぇ・・・。
加齢臭軍団の一人でしょ~?

って、思っていたんです。





が!!!





K籐君。



超カッコいいの!!!!!!




なにこれーーー。
なにこのひとーーーー。



「か・・・・かっこいい・・・・・・・・」

「だろー?若い頃は自称デビッドボウイだったんだぜ(笑」

「わかるわーーーーーーーーーー」


なんていうか、ちょっと居ないタイプの良い男。
単純なハンサムじゃないのよ。

別に特別美形ってわけでもないのよ(ハンサムだけど)。

でも、なんか、すごくカッコいいの!
ちょっと色気があって、おしゃれな感じがすごくして、少しヤンチャだけど上品。みたいな!


あがるわーーーーーー。

自分のモンでもないのに、あがるわーーーーーー。


良い男は、世界の宝だよね!



わたし、自分の夫のこと、「割と若く見えるし、おしゃれだし、まぁまぁカッコいい方だよね♪」って思ってたんですけど、K籐君見た後に、夫見たら、ただのおっさんだったわ!


おそろしいわねぇ。
比較対象があるっていうのは・・・。


しかもK籐君、今、単身赴任中らしいんですよ(猫を2匹赴任先で飼っているとのことで、そこも高ポイント 笑)

やばいんじゃない?

こんな良い男が、野放しになってるなんて、ヤバイんじゃない?!

女が放っておかないんじゃないっ?!


と、人の夫のことで、やきもきしちゃうわたしでした(笑


あー、でもほんと。
久しぶりに良いモン見たわぁ。




オレよりイイ男だったのかぃ?
P1160408.jpg
まぁ、違うタイプのね(笑




寿命が延びたわ。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

猫にコタツ

「ぷーちゃん可哀想」と、夫が良く言うんですよ。

P1160379.jpg


主な原因は、ニケ。
8割がニケ、1,5割がポロ、残りの0.5割がしおちゃん。

まだ、ニケとポロが仔猫だった頃、ふたりはたぶんお母さんが恋しくて、ぷーちゃんに一生懸命擦り寄ろうとしていたんですが・・。
ぷーちゃん、あの性格ですからね、見ればシャー!聞けばフー!寄ればフーシャー!だったので、まったく近寄れなかったんですよ。

で、時は流れ、ニケがそろそろ1歳を迎えた頃でしょうか。
ある日、突然にニケが「んにゃぁぁぁ~。んんにゃぁぁぁ~」と、明らかに、ぷーちゃんに不満を言っているのを目撃したんです。

で、それ以来、ニケはハッキリとぷーちゃんに挑みだしたんですねぇ。

なんていうか、ニケはもしかしたら、このテリトリーのボスは俺。って思ってるかもしれないです。
いつも高いところに居て、みんなを見ているのが好きだし、ぷーちゃんを迫害しようとするし・・・。
下克上って気分なんですかね。

それでぷーちゃんは、1日に何回かニケに絡まれて、迫害されてるんですね。
そこで、夫の「ぷーちゃん可哀想」発言になるんですよ。

P1150974.jpg


確かに、ぷーちゃんは可哀想。
だから、わたしたちも出来るだけ、ぷーちゃんが「いじめられて」居るところを目撃したり、声を聞いたりすれば、「こら!」と叱りに行って、おもちゃなんかでニケの気をそらしたり、ぷーちゃんを抱きかかえ避難したりしてきたんです。

でも、ここのところ、ニケだけじゃなく、ポロちゃんやしおちゃんまでもが、参戦するようになって、ちょっと頭を抱えていたんですよ。

原因は、「ヒーター」

ぷーちゃんは、この家に越してくる前から、ずーっと何年も、暑くても、寒くても、ダイニングチェアの上が「居場所」で、あまりそこから動くことは無かったんです。
でも今回、引越しして初めての冬を迎えて、ヒーターの位置が変わったんですよ。
そしたら、ぷーちゃんの指定席が、一番暖かい場所になってしまい・・・。

その、「特等席」の奪い合いが始まってしまったのですよ・・・。

すよすよ
ニケの居る場所がぷーちゃんの指定席、つまり、特等席を奪われた後。

秋口はまだ、なんとかそれほど寒く無いこともあって、今よりは平穏だったのですが、今月に入って冬本番になると、猫たちの意気込みも変わってきて、まさに、仁義無き戦い。

ぷーちゃんが指定席で寝ているのにも関わらず、ポロが飛び乗り、フーシャーウーの交戦の後、ぷーちゃんが撤退。
じゃぁ・・と、2番席に移動するも、ニケがやってきて、「そこはオレんとこだから」と、またもや一戦。
そこでまた撤退を余儀なくされたぷーちゃんが、どうしようとうろうろしていると、そこにしおちゃんが「あそんでーーーー」と空気読めない攻撃。
椅子は4個あるからひとり1個ずつ分け合えば良いのに、ぷーちゃんがそのテリトリーに居ることが気に食わないニケが、ぷーちゃんを追いやったりするんですよ。
これですっかりぷーちゃんは参ってしまって、ひとり、寒い寝室で丸くなったりしてるんですよ・・・・・(ノ_・。)

「ぷーちゃん、かわいそうだから、晶ちゃんの部屋に入れてあげて!(娘の部屋は暖かい)」と、わたしと夫が言うのですが「でも、ぷーちゃん、入ってこないよ?」

そうなんです。
ぷーちゃんは、親に敷かれたレールの上を歩くのがキライなロック猫!
よかれと思ってお膳立てしてあげても、おとなしくそれに従う猫じゃないんですよ。

P1160219.jpg

「困ったもんだなぁ・・何か良い知恵はないものか・・・」

で、あれこれ考えたんですよ。
ホットカーペットを2枚買って、一枚を3にゃん用に、そしてもう1枚をぷーちゃん用にしてみては?とか。
もう一個ヒーターを用意してみては?とか。

でも、たぶん、ホットカーペットを用意しても、ぷーちゃんの居る場所を狙われるのは確実だし、もう1個のヒーターはさすがに不経済だし・・部屋、暑くなりすぎるし・・。

はっ!

そうだ!

そこで、コタツですよっ!!!!!


夫はコタツを出すと部屋が散らかる。と、いう理由で、コタツを出すのを嫌っているんですが、さすがにこの数日のぷーちゃんを見ていて可哀想という思いが強くなったようで
「コタツ出そうよ」と言うと
「そうだな。それがいいな・・・」

「だって、昨日の夜なんて、オレの膝に乗ってきたんだよ・・・ぷーちゃん・・」
「それは、ぷーちゃん、かなりの緊急事態だわ・・・」←ひどい

と、いうことで、コタツを出すことにしたんですよ。

ともかく、コタツで3にゃんをおびき寄せる!(ぷーちゃんは、コタツなどには絶対入らないロック猫)

P1160398.jpg
さあコイ!
コタツ布団を持ってないので、夏用掛け布団で代用(笑

そして、まんまとおびき寄せられるニケとしおちゃん。

P1160400.jpg

P1160431.jpg

おお~いい感じじゃないですか!

しかし、ポロが来ない。


じゃぁ、これならどうだ!

と、丁度コタツの上に日が当たって暖かかったので、猫用ベッドをコタツの上に設置。

するとポロちゃん、すぐに「ここ、いいんじゃない?」と入ってきました^-^

P1160404.jpg

あー、もっと早く、こうしてあげてれば良かったよ~~~~。


コタツのおかげで、ぷーちゃんも、いつもの指定席に収まることが出来ました♪

P1160426.jpg



P1160438.jpg
コタツが一番お気に召した模様のニケ。
まぁ、ニケが離れているなら問題ない。


あとは・・これが何日持つか・・・だな。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。