風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

語学力

語学力というものに恵まれていません。


もともと英語が大嫌いで、苦手で、高校時代は英語の先生に、毎週のように怒られていました。
「このままノートを提出しなかったら、落第させるわよ!」と。

提出もなにも、そもそも、ノートとってないし。


って状況だったので、友達みんなが「momeを進級させてあげよう!」と、ノートを作ってくれたという、嬉しくも苦い思い出があります。

わたしが高校を無事卒業できたのは、友人たちのおかげです。感謝感謝。


しかし、なぜか、そんなわたしが長いこと勤めていたのは、旅行会社。
しかも、海外旅行部。
ちなみに、ツアーコンダクターの資格も持っています。

どうやって試験に受かったのかが最大の謎。英語のテストもあったのに。


まぁ、こんなことを書くと

「もう、momeさんったら、旅行会社でツアコンの資格も持ってたくらいなんだから、英語が出来ないとか謙遜でしょ?それともなに?出来ないのよ~なんていいながら実はぺらぺらで、本当は自慢なんじゃない?」

なぁんて思う人もいるかもしれませんが、そんな風に思った人は出てきなさい!
わたしが泣きながら、殴ってやりますっ。わーん。ホントなんだもん!バカバカー!(涙


しかし、思えば、このように、さも「英語力」が必要そうな仕事をしていた過去があったり、青春時代は、横須賀のドブ板で遊んでいたり、友人がなぜか国際結婚カップルが多く、世界中に散らばっていたり、友達の家に電話をかけると、その結婚相手の「ガイジン」が電話に出てきたりと、なんだかんだ、涙ながらに外国語を使わなくてはいけないシーンが、結構あったようにも思います。

でも、それも遠い過去。

仕事を辞めてからは何十年も経つし、横須賀なんて何十年も行って無いし、友達への電話も今は携帯ですからね。直接本人にかけれるし。

だからもう、何十年も外国語から離れて生きてきたわけですよ。


それなのに。



あぁ、それなのに。


ビジネスを始めると決まって以来、毎日、外国語に悩まされています・・・。


英語やフランス語、チェコ語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語などで、「犬、首輪、アクセサリー、服」などとグーグル先生に翻訳してもらいつつの検索の毎日。

そして、「これは!」と思ったショップにメールで取引のお問い合わせ。
そしてやってくる回答。

もちろん、これらの外国語の中で、一番、イヤだけど親しみがあるのは「英語」なわけですよ。
これはもう、有無を言わさず。
だって、他の外国語なんて、「こんにちは」くらいしか言えないし!
強いて言えば、スペイン語を習っていた過去がありますが、これだって、「ミルクください」くらいしか言えないですよ。

なんで「ミルクください」かって?

それは、昔メキシコに行ったときに、レストランなどでコーヒーを頼むと、絶対ブラックで出てくるので、毎度毎度「ミルクください」と言っていたからです。

ちなみにこれは、夫にしか受けないエピソードです(夫が同行者だった)


と、まぁ、話しがそれましたが・・。


しょうがないので、「ビジネス英語」を検索し、その例文を見ながら、コツコツ、コツコツ、英文を作成し、相手先にメールを送る日々なんですよ。

大体ねぇ。
まず最初につまづいたのが「御中」ですよ。

Want you!じゃないですよ。
御中です。

英語に「御中」って言葉はあるのか。
そもそも、「御中」という概念はあるのか。
そこから躓きましたよ・・。

結局、御中のことは分からずじまいだったので、結局無難な感じでまとめましたけど。

これ、わかる方、ご回答ください!是非!



それでねぇ。


今まで出したメールは、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、スペイン、ドイツ、フランスなんですが。


フランスだけ、メールの返事が来ないんですよ。

フランスの3つのショップにメールしたんですが、どこからも来ない。


これは・・・もしや、あの噂は本当なのか?

よく聞きませんか?フランス人は英語が嫌いとか、そういう話し。
フランス語じゃないと対応してくれないとかいう話し。

でも、ビジネスでも、それってアリなの??と疑問はありましたが、やはりここは、その噂をいっちょ信じてみて「フランス語でメールを出すしかない!」と思ったのですよ。


でも、フランス語。


ボンジュール?くらいしかわからないわたしに、果たして、ビジネスメールなど書けるのであろうか・・?


そこでやっぱり、フランス語のビジネスメール例文集などを検索してみたり、グーグル先生やエキサイト先生なんかにお手伝いしていただいて、なんとかかんとか「それっぽい」ものを作って見たのですが、日本語に翻訳してみると、やっぱりヘン。
なんか意味が違ってる。

「日本からそれを買うことができますか?」って、わたしは聞いてるのに
「わたしは日本を買うことができますか?」って出てくる。

日本は買いませんから!

でも!
何が間違っているのかも分からない!

tomotanさんのところの旦那さんの、言い間違いを笑えない!
わたしより、はるかに立派!
オニをウニに間違えるなんて可愛いもんよっ。


まぁ、そんなこんなで・・。
mixiとかで、翻訳のコミュニティとかに入ってみて、「どなたか~たすけてください~」的なトピックを立てようと思ってる最中です。

果たして救いの手はあるのか。

いくらお金はかかるのか・・・。

フランスからのメールの返事は来るのか。


悩ましい日々です。





ランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

スポンサーサイト

近況

この前、夫くんとカフェでお茶をしていたら、カラスがガラスの向こうに飛んできたんですよ。
こんなお店の近くまで、カラスが来るのは珍しかったので、じーっと見ていたら、すぐにもう一羽飛んできて。

夫くんに「カラスが2羽も来たよ!珍しいねぇ。かわいいねぇ!」と言うと、普段から鳥類を可愛いと思うことが少ない夫くんは「えー?カラス?かわいいかぁ??」

そりゃ、カラスは、いろいろと問題もあるんだろうけど、こうやって、一羽一羽見ていると、やっぱり可愛いんですよ。
まぁ、ちょっと大きくて、とても賢いから怖い気持ちもあるけれど(笑

で、そのカラスをじーっと眺めていたら、カラスが小枝をくちばしで拾い集めだしたんですよね。

「あれ?もしかして、巣作りなんじゃない?」そう言って、もう1羽を見ると、やっぱりそっちも小枝をくわえている。

「つがいなんじゃない?」
「カラスって番になるの?」
「なるんじゃない?だって明らかに二人揃って巣材を集めてるよねぇ?」
「ほんとだなぁ~」

そういえば数日前に車で走っていたときも、道の傍らにカラスがいて、ハンガーをくわえていたんだよなぁ。
以前TVで、都会のカラスは、ハンガーなんかも巣材にすると言っていたから、そういう季節なんだなぁ。

一生懸命くちばしに小枝を集めているカラスは、やっぱり、可愛かったですよ^-^

でも・・。

子猫が生まれてくるシーズンでもあるんですよねぇ。

この前、アニマルプラネットで、夫くんと一緒に、チェルノブイリの動物たちだっけな?そんな感じのタイトルのドキュメントを見てたんですけど。

廃屋にねぇ、猫の一家が住み着くんですよ。
お母さん猫は、その家で3年前に生まれたとか。

それで3匹の子猫を生んで育てるんですけど、お母さんが狩りに行っている間に、1匹の子猫が、鷹だったか、そういう大きな鳥に捕獲されちゃったんですよね・・。

わたしは、しくしく泣きながらそのドキュメントを見てたんですけど、こういう都会でも、大きな鳥なんかの犠牲に野良で生まれた子猫がなってしまうことがよくあるんですよね。
もちろん、その逆もあるのだけど。

弱肉強食は、「自然」といえばそうなんだろうけれども、やっぱり切ないですね。


しかも、そのドキュメントに出ていた子猫が、うちのポロによく似ていたんですよ~・・。
感情移入しすぎちゃいましたねぇ。


そんなポロとニケですが、最近も相変わらず、ベタベタです(笑

ポロ&ニケ

「他所の子も、こんなに仲がいいの?」と娘と夫くんが口を揃えて聞くくらい、毎日、毎日、くっついています。

「いろいろみたいよー?こんな風にベタベタしてる子も、時々見るし~」

ともかく朝から晩までくっついて一緒にいるんですよねぇ。

それで、その姿を見るのが、やっぱり幸せなんですよねぇ(笑
一緒に眠っているのを見るだけで、かわいいなぁ・・って何度も口に出てしまう。
どちらか一匹が見当たらないと、不安で探しちゃうくらいですもん。

こんな風に、寄り添う相手がいると、本当に幸せ・・・だと思うんだけどなぁ?

ねぇ?

どうよ。ぷーちゃん。

ぷーちゃん
「あたしにはママがいますからっ!」


春の陽気に誘われて?ぷーちゃんも最近お外(ベランダ)に出たがるようになってきました。
へんくつなので、ぷーちゃんがベランダに出ようとしているときには、音を立てたり動いたりしてはいけませんのですよ。
万が一そういうことがあると、すぐに回れ右!ですからねぇ(笑

もうちょっと、ひなたぼっこすればいいのになぁ。
猫には太陽が必要なのに。

でも最近、暖かくなったせいか、ぷーちゃんもすこしわたしたちの近くにいることが増えました^-^

ブラッシングが大好きなので、時々してあげるんですけど(ぷーちゃんの許可があるときだけ・・)今度は禿げさせないようにしないとね!(笑


そうして、ベランダでは、「ツタ」の薔薇が咲きました。

今年も、黄色いきれいなツタの色です。

バタースコッチ

ツタがいってしまって、もう1年が過ぎてしまったのかぁ。

早いものですねぇ・・。

そうして、いってしまったといえば、来月はタキが亡くなって半年になります。

これはなんか、まだ半年しか経ってないのかぁ・・って感覚がわたしにはあります。

ずいぶん、遠い記憶のような、それでいて、まだ実感が無いような、不思議な感覚です。

あの、タキのなきがらを連れて家に帰る途中に見た、タキそっくりの大きな猫。
「まる」ってわたしたちは勝手に名前をつけて呼んでるんですけど(笑

まるも、あれ以来、見かけることが一度も無いんですよね。

その前を通りかかるたびに、夫くんとわたしは木々の中を覗き込んで「まる、いないねぇ」と言い合うんですが、本当に、なんであの日に、あのときに、まると出会ったのか・・
それも不思議でなりません。

「なんか、今度、まるに出会ったら、タキが生まれ変わったよ!って合図のような気がしてるんだけど」わたしが言うと「じゃぁ、まだなのかなぁ?」と夫くんが答えます。
タキはのんびりやだったからねぇ。
早く、戻ってきてくれればいいのなっ。


時々、息子が言うんですよねぇ。
「タキ、いつもぼくのせなかにいたねー」って

そう、タキは、誰かにくっついているのが大好きで、それで、息子の背中が特にお気に入りだったんですよね。
「おもくってー、ぱそこんできなかったんだよねー」って息子がまた言うので(笑
「景のことが大好きだったんだよー」と答えると、ニヤリと嬉しそうに笑うんです。

そういえば・・。

タキがいってしまって、1ヶ月後くらいだったかなぁ?

さとさとさんのブログを見て思い出したんですけど。

布団で眠っていたら、猫が布団の上を歩いてきたんですよ。
気配でわかるじゃないですか?

それで、「ポロがきたかな~?」って思って、ちらっと見たら、誰もいなかったんですね。

で、あれ?気のせいか~ってそのときは思ったんですけど、それから数日後、お風呂上りにドライヤーで髪の毛を乾かしていたら、足元に猫が体をすりつけてきたんですね。

で、「だぁれ~?」と下を見ると、やっぱり誰もいなかったんです。

タキだったのかなぁ~って。

その話しを家族にしたときは、みんな「気のせいだ!」って笑ったんですけど、最近夫くんが、タキの夢をよく観るとか、気配を感じるとか言うんですよねぇ。

ってことは・・まだ、家にいるのかな?
だったら、生まれ変わるのは、もっと先なのかなぁ?

ほんと、のんびりやさんなんだから(笑


でも、ずっといてもいいけどね。



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

試作第一号

昨日は試作のミーティングがありました。
今日も午後からその続き。
わたしもビジネスパートナーも、お互い「お母さん」なので、夕方過ぎると食事の支度しなくちゃ!となるので、思ったように時間が取れません。
でも、こうやってのんびり進めていくのが、わたしたちには合ってるかも。

そんなわけで、試作1号が出来上がりました。
まだまだ試作の段階で、これからいくつか手直しをしなきゃいけないんですけど、イメージだけでもお伝えできればいいな~^-^

試作1

布はリバティを使っています。ラミネート加工してあります。
リバティ大好きなんですよー(笑

早速、わんちゃん用と猫ちゃん用のおためしを作って、ニケにつけてみました。

試作とニケ前

や・・やだっ。

ニケ、かわいいっ!


夫に写真を見せて「ねぇ、首輪どう?かわいいでしょ?!」と言ったら
「これ、ニケが可愛い写真じゃん」と。

えへへ。まぁね。
だって、親ばかだもん!(笑

後姿はこんな感じ。

試作とニケ後ろ

結局首輪って、形は殆ど一緒だから、やっぱり重要なのは、布っていうか、柄だなぁと。
センスのいい首輪屋さんとか見てると、やっぱり布のチョイスがいいんですよねぇ。

春に布の見本市があったみたいで、それに参加したかったなぁ。
まぁ、1年に1回あるみたいなんで、来年は是非参加したい!
でも、途方に暮れそう!(笑

このリバティの布を選ぶにも、いったい何日かかったことか・・(笑

首輪は細いから、どんな風にプリントが出るのかイメージしにくいんですよねぇ。
でもそれが意外な感じに仕上がったりすると、それも楽しみなんですけどね^-^



ところで、話しは変わりますが、先日は母の日でしたねぇ。

わたしは、実母と夫の母に、モロッコのスリッパを贈りました^-^
とても軽くて履き心地が良いと、母から電話をもらって、よかった~って思ってます。

そしてわたしは、お母さんでもあるので、家人たちからは、「1日だらだら許可」を貰いました(笑
とにかく、掃除も洗濯も食事のしたくもしない。
なんだか、久しぶりにゆっくりお昼ねなんか出来ちゃいましたよー!

朝ごはんと夕飯は、夫くんが作ってくれました。
夜は、娘のリクエストでキムチ鍋。
「ネットで探して、一番凝ったレシピにしたよ!」と夫くん(笑
確かに、美味しかったです。
でもなんか・・また、普段使わない調味料が増えてる・・。


娘と夫が、母の日に花を買ってくれると言ってたんですが、花は猫たちが荒らすので、それはお断りして「マッサージやります券、5回つづりをくれ!!」というと、夫も娘も、超イヤな顔・・(笑
「だって・・ママの体は・・プロがやるレベル・・」
「だよな・・」

結局、うやむやになったような気がします。
ちぇっ。

息子からは、通所施設で作った可愛いカードを貰いました^-^


ちょうど母の日の数日前にTVを見ていたら、アフリカで流行った音楽で、お母さんのことを歌う歌が紹介されて。
それが、「恋人とかは変えることが出来るけど、お母さんはこの世にたったひとり」という意味の歌詞のようで。

それを聞きながら、「そんな風に思われたら、すごく幸せだろうなぁ・・・」って思って、ホロリとしちゃいました。

みんな、お母さんから生まれてくるんだもんね。



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。