風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

クリスマス過ぎて・・・。

24日の朝、体重計に乗ると、ダイエットを始めてから、初の○○キロになっていて、「いやっほぅ!」と喜んだのもつかの間、翌日から、がしがし体重が増え続け、あっと言う間に3キロも増えてしまった。

食べすぎ、飲みすぎ・・・。

どうせまた、年末年始で食べ過ぎて太るのは目に見えている。
何とかしなくては・・と、思うのだけど、この1ヶ月、本当に食欲が異常で戻らない。

夫はストレスじゃない?と、言うのだけど、すべてそれのせいにしてはいけないよねぇ。
それでも頑張るのがダイエットってモンだと思うしさ。
気持ちをリセットしないとなぁ。

クリスマスには、毎年恒例で、何人かの友人にカードを贈った。
楽天のグリーティングカードなんだけれども、「あのひとには、これかなぁ?このひとには、あれかなぁ?」と、選ぶ作業が結構楽しい。

そしてやはり、毎年恒例で、何人かの友人からカードを貰ったり、初めてカードを贈ったお友達からお返事が来たり、お忙しいであろう方からも、お返事に年末のご挨拶を頂いたりして、それもまた嬉しかった。
みんなみんな、幸せだといいな。

そういえば、クリスマスプレゼント、わたしは、夫くんから、鞄を頂いた。
鞄もとても可愛くて嬉しかったのだけど、何より嬉しかったのは、添えられていたカードだった。

カードのメッセージに、「ずっと一緒だよ」と書かれていて、それはわたしが、毎日、毎日、猫たちを抱きしめながら、呪文のように唱える一言と一緒だった。
健やかなるときも、病めるときも、ずっと一緒なんだ。支え合っていくんだ。

それと、カードと一緒に、ピンクのハートが入っていた。
これは、先日の、ムーンライダーズのライブで、会場に落ちてきたプレゼント。
わたしと娘は2階席だったので、手に入らなくて、「パパ、ハート取っておいてくれたらいいのに!」と娘が言っていたのだけど、夫が手にしていたのは、下半分が欠けたハート1枚で、「これね、すごく脆くて、壊れやすいんだよ」と言って、「でも、それも素敵だよね、大事な物は、大切にしないと壊れちゃうよ。ってメッセージみたいだ」と言っていたそのハート、それの完全形が入っていた。
内緒で、取って置いてくれてたんだなぁ。

ムーンライダーズの新しいアルバム、「Ciao」に入っていた曲の中に、「明日が壊れないように、そっと生きる」って歌詞がある。
わたしの気持ちに、そっとフィットする。

ハート

スポンサーサイト

ハッピーなクリスマスになりますように。

今日はイブ。
うちはもちろんクリスチャンじゃありませんが、子どもたちが楽しみにしているイベントですからね、やりましたよ、クリスマスパーティ。

でも、わたしも楽しみでした。
夫くんに、欲しがっていたプレゼントをあげて、ちょこっと元気になってもらいたいな~って思っていたので^-^

先日、友達と中華街に食事に行った帰りに、みなとみらいまでお散歩して、Y江ちゃんと一緒にモールを見て回ってきました。

夫くんが、ずっと欲しいと言っていたのは、Pコート。
あのひと、着道楽なので、すっごい衣装もちなんですよ、だからそのときは「えーーー」って顔をしたんですが、(そもそもPコート持ってるし)でも、新しいのが欲しいというし、持っているのはグレーだしで、じゃぁ、紺色か黒のを買ってあげようかなぁと。

で、3軒目くらいに入ったBEAMSのマネキンが着ていたPコートが可愛かったんですよねぇ。
今は、わりと細身のPコートが流行っているようで、それもちょっと細身だったんですが、襟とポケットがすごく素敵だったんです。そして、布の手触りが良かった。
それで、お店の方に試着してもらって、体型などを話していろいろ相談した結果、黒いXLのPコートを買いました。

「クリスマスのお楽しみだよ~」と大きな袋を戸棚の上に乗せておいたら、夫くんは、にやりと笑って「Pコートだな?」と(笑

でも、今日になって、朝から支度をしていたんですが、やっぱり夫くんは、元気がありませんでした。
わたしが、ポロを抱いていると、「ボクも抱っこして」とハグを求めてきたので、ポロちゃんを挟んでハグして、「元気ないの?」と聞くと、「うん」と言うので「どうしたの?」と聞くと、「タキと一緒にクリスマスを迎えたかったんだ」と言っていました。

実はわたしも、タキのことがあって以来、食事を作る気力が無いんですよね。
うちは、朝しかみんなでご飯が食べられないので(夫は、夕飯は休日以外は家で摂らないので)
朝ごはんを、毎日きちんと作ってきたんですが、どうも、その気力がわいてこなくて。
ちゃんとやらなきゃと思ってはいるんですけどねぇ・・。

で、今日も、やっぱり作る気力が無くて、ただ、夫くんと娘がとっても楽しみにしている、毎年クリスマス恒例になっているチキンだけは、自分でやろうと思って。
うちのクリスマスチキンは、バターと白ワインでぐつぐつ煮込んだものなんですよ、ローストじゃないの~。
だから、売ってないのでね。

それだけ作ると決めて、あとは、ケーキを取りにいくついでに、デパートでお惣菜を買ってきちゃいました。

ディナー

メインは、恒例のバターチキン。
たっぷりのバターでソテーしたら、白ワインとお水、ローリエ、ブイヨンを入れてぐつぐつ煮込みます。
水気が無くなってきたら、少しの生クリームを入れて、また煮込む。最後に塩コショウで味を調えて終わりです^-^

あとは、お惣菜のオードブルセットと、二種類のパスタ、きのこのリゾットチーズ焼きと、生春巻き、それからブロッコリーとエビのサラダ、そしてパン。
息子のリクエストの、ポケモンシャンメリーも買いました(笑

ちょっと量が多すぎて、食べ切れませんでした・・(明日は残りを食べなくちゃ!)


ケーキは、今回は、ヴィタメールと言うところのケーキにしました。チョコレートで有名なお店なのかなぁ?
詳しく知らないんですけど、そのお店の、「ノエル・ルージュ」と言う真っ赤なきれいなケーキです。

ケーキ

フランボワーズのムースでコーティングされたチョコレートケーキで、甘酸っぱくて美味しかったですよ。

そしてみんなお待ちかねの、プレゼントタイム(笑

夫くんは、Pコートをとっても喜んでくれて、やっぱり、襟の形がいいと言ってくれました^-^
息子も、ずーーーーーっと欲しかった、ポケモンの3DS用のソフトを貰ってご機嫌。
娘は、誕生日にクリスマスの分のお小遣いもプラスしてあったので、今回は、形だけ、ユニクロでヒートテックを買ってあげました(笑
それと、今月から、自分で管理しなさい。と、銀行のキャッシュカードを渡しました。
毎週、お小遣いを娘の口座に振り込むようにしたんです。
面倒くさがるかなぁ?と思っていたけど、意外なことにとっても喜んでいました。
彼女も19歳ですからねぇ。銀行のキャッシュカードの使い方くらい、覚えてもいい年頃ですよね。

そして、猫たちには、おもちゃと、特別おやつと、新しい首輪を買いました。

おもちゃも、おやつも、とーーーっても喜んでくれましたよ~。

それで、わたしが、首輪を買ったと言うと、夫くんが「えー首輪?(笑)」と笑うので、「だってさー、首輪は洋服やアクセサリーと一緒だから、新しい首輪で、新年を迎えた方がいいじゃない?」と言うと、夫くんが、「いや、首輪って、囚人で言えば手錠みたいなもんなんじゃない?(笑)新しい手錠だぞーって言われて、喜ぶもんかな?!」とか、言うんですよー。

まぁ、そりゃ、喜ばないかもしれないけどさぁ~。
いいじゃんー、親ばかで、かわいいのをつけてくれてたら、嬉しいんだもん~。
ねぇ?(笑


そんなこんなのクリスマス。

みなさま。良い、クリスマスをお過ごしくださいね。

クリスマス

猫にとっては、おもちゃの成る木、クリスマスツリー。

猫のワクチン、どうしてます?

猫や犬を飼っているなら、毎年、ワクチン接種、してますよねぇ。
うちも、とりあえずきちんと毎年接種に行っています。そして、先日は、ぷーちゃんのワクチンを打ちに行ってきました。

そこで、ちょっと悩み事が・・・。

と、いうのも、うちは、ぷーちゃんだけの時は、たぶんすごく一般的な、3種混合のワクチンだったんですけど、屋久島から3にゃんが来た後に、ネットで色々調べたら、今は、4種とか、5種とか7種とか、あるってことを知ったんですよね。

で、4種になると、白血病の予防接種も含まれるということで、「これはすごいな!」って思って、その年から、ぷーちゃん含め4にゃんずのワクチンを、4種にしたんですね。

で、今回も、ぷーちゃんのワクチンを4種でお願いしたんです。

そのとき、先生が、「白血病が入ってるので、良いんですね?」って確認されたんですよ。
で、「はい」って答えたんですけど・・・。

あ、それで話が少し飛びますが、動物病院を変えたんです。

タキのことがあって、もちろん、かかっていた動物病院も先生も、うらむ気持ちはありません。
だけど、どうしても、足が向かないんです。

あそこに行くと、タキが戦っていたあのときを思い出してしまう・・。
ドアを開けて、明るく、「こんにちは、お願いします」とか、どうしても言えない・・。

最期まで、先生は、本当に良くしてくださったし、感謝もしています。
でも、やはり、わたしたち含めて、開腹に踏み切ったのは、安易だったな・・それさえ無ければ、タキはまだ元気にうちに居てくれたかもしれないと思うと、感情が、どうしても平坦でいられないんですね。

それで、悩みましたが、わたしは、動物病院を変える決断をした。と、言うわけです。

夫は、わたしの決めたことに反対はしなかったけど、そういうことが起こったあとで、その先生にまたお願いしてみるのも良いことだと思うよ。とは言っていました。
きっと、わたしたちにだけじゃなく、先生にも、タキは、その命を通して、いろいろと教えてくれたのだと思うからです。

わたしも、その考えもわかるし、無くはなかったのですが、どうしても、あのドアをたたく気持ちになれなかったんです。

それで、タキの猫ぜんそくを診断してくださった、動物病院に行くことに決めました。

両方の獣医さん、それぞれに良いところがあるんですよ。

ずっとかかっていた獣医さんは、良く言えば、「商売っ気が無い」
あまり無駄と思われる検査を好まない感じだし、料金も低めの設定。
長い間の実績があって、判断が早い。

新しくかかる獣医さんは、高くは無いけど、安くも無く料金は普通。
すごく細やかなので、こちらが不安に思えば、検査などはすぐにしてくれる感じ。

わたしは、ものすごい心配性なので、前にかかっていた獣医さんを信頼してはいたけれど、少々物足りないと思う気持ちもあったんです。
「もっといろいろ調べて!」って思うことが何度かあって。
これはもう、「無駄なことされて、高い請求をされた!」って怒る人もいるのだと思うから、相性としか言えないんですけどねぇ・・。

そんなことも重なって、結局、獣医さんは変えることにしたんです。

で、「4種でいいの?」という確認がされたんですね。

それで、家に帰宅して、なんとなく、その言葉が引っかかっていたんですよ。
単なる確認じゃないような?

そこで、ネットでいろいろと調べてみましたら、わたしは、本当に不勉強でしたが、猫白血病のワクチンの副作用のことを知ったんですよね。

他の猫飼いさんたちは、みなさんご存知かと思いますが、一応書いておくと、850頭から1000頭に1頭の割合で悪性線維肉腫の発生を誘発するという報告がアメリカでなされているそうです。

1000頭に1頭の割合が、多いとみるか、少ないとみるかですが、わたし的には、「多い」と感じました。

万が一のことだって、起こりうる。
そして、うちには、つい最近、その、万が一のことが起こって、タキにふりかかってしまった。

そう思うと、途端に不安になっていきました。

ただ、この猫白血病のワクチンは、猫白血病に対し、80%という高い確率で、それを防ぐことができるワクチンでもあります。

うちのように、完全室内飼いであるのなら、そして、白血病のキャリア、白血病の子と一緒に暮らしていないのなら、そのワクチンは、本当に必要かどうか・・。
だけど、「もし」うちの子たちが、外に出てしまって、白血病の猫と喧嘩をしたり、触れ合うようなことがあったら・・、そのとき、「あぁ、やっぱりワクチンを打っておけばよかった・・」と後悔しないか。
でも、「もし」ワクチンによって、副作用が起こってしまったら・・、「やっぱり、打たなければ良かった・・」と、後悔しないか・・。
頭の中は、「もし」でいっぱいでした。

どちらの確率が高いのか、二度と、判断ミスを犯したくない・・そんな思いで、昨夜は夫くんに、そのことを相談しました。

結果、うちの子たちが、外に脱走してしまう確率や、自分たちがウイルスを持ち込む可能性よりも、ワクチンの副作用の確率の方が高いだろうということになり、来月の、ポロとニケのワクチンは3種を希望しようと言うことになりました。

ただ、一応接種前に、獣医さんとよく相談して決めたいと思っています。

それと、猫白血病のワクチンについては、キャリアの子に接種してしまうと、白血病を発症してしまうリスクもあるらしく、注意が必要なようです。

それから、その予防接種の1週間前に、猫コロナウイルスの検査もしてきました。

コロナウイルスは、よくあるウイルスで、伝染性も高く、かなりの割合で持っている子が多いと聞いていましたし、同じ屋久島で育った、知人の下に貰われていった猫にもコロナがいるので、うちもきっとあるだろうと思っていました。

が、結果は、マイナス。コロナウイルスは検出されませんでした。

猫コロナウイルスは、そのウイルス自体は、悪さをしでかしませんが、これが、突然変異で、FIPと言うものに変わると途端に凶悪なウイルスとなります。
その突然変異のメカニズムもいまだ解明されておらず、発症を防ぐ有効な予防も無く、ひとたびFIP(猫伝染性腹膜炎)を発病してしまうと、治療の方法も無いと言う、恐ろしい病気です。

もちろん、コロナウイルスがあるというだけで、むやみに心配することはないのですが、無いにこしたことはない。

だから、この検査結果は、うちの子たちにとって、とても喜ばしいことではありました。

が、ここで、ひとつ問題が。

と、いうのも、我が家は、タキが生まれ変わることを信じているので、春になったら屋久島に行き、タキの生まれ変わりを探すのだと決めているのですが・・・。

もし、その子にコロナがあったら。。。連れて帰れない・・。
ワクチンもありませんし、今居るうちの子たちに、リスクを負わせるわけにはいかないのです。

だから、検査を待って、陰性ならお迎えできる。と、言うことになってしまうんですよね。

仕方が無いこととはいえ、なんか、命を選ぶ行為のような気がして、ちょっと複雑でもあります。

該当の記事は見つかりませんでした。