風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

自分なりに悩んでみた

先日、夫くんと一緒に、夫くんの実家の宮城に顔をだしてきました。
息子を入院させての帰省だったので、一泊しか出来ませんでしたが。

それでも、お義母さんは、とってもとっても喜んでくれて、あぁ、帰ってよかったなぁ・・・ってしみじみ思いました。

わたしねぇ。

実は、夫の実家に帰るの、本当は苦手でした。


と、言うのも、わたしは美人でもなければ頭が良いわけでもないし、育ちが良いわけでも無い。
なんと言うか・・コレといって、自慢できるものが無いんですね。
最後の頼みの性格も・・ねぇ・・(笑

で、本当に大昔のことだけど、最初結婚のご挨拶に行った後も、たぶん、あまり印象が良くなかったようで、結婚にも「反対」とまでは行かないけど、快い顔をされていなかったんですよね。

でも、結婚後は、お義母さんも、亡くなったお義父さんも、とっても良くしてくれたけど、なんていうか、うまく言えないけど、自分自身にコンプレックスがあって、「こんな嫁、ご近所に自慢できるわけでもなくて、お義父さんもお義母さんも、恥ずかしい思いをするかもしれない」って、ずっと思っていたんです。
すごく若かったし、礼儀も知らなかったし、夫の実家で煙草をスパスパ吸うような嫁でしたしね・・。←論外でしょ・・。

それで、少しして、わたしも礼儀とかが少し分かってきた頃、「親孝行したいな」って思う反面、「行きたくないな、恥ずかしい思いをさせたら、申し訳ないな・・・」って、思っていたんですよね。

だから、帰省はあんまり気乗りのしないことでした。

そして、実際、夫の仕事が忙しくて、なかなか休みが取れないのをいいことに、なかなか帰る機会を持ってこなかったんですよね。
たぶん、ちょっと無理すれば、もっともっと帰れたんだと思うのだけど。

でも、去年の秋に、お義父さんが危篤になって、慌てて、夫くんと娘と駆けつけたとき、病室でお義父さんが「きてくれたのか」って、本当に、本当に嬉しそうな顔で、わたしたちを見て言ってくれたんですよ。

ものすごい後悔でした。

なんかもう、勝手に、自分でいろいろ考えて、くだらないことぐじぐじ考えて、きちんと親孝行してこなかったことが、苦しくて苦しくて。

そしてお義父さんは亡くなってしまったけど、わたしは、お義父さんに誓ったんです。
絶対に、お義母さんには親孝行しますからね。って。


そんなことを言いながら、結局まったく時間が用意できなくて、震災からもう、5ヶ月も過ぎてしまったけど、ようやくお義母さんの顔を見ることができました。

新幹線から見る宮城は、もう時間も経ったせいか、それほどの被害を感じることは無かったけど(まぁ、一番の被害があったのは海辺でしょうし)駅を降りて、自宅に向かう途中の道々は、まだまだ地盤沈下を修復した後が生々しく残っていて、ひとり暮らしの義母は、本当に心細かっただろうなぁ・・と思いました。


やっぱりひとりのせいか、お義母さんは、普段、それほどおしゃべりな方では無いのですが、わたしたちに会ったとたんに、おしゃべりが止まらないんです(笑
玄関からずーーっとしゃべりっぱなしで、お夕飯の時間さえ忘れるほどでした。

眠る前、わたしたちの部屋に戻ると、夫くんが、「おつかれ(笑)」と笑って、「すごいおしゃべりだったなー」
わたしも笑って「すごかったね~(笑)」
本当にお疲れ様。ありがとう。と、夫くんが何度も言うので、「そのために来たんだから、いいんだよ、お義母さんの話を聞いてるのは、なんにも問題ないよ。ただ、煙草が吸いたい!(笑」と言って、「また煙草か!」と、夫を呆れさせました(笑

そして翌日、お土産を買いに行ったのですが、ここで少々悩みが。

いつもなら、みんな大好き「萩の月」を、迷わず、いろんな友達に送り届けるのですが・・・。
どうなんだろう?
宮城のものでも、気にするひとは、いるのかなぁ・・・?と。

自分自身も、たとえば野菜やお肉を買うときは、西のものとか、外国産のものを買うようにしているわけで、それなのに、お土産に、東北の食べ物を渡すって言うのは、矛盾している行為なんじゃないか??とね。

でもなぁ。
でもねぇ。

やっぱり実際、こうして、東北に来ていると、やっぱり買って応援したくなるし、萩の月は美味しいし!「気にしすぎ!」って、なっちゃうんですよねぇ。

でも、自分はいいけど、ひとはどうなの?ってやっぱり思うし・・・。

結局、いろいろ考えた結果、身内(親友含む)と、いつもお世話になっている息子のヘルパーさんだけにお土産を買うことにしました。

親友二人と姉には、萩の月を。
実家と姉にと、ヘルパーさんひとりには、高政の笹かまぼこを。
あとのヘルパーさんふたりには、白松がモナカを。

もちろん萩の月は有名なので、みなさん美味しさはご存知と思いますが(わたしの今日のおやつでした 笑)
この、白松がモナカも、とーっても美味しいんですよ。
古くからある宮城のお土産で、ゴマ餡が超美味しいのです。
それと、高政の笹かまぼこ。
こちらは、笹かまぼこ業界では、比較的新しいお店なんですが、ここの笹かまぼこは、本当に美味しいです!
わたしは一番好きかもしれません~。(今日の朝食でした 笑)

まぁ、ひとりのヘルパーさんを除く、他の人は、あまり細かいことを気にしないと思われるので、喜んでもらえました(笑
ただー。ヘルパーさんのひとりの方が、もともと、食に大変気を使っている方で、普段から、ビーガンなんですね。
放射能のことにも、とっても注意されているので、どうかなぁ・・とは思ったのですが、「あんこは十勝産です」と言って、渡すことに決めました(笑

今回、行ってみて、思って、悩んだりしたことは・・。

やっぱり、いろんなことに、麻痺したり、なぁなぁになってしまうのは、絶対に良くないことだけど。
それでも、そこで暮らしているひとたちがいて・・・
なんて言ったらいいのか分からないけど・・・。

柔らかく、いたいなぁ・・って思ったのかな。

うまく言えないけど。



【おまけ】

新幹線までポケモンがありました(笑)息子に見せるために撮影。
ポケモン電車

正宗のお祭りがあった模様です。
鎧

夫くんの実家の「リリー」ちゃん。目をちょっと怪我しちゃったそうです。もっふもふでかわいいの!触らせてくれないけど!(笑)
リリーちゃん

家に帰ったら、超甘えん坊のポロが待ってました^-^  もう、ベタベタで困っちゃう♪←困ってない
甘えんぼ

スポンサーサイト

分煙

わたしは大変なヘビースモーカーです。

ヘビーっていうか、チェーン。
ともかく、煙草が無いと生きていけないくらい、煙草に依存しています。

でも、煙草は体に良くないもの。(精神的には、わたしにとってとてもよい薬なのだけど! 笑)
もちろん、猫にだって、良いわけがありません。

特に、猫は自分の体をペロペロ舐めてきれいにするじゃないですか。

なので、「こうやって毎日ニコチンを摂取していたら、もしかしたら癌になっちゃうかも・・・」と、思い、今年の初めくらいから、猫のそばでは煙草を吸わないようにしていたんですね。

先月に、友達と女子会をしたときも「あ、煙草吸っていい?(喫煙者はわたしだけ)」とたずね、許可を得た後、「実はさー、猫の近くでは煙草を吸わないようにしてるんだよね~」というわたしに、友人たちが「なんで?」

「だってさ!癌とかになったら、可哀想じゃない!!」と言うと
「あたしたちは猫以下なのね!!!」と、大変ブーイングを受けました(笑

悪いが、ぶっちゃけ、「そうだ」 ←ひどい 笑

それでもやっぱり、喫煙の習慣は、なかなか抜けるものじゃなく、ちょっと気が緩むと、リビングで猫がいるにも関わらず、スパスパやっていたり、自室で喫煙中に猫が入ってきたりとあったので、「猫の近くでは」などと言いながらも、守りきれていなかったんですよねぇ・・・。


それがですねぇ・・・。

前々から、タキの「涙目」が気になっていたんですが、主治医からは、小さいころにひどい猫風邪をひいたから、どうしても残っちゃうといわれていて、こういうのは、本人(猫)の免疫力を上げるしかないんだよねぇ・・と、言われていまして。
そういうものなのか。なんかサプリを買うかなぁ・・って思ってたんですよ。

それが、ここ最近、ちょっとおもちゃで遊んであげると、息をぜいぜい切らしたり、くしゃみのような咳のような症状を一日に数回するようになって、心配で心配で病院に連れて行くことにしたんですね。

いつもの主治医さんには、免疫力をーと、言われていたので、それ以上、ごちゃごちゃ言うのも、なんだか気が引けて、違う動物病院に連れて行ったんです。

以前、ポロの目のことがあったときに、主治医から紹介されていた病院だったので、そこなら間違いないだろうな~と思って。

それで、ちょうど、うまい具合に?診察室に入って、診察をしようとしたら、タキのいつもの、くしゃみのような咳のような発作が出て、「あぁ、これは苦しそうだね」と。

なので、胸のレントゲンを撮ることになったんです。


そして結果は・・。

まず、心臓などに問題は見られなかったのですが、少々気管が拡張している状態で、肺の色も、もっと真っ黒に映っていいはずだけど、少し薄めの色が気になる。とのことで。
子どものころの風邪で、肺に少し炎症が起こってしまったのだろうと。
それから加えて

「煙草、吸います?」

「は・・はい・・」

「うん。やっぱりねぇ;気管支炎と、かるい喘息のような症状があるので、煙草はつらいかも~」

あぁぁぁぁ・・・・・・・;;;


タキ。

煙草臭いって言われました・・・・。



あぁ、あぁ、ごめんよ、タキ・・。


先生は、微笑みながら「赤ちゃんのいる家庭じゃないけど、ほたる族とかね、そんな感じで」と。

ですよねーーーーーーー。


結局、抗生物質とヘルペスウイルスに効くサプリメントで様子を見ようと言うことになりました。


行った病院は、成城にある「成城こばやし動物病院」
診て下さったのは、院長先生でした。
とても感じの良い先生で、お話をたくさん聞いてくれました。

しかし、笑ってしまったのが、いつもの、わたしたちが行く主治医は砧にある「砧愛犬病院」という病院なのですが、そこの院長先生ととても仲よくしているようで、「ボクは・・どんな立場で診たらいいのかな・・」と真っ先に心配されていたことです(笑

セカンドオピニオンなのか、それとも転院なのか・・と、すごく気にされていたので、自分たちは、砧愛犬病院も院長先生もとっても信頼していて好きだけど、なかなか検査をいい出しにくくて連れてきちゃったんです。ということをお伝えすると、ちょっとほっとしたようでした。
やっぱり、近くの、それも親しくしている病院だと、縄張りのようなものもあるんでしょうね(笑

一応、今日一日様子を見て、電話で様子をお伝えして、このまま調子がよさそうなら、砧愛犬病院の方へ連絡していただいて、戻って治療。と、言うことになりました^-^



そんなわけで!

今日から、徹底分煙です!

わたしの自室は猫が入れないように、ドアを閉めることにしましたし、あとは、リビングでの喫煙はしないようにして、猫たちが室内にいるときのみベランダで吸う。と、言うことにしようかな。

まぁ、不便はありますが、猫たちの健康のためです。仕方が無い!



あと。。シャンプーもしてあげようかなぁ・・(笑


タキ

困ってる?

ニケ・・・?





なんか、困ったことでも、ありましたか?








困り顔ニケ
「いや、とくに、なんも・・・」





いあ、明らかに困ってる顔だろうに。

該当の記事は見つかりませんでした。