風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

優しくないんだろうな

以前にも何度か思ったのだけど、ここ最近も特に思う。

わたしって、優しくないんだろうな。と。
つくづく。


2,3週間前?
宮城の義母と電話で話して、その後夫くんに電話を代わったのだけど、電話を切った後、夫くんが
「なんか、補聴器が欲しいらしいよ」と言っていて
「お義母さん、耳、きこえずらいの?」と聞くと
「そうみたい」と。

それで、病院に相談に行ったほうがいいねーなんて話をしてて、夫くんが「今、補聴器もいろいろあるからなぁ」と言うので「そうだね、あ、そうそう、ほら前にもめたヤツみたいなのも(笑」と答えると「別にもめたわけじゃないだろ(笑」

2年くらい前だったかなぁ?
テレビで、補聴器のCMを見たんですよ。
なんか、すっごく小さくて、柄もいろいろあって、見かけ、プレイヤーのイヤホンみたいにしか見えないやつがね。

で、そのときのCMで、補聴器とわからないみたいな感じのキャッチがあったんですけど。
わたしは、それに対して、ちょっとした疑問というか意見みたいなことを言ったんですよ。

「補聴器と分からない方がいいの?分かる方がいいんじゃないの?」と。

で、夫くんはそれに対して

「分からない方がいいだろう!」と答えたので、それから少し、その話をしたんですよね。

わたしの思うことは
①補聴器と外から見て分かったほうが、周りが気づいて手助けをしやすい、してもらいやすい。
②分かったほうが、それと知らずにうける誤解が少なくなる。
③隠すようなことではない。
と、言うのが主な意見で

夫くんはそれに対して
「みんな、アナタのように強くないんだよ」と、大変、不快感をあらわにしたのでした。

そこで、わたしは「別にわたしは強くなんかない」とか言い出して、夫くんは「じゃぁ、優しくないんだろ」とか、言い合いにあって、明らかに、ちょっともめたんですけど、夫くんは、もめたと思ってないのか(笑

まぁね、夫くんの言い分も分からなくはない。
けど、単純に、わたしが、自分の身に置き換えて考えてみて、納得がいかなかっただけなのだ。

まぁしかし、それから2年の月日が流れて、わたしも、やや丸くなり、今では、「まぁ、そういうこともあるだろうなぁ」とは思うようになった。
でもたぶん、根っこでは、「でもな!」って思っている自分は消えていない。


その証拠に、今回、ちょっと、ムムム?と思うことがあった。


マイミクさんのひとりが、先日からちょっと悩んでいるような感じがあった。
ボイスで呟く言葉が、結構重たかったのだけど、事情も分からないし、なんて声をかけたらいいのかも分からなかったので、気になりつつも見ているだけだった。

それで先日、わたしが息子のちょっとしたトラブルをmixiの日記に書いたら、そのマイミクさんから「自分も同じようなトラブルがある」とメッセージを頂いたんですよね。
あ、そのマイミクさんは、息子と同じ病気を持っている方なんです。
(息子よりも、ずっとずっと、しっかりしてらっしゃる方です)

そのトラブルって言うのは、後日またこちらでも記事にしますが、簡単に言えば、ヘルパーさんの対応についての問題だったんですね。
で、わたしは、非常に怒っていまして、夫と一緒に、明日、クレームを入れに、行く予定なんです。

ですから、その方へのお返事にも、黙っていたらダメですよ。ご家族や、福祉事務所に相談した方がいいです。とお返事を書いて、さらにその方が、生きることにも悩んでいらしたので、「そんな風に思わないで下さい、愛しているひとが悲しむし、ひとは、辛くとも生きるべきだとわたしは思うんです」と言う様な内容のお返事を出したんです。

そして、その後、その方のボイス(mixiの呟き機能)が、今日もたくさん流れていましたが、変わらず、ずっと沈んで悩んでいる様子でした。

自分の意見なんて、誰も聞いてくれる人が居ない。と、言うようなことも書かれていたので、わたしのお返事に対してのコメントかなぁと思ったりもしました。

だから、もしかしたら、その方は、愚痴を聞いて欲しかっただけかもしれない。わかるよ。って言ってもらいたかっただけかもしれない・・。
でも、わたしは、それが出来なかった。

息子と同じ病気で、がんばって生きているひとに、もっと頑張れよ!って、わたしは言っちゃったわけだけど。
でも、負けて欲しくなかった。
やっぱり息子と被ってしまうところがあって、くじけないで欲しいって気持ちの方が強かったから。

だけどわたしは、その方の家族じゃないし、会ったことがあるわけでも無いし、どんな状態なのかも知らないし、結局何も出来ないんですよね。
そして何も出来ないのに、「負けるなよ」って言うんですよね。

やっぱりわたしは、優しさにかけるんだろうか。

スポンサーサイト

ぶーぶー

夫くんが、仕事仕事で面白くないぶー。

先週も、水・木で出張に行ってきたと思ったら、今回の土日も仕事。
今日もいないし。

そんでもって、明日も一泊で出張だって。

つまんないなぁ。
つまんないなぁ。
つまんないなぁ。

たしか、その次の週も、出張だったはず。


前の週は、せっかく土日がお休みだったのに、卓球に行っちゃうし。
まぁ、卓球チームのドイツ人のひとが、帰国しちゃうとかで、さよなら卓球パーティだったから、仕方が無いけど、いや、そうじゃなくても、行ってたはずだけど!(笑

わたしは毎日家にいてー。
毎日毎日退屈なのにー。
夫くんと遊びたいのにーーーーー。


そういえば先日。
うちのバカ娘が「また」学校やら塾やらをサボっていることが発覚しまして。

前にも書きましたけど。
うちのバカ娘は、高校1年の時に、学校をサボってサボって、サボりまくったおかげで、単位が不足して、今、高校4年生をやってるわけですよね。

その教訓が、まったく生かされていない!

さすがにわたしも呆れ、夫くんも怒り、かなり厳しいお説教を先日したんですけど。

その後で、チラリチラリと夫くんを見ながら

「やっぱり・・・。父親が忙しすぎて、家庭を顧みないと・・・こんなことになるのかしら・・・」

って、言ってやった。もちろん嫌味で。

あれですよ、誤解の無いように言っておきますが、そんなこと、本当はこれっぽっちも思って無いですよ(笑
極端なことを言えば、たとえば母子家庭だとか父子家庭だとか、ひとり親で子どもを育てているからといって、子どもに何かトラブルが起こるなんて、そういうことは全く思っていません。

夫をいじめるために、わざわざ言ったのです(笑

案の定、夫くんは、いやぁな顔をして「俺、そんなに居ない??結構いるじゃない?」
「え?そう?いないじゃん?出張も多いし」
「そ・・そうかな・・そうかな・・」

けっ。ちょっとは反省しやがれ。
(少し休んで、妻孝行してくれ! 笑)←子どものことは考えていないわたし。

まぁ、本当はねぇ。

娘のことに関しては、わたしが悪いんだろうなぁ。と、思っているんだ。

わたし、かなり厳しい母親だったからね。

子どもを押さえつけて育ててしまったんだろうなぁって思っているんだ。

だから、今回も、怒られている最中、娘は下を向いて、口答えひとつしない。
普段も、わがままなことを全然言わない。
たまには、逆切れでもいいから、すればいいのに・・って思うけど、絶対しない。

そんなことを夫くんに言って、「わたしが悪かったのかなぁ・・」と言うと
「そんなこと無いよ、もっと厳しい親はいくらでもいるし、厳しい親に育てられたからといって、みんなが同じになるわけじゃないし。彼女の自我の問題だ。」って言うんだけどさぁ。

あーあ。
ほんと、にんげんひとり育てるのは、難しいなぁ・・・。


っていうか・・・。
そうやって、わたしをかばってくれるのに、いじめてごめんよ。夫くん。

食の安全

原発事故から、もう2ヵ月半。
日本の、「国産」の、安全神話は、すでに崩壊しました。

それでもなお、安全だ。安全だと言い続ける政府&御用学者。
たしかに、一生懸命に作物を育ててきた農家の方、自然と対峙してきた漁業の方々、本当に、今、つらい状況にあることでしょう。

だから、何かの形で力になればと、みんなそう思ってはいるけれど。

それがイコール、消費することに繋がってしまうのは、やはりわたしは納得がいかない。

実害に対しても、風評被害にたいしても、政府と東電がきちっと保証するのが筋なのだ。


もう、ずいぶん前から何度も言って来ていて、うんざりする方もいるかもしれませんが、わたしは、「風評被害」と言う言葉が嫌い。

最初から、なにかおかしいと違和感を感じ、訴え続けてきました。

そしてやっぱり、自分の中ではっきりしたことは、「怒りの矛先」を間違えてはいけないってことです。

もともとは、原発事故によって、作物や海が汚染されてしまったことが原因なのに、その「風評被害」と言う言葉の出現によって、まるで、買わない消費者が悪い。と、言うようになってしまった。

たしかに、食べるものや飲むものではない工業品だとか、汚染以前に作られた加工食品などを避けるのは、「風評被害」なのだと思うし、あと、差別だとかね、そういうのはまったく馬鹿馬鹿しいのでやめてもらいたいけれど、汚染された食べ物や飲み物を避けることまで、そういわれるようになってしまった。

それは、明らかに間違いであると、わたしは思う。

いくら、国が定めた「規制値」よりも下回っていても、汚染されているものは、汚染されているものなのだ。
毎日毎日、汚染されたものを食べ続けて、体にいいわけがない。

特に感受性の強い子どもたち。
子どもたちが口にするものは、充分に気をつけなくてはいけない。

それなのに、地産地消をうたってみたり、学校給食に汚染の高いものを平気で使ってみたり(規制値以下だからと)方向性が間違っている。
産業を守ることは確かにとても大切なこと。
だけど、それよりも前に守らなきゃいけないものがあるのでは?
それは、国民の健康なんじゃないだろうか。


安全なんて信じちゃいけない。

自分の身は、自分で守らないといけない。

きちんと、正しく、見極めないといけない。

そんな世の中になってしまった。誰もまもってなんかくれない。


【世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル】
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

是非、観てください。

該当の記事は見つかりませんでした。