風と幻灯

家族のこと、猫のこと、日々の暮らし。
MENU

本気のホワイトデー

息子が、3度目の恋をしました。


最初に好きになったのは、同じ特別支援学校に通う、同じ学年の女の子でした。

小学校の4年生くらいから、高校3年生まで、ずっとずっと好きでした。

学校でも有名な「片思い」で、息子はずっと一途に思っていましたが、当の女の子は、いっつも息子じゃない人のことが好きでした。

でも、息子の気持ちを知っていて、息子に「好きだよ」って言ってみたり、「きら~い」って言ってみたり、なんとも可愛い小悪魔ちゃんで、息子はそのたんびに舞い上がったり、がっかりしたり(笑

高校3年生の終わりにお別れをしてからも、しばらくの間、デートしたかったな。とか、けっこんしたかったな。とか、言ったりしていました。


学校を卒業して、通所施設に通い始め1年が過ぎたころ、2度目の恋をしました。

同じ施設に通う、息子よりも8歳ほど年上のお姉さん。

息子は、わりと顔の好みがはっきりしていて(細面の顔立ち、目は少し細くて、鼻も細め。ついでにボディもスレンダーが好きみたい)初恋の女の子も、確かにね~という感じで、好みど真ん中のタイプだったんですが、今度の女の子は、丸顔で目も大きくて、息子の好みのタイプではない。
だから、意外な気がしたけど、様子をみているうちに、可愛いな~って思ったんだろうなぁ。

でも、やっぱり「片思い」で・・・(笑

どうやら、その女の子には、大好きな幼馴染の男の子がいるらしく、まったく相手にされない息子。
しかも、その男の子も、同じ施設に通っているらしく、はっきり言って、景史、お邪魔虫!かわいそう!(笑
まぁ、そういう「つらい恋」が長く続くはずもなく、それでも1年くらい片思いした後、あきらめたようでした。

最近、その女の子の名前を聞かないな~と、思っていたら・・・。


その数ヶ月後、通所施設の職員さんから、景史はA子さんのことが好きなんですよ~。と、聞かされて、3度目の恋の発覚!

A子さんは景史よりも1つか2つ年上なのかな?
面長の顔、すっきりした目元で、やっぱり息子の好きそうな顔立ちで、笑顔がとってもチャーミングなの。

A子さんのお母さんから、景史くんは、A子のどこがすきなのかしら。って聞かれたんで、息子に聞いてみたら

「顔が好き!」

面食いめ!(笑

「あとねー、おしゃべり、できないんだけどぉー、きくとね、パッパッって、くち、ならして、おへんじしてくれるのが、すきなの」

って、言ってました^-^


その、A子さんから、バレンタインにチョコがもらえるかどうかが、今年に入ってからの息子の悩みだったんですが、当日・・・。


2014年2月14日  東京、大雪


朝から、ベストを着て、ジャケットだかブレザーだかで決めていく!って、ノリノリだった息子の夢、くじける。



まぁしかし、当日の朝、大雪で通所がお休みの連絡網が回ってきたとき、A子さんのお母さんから、「チョコレートを用意してあるんだけど、今日、渡せないから、来週ね^-^」って言ってもらえて、やっと元気になりました(笑


そして数日後。

P1190346.jpg


良かったですね、A子さんから(A子さんのお母さんから?)、念願のチョコレートが!


「おかーさん、おかーさん、あけて、あけて」
ってせかすので、開けてあげると

「わーーーーー!!!おいしそぉぉぉぉぉ!!!」
って歓喜の声を上げて

「A子さーん、ありがとーーー!僕、チョコたべるよーーー!」
って大喜びで、チョコを口に入れました。



バレンタインの当日、わたしがあげたチョコレートなんか、「あとで食べるよ」って感じの対応だったくせに。

アンリ・ルルーのチョコだったのにっ!



まぁ・・・。

好きな子のチョコの前では、母のチョコなんて、カスみたいなもんだろうよ。



で、それから今日のホワイトデーまで、お返しに何をするか、ずっと考えていたようで

「はな、あげるよ」と言うので
「何の花?」と聞くと
「バラのはな!」と言うので
「何色?」と聞くと
「あかだねっ」と言うので


息子さんの言うとおりに、赤いバラの花をご用意させていただきました(笑


そしてまた今日の朝も、ベスト着ていく!とはりきっておしゃれをして

P1190540.jpg


こんな感じで。



本気のホワイトデーを見ました(笑


A子さん、喜んでくれるといいねぇ^-^

スポンサーサイト

春ですねぇ

なんか、いろいろ忙しくしていたら、すっかり4月じゃないですか。
1週間更新サボってたんですね、早いです。

さて、皆様にご心配をおかけしましたが、「恐竜」行ってきましたよ!(笑
当日、実は夫の仕事が入りそうだったので、その仕事がどうなるか様子を見続け、当日の昼前まで息子には内緒にしていました。

息子は朝起きて、ごはんを食べて、「きょうは、ぱそこんだね」と、また同情を引くかのような発言をしていましたが、「そうだねー」とパソコンをセッティングされ、おとなしくパソコンをしていましたよ。

で、お昼前に、仕事が無いことがはっきりしたので、夫とニヤニヤしながら「さーて、出かけようか~」
息子は「おでかけするの?」と、買い物でも行くのかな?と言う感じで聞いてきたので「いかないの?けいし。恐竜見にいかないの?」と聞くと「いくの?!いく、ぼく、いくよ!!」

「けいしが、ちゃんと反省したからいくんだよ」と言うと
「うん、ぼく、はんせいしたよ。いいこするんだよ!!」

まぁー。こういうところは可愛いんですけどねぇ(笑

そんなわけで、上野の国立科学博物館に行ってきました。
わたしも、ここは初です。


道は空いていたし、曇り空だし、桜も終わりかけってことで、そんなに混んでないだろうと思っていたのですが、やはり腐っても上野公園。
結構な人出で、駐車場は30分くらい待つ感じになりました。

この、上野の国立博物館前にある駐車場は、障害者手帳などを提示すると無料になります。
ありがたいですねぇ。

駐車場からすぐに博物館があり、大きなくじらがお出迎えしてくれました。

P1170122.jpg

午後の2時くらいだったんですけど、結構混雑していましたよ。
家族連れ、海外からの観光、カップルのデート、いろんなタイプの方々がいました。

P1170125.jpg

入り口付近にある、ミュージアムショップ。
閉館は金曜日を除いて5時なので、「まぁ、回るのは30分とか1時間くらいでしょ?お土産は帰りにね」と、記念撮影だけ済ませました。

入館料も、大人が600円くらいだったかなぁ?(ちょっとうろ覚え)
障害者手帳を持っている本人と、その付き添い1名が無料になるので、大人2人分の料金で済みました。

あと、展示の説明のヘッドホンも、障害者手帳で無料貸し出しをしてくれます。
今回うちは入りませんでしたが、トイレも車椅子用、それからベッドも設置してあるそうです。
車椅子の方、どんどん出かけて下さいね、もちろんエレベーターもあります。

P1170128.jpg

ここは、日本館と地球館という建物に分かれているようで、恐竜がいるのは地球館。
なので、地球館に向かい、最初に、地下3階の「宇宙・物質・法則」と言うフロアを見ました。

わたしは、こういうのさっぱり分からない子ちゃんなんですが、それでもそれなりに楽しめましたよ。
息子は、隕石や星の動きなどを見て、とても楽しそうでした。

触って楽しめるものも多いので、子どもたちがハンドルをぐるぐる回して熱量の実験をしていたりしましたよ。

P1170145.jpg

お次は地下2階の展示フロア。
ここは、地球変動と生物の進化のフロアです。

カンブリア紀から人類が出現するまでの様子がみられます。

このフロアは、わたしてきに一番楽しかったですね(笑

いろんな化石やら、骨やらが展示してありました。

P1170146.jpg

三葉虫の類いをじろじろ見ていたら、近くのカップルの男性の方が「フナ虫って、良いヤツなんだよ」と女性に説明をしていて「フナ虫って、良いヤツなんだ・・・」と言う知識が増えましたが、いったいなにがどう良いヤツなのかが不明です。

P1170165.jpg

息子はヘッドホンに耳を傾けて、真剣に説明を聞いていました^-^

このフロアには、古代生物の化石や骨がいたるところに展示してあるんですが、ものすごく巨大な亀とか、象とか、謎の生物とか・・。
なんか、しみじみと、「本当にこういう生き物がいたんだなぁ・・」と思うと不思議な気持ちになりました。

P1170171.jpg

でもなんか、現実感が無いのよね。

息子は、なんとかサウルスだとか、なになに時代だとか、自分の知りうる知識をいっぱい出してきて、いろいろ聞いてくるので「ごめん、ママ、あんまりよくわかんない・・・」
だって、覚えられないですよ・・。名前長いんだもの・・(笑


P1170177.jpg


なんていうのかな~。
もっと、うおーうおーって感じで興奮するんだろうなって思ってたんですけど、そういう感じじゃなくて、なんか、かみ締めるみたいな感じで喜んでいましたね。
恐竜の骨とか化石を見たのは初めてだったので、圧倒されたかなぁ?

P1170219.jpg

そして意外な事に、娘がすっごく満喫していました(笑

普段からひとりで美術館なんかに行ったりするから、何かを見ることは好きだと知っていたんですが、すごくはしゃいで、一番時間を取って眺めていましたねぇ。

おかげで?1時間程度だろうと思っていた観覧ですが、2時間もかかってしまいました。
それでも、4フロアしか見てないんですよ。
これ、全部回ろうと思ったら、数時間楽しめますねぇ。

P1170220.jpg

そして、おまちかね?ティラノサウルスのいるフロアです。

ここは、大きな恐竜が数個展示してありました。

ティラノサウルスは人気がありますねぇ。子どもたち親もかな?釘付けでしたよ^-^

最後は、現在地球上にいる生物の展示フロアを見ました。
熊だとか鹿だとか、鳥だとか。
やっぱり猫科の動物は可愛いと再認識(笑
ここは、冒険ができるフロアにもなっていて、子どもたちが、森の中に入ったり、山のようなところに登ったり、シダの葉っぱを拡大鏡で見たりしていました。

そして、閉館ぎりぎりで滑り込んだのは、館内にあるレストラン。

地下2階の別フロアにあって、ティラノサウルスの展示が見える席などがあります。

そこで息子が頼んだのは、「恐竜の足型ハンバーグ」(笑
P1170236.jpg

爪のところは、ニョッキだそうです(笑

すっごく喜んで食べていましたよ~。


予定よりも大幅に時間がオーバーしていたので、ミュージアムショップに寄れるかどうかぎりぎりだったんですが、閉店10分前に滑り込み。

息子は、買うと決めていた恐竜のぬいぐるみと、小さい恐竜のセットを買いました。
通所にお土産でクッキーも買って、とっても満足げでしたよ^-^


息子はもちろん、娘も楽しんだし、わたしと夫も楽しい1日でした。



ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

美容院

土曜日は、息子を連れて美容院に行ってきました。

結果から言うと、とっても良くて満足です^-^

息子は、小さいころから美容院に通っています。
なぜかといえば、わたしに、髪を切るセンスが無く、「おうちで散髪」をすると、ヘルメットのような、きのこのような、なんとも言えない髪形が出来上がり、そして後悔し、結局おなおしに美容院に行く羽目になるので、最初からもう、美容院と決めました。

小さいころは、自由が丘にある、キッズ専門の美容院に行っていました。
まだ、座位がとれたころでしたので、可愛い飛行機だとか、車だとかの椅子に座り、アンパンマンだとかのDVDを見せていただきながらカットしてもらっていました。

そのあとは、近所だったり、出かけた先だったり、決まった美容院はなく、いくつかのお店を転々としました。
でも、どの美容院もとっても対応が良くて、いつも可愛く仕上げてもらっていました。

成城にある美容院では(ここは数回通いました)美容師さんが、出張美容などにも参加されている方で、お天気のよい日に、公園とかで髪の毛を切ったら気持ち良いだろうな~って思ってるんですよ。なんて話しをして下さったり、狛江にある通りがかった美容院では、エレベーターの無い2階だったので、無理だろうと思っていましたが、男性美容師さん総出で車椅子を抱えて階段を登りお店に運んでくださって、息子の車椅子もカッコいいと何度も褒めてくださったりで、本当に良くしていただきました。

その後、高校生くらいになったときに、馬事公苑にあるツタヤのビルにある美容院に行き、そこが」、大きな駐車場もあるし、エレベーターもあるし、お店もフラットで入りやすかったので、それ以来ずっとそこに通っていました。
美容師さんも、とってもソフトで感じの良い方で、技術もあって、いつも満足の出来栄えでした。
数年そこに通っていたのですが、残念なことに去年の夏に店舗が閉店となり、担当だった美容師さんも、他の店舗に移られるということで、長い間お世話になりましたと花をお渡しして、お別れしました。

で、そのあとも、去年の秋の暮れに近所の美容院に行って見たのですが、とても感じも良かったし、技術もとってもあって、かなりよい出来栄えだったのですが、シャンプー台が息子の体に合っていなく、すごく惜しいのだけど、ここはもう通えないかなぁ・・と、他のお店を探していました。

それで今回、経堂にある、「AZURA」さんというお店を発見し、ちょっと覗いてみました。

最初、本当は経堂駅前のコルティと言う小田急のビルの中に入っている美容院を見にいったんです。
そこなら駐車場も広いしと思って。
で、わたしたちの1番気にしていたことは、やはり「シャンプー台」
息子の体の状態では、首だけを倒すタイプの椅子よりも、ベッドのように体が横になるタイプの方が良いと思っていたんですよ。
で、そのお店を訪ねて、シャンプー台のことを聞いてみると、首だけを倒すタイプだったんです。
なので、「実は、車椅子の子を連れてきたいと思ったのだけど、寝るタイプのシャンプー台の方がいいんですよね・・」と言うと、申し訳無さそうに「そうでしたか、申し訳ありません」と言うことだったので、また、違うところを探さないとなーと思いながら、駐車場に戻ろうとしたら、ちょうど、駐車場に続くアプローチの正面に、美容室が見えたんですよ。

ちょっと、見てみよう。と、思って、店先にある看板を眺めていたら、美容師さんが出てこられて、「こんにちは、よろしければご案内しますが」と声をかけてくださったので、同じように、シャンプー台のことを聞いたんですね。

そしたら、やはり、首を倒すだけのタイプだったので(最近はこちらのタイプが主流のよう)、また、同じように「実は、車椅子の子を・・」と話しましたら、「お背中や、おくびがおツライ方は、クッションなどをご用意させていただきますよ」と言って下さって、「それじゃぁ・・」と、店内を見せていただいたんです。

シックで清潔な感じのする店内の奥にシャンプー台があって、シャンプー台の上にいくつかクッションを並べて、足置きがあったほうがよければと、椅子も出して下さいました。
正直、息子の体にどうかなぁ?と思いはしたのですが、とても親切に対応してくださっている様子を見て、ここならお任せできるかもしれない・・と、思って「じゃぁ、試してみようかな」と言って予約を入れました。

当日は、最初に声をかけてくださった美容師さんが、案内をしてくださり、そのあと、数人の美容師さんが出てこられて、息子のためにクッションを用意したり、鏡の前を整えてくれたりしました(息子は、椅子をどけてもらって、車椅子のまま、髪を切ってもらうため)
「なにかお手伝いできることがあったら言って下さい」とみなさんが仰ってくださって、息子のように手間がかかる状態の子でも歓迎して下さっている雰囲気が伝わってきて、とっても嬉しかったです^-^

いざ、夫が息子をシャンプー台に坐らせてみると、クッションの調子も良く、空いている腰骨のあたりにももうひとつクッションを入れてくださり、息子の体も安定し、とてもよい感じで、シャンプーをすることができました。

P1160776.jpg

これなら、ヘルパーさんが一人で美容院に連れてくる機会があるときも安心できます。

椅子の上に靴が乗っていますが、靴は室内スリッパよりもきれいですのでご安心ください(笑


シャンプーのあと、担当の美容師さんが来てくださり、髪型の打ち合わせをしたあとカット。
初めての場所なので、息子は緊張していましたが、カットもスムーズに行うことが出来ました^-^

P1160779.jpg

車椅子の背もたれのところに、髪の毛が入り込まないようにと、クロスを向かい合わせに二重にかけてくださったり、靴についた髪の毛をローラーできれいにしてくださったり、店長さんが、ずーっと息子の様子を見ていてくださって、「今まで通っていらした美容院にあって、うちに無いものがありましたら、何でも仰ってください」と、なんというか、すごい気配りの美容院でした。
こっちがもう、恐縮するほどに(笑

担当してくださった美容師さんは、4月から店長さんになる方らしく、他店舗でも技術講師をされているほどの腕前だとか。
カットもすごく丁寧でしたし、出来上がりもかっこよくて大満足!
あとから、眉毛のカットもお願いしたんですが、それもとても上手で、息子の男前があがりました(笑

P1160780.jpg
かっこいいねー♪


ちなみにカットは6500円、眉毛カットが1500円。
次回、2ヶ月以内に来店し、髪型を変えないでのカットは3000円になるそうです。面白いシステムですね。
ここ、経堂のほかにも、東京では、自由が丘、表参道、烏山、祖師谷、成城、豊田にお店があり、岐阜や愛知の方にもお店があるようです。

とっても、気持ちの良い美容院でした。
お近くの方は是非。


また、ここに通いたいと思います^-^


ご訪問ありがとうございます。

猫と障害児のランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします。

このカテゴリーに該当する記事はありません。